美侍 » メンズビューティー » シミは老け顔のもと!アラフォー男性のモテ肌学

シミは老け顔のもと!アラフォー男性のモテ肌学

mensbeauty

メンズビューティー2018.10.25

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • hatenaシェア

男のシミはモテを遠ざける?!

年齢と共に気が付いたら顔にできている、シミ。だんだんと濃くなり増えていくから厄介だ。「シミ=おじいちゃん」のイメージが強いし「私、男の人のシミが好きなんです~」というシミフェチもお目にかかったことがない。
モテるオヤジとして渋さはモテポイントであるが、シミは必要ない。

シミができる人、できない人がいるのはなぜ?

シミができるメカニズム

肌が紫外線を浴びると、ダメージを防ごうとして紫外線を吸収する「メラニン」をつくりだす。このメラニンの生成と、不要になったメラニンの排出のバランスがとれていれば問題ないが、加齢によって排出が遅くなっていくことでバランスが崩れる。なかなか排出されずに蓄積されたメラニンは酸化し茶褐色になり、凝縮されシミとなる。

シミの原因

【紫外線】

季節によって強弱はあるものの、1年中浴びてしまう紫外線。一番紫外線の強い春先~真夏の間でさえも、男性で日焼け止めをしっかり塗っている人は少ないのではないだろうか。むしろわざと日焼けを狙って紫外線を浴びた経験がある人も多いだろう。
紫外線を浴びると肌にダメージとして蓄積される。浴びた時間が積み重なるため、若い頃に浴びた紫外線によるダメージも消えることはなく、シミのもととなる。

【加齢により肌のターンオーバーが遅くなる】

40代の肌の生まれ変わるスピードは20代の頃に比べて4割減?!

ターンオーバーとは、古くなった表皮を垢として排出し、新しい表皮につくりかえることをいうが、20代の頃はおよそ28日周期だったものが、40代の男性の肌のターンオーバーはおよそ45日周期といわれている。
ターンオーバーの周期が遅くなる原因は、加齢により表皮の角化細胞(ケラチノサイト)の分裂速度が低下するため。

ターンオーバーの周期の遅れでシミのもと「メラニン」の排出が間に合わない

肌の生まれ変わりが遅くなると、シミのもとのメラニン色素が排出されるスピードも遅くなり、肌に沈着してしまい、結果シミになる。
加齢によるシミ「老人性色素斑」も、この肌のターンオーバーの周期の遅れによりメラニンの排出スピードが間に合わないことが原因。

ターンオーバーは睡眠不足やストレス、栄養の偏りなどでも崩れるため、「色素沈着」で跡になってしまったものを自然に消すことは年齢を重ねるにつれてどんどん難しくなる。

【ニキビ跡やケガ・虫刺され跡】

できたニキビをいじってしまったり、虫刺されなどで傷口に刺激を与えてしまうと薄い茶色のような跡ができる。すぐに消える場合もあれば、皮膚へのダメージが深いとなかなか消えない。
加齢や生活習慣などに乱れがあることで肌のターンオーバーの周期も遅れ、なかなか肌が生まれ変わらず、気が付けばいつもそこにある跡=シミとなりやすい。

シミの種類はどんなものがある?

  • 老人性色素斑
    シミのほとんどがこの原因であり、加齢によるシミ。
    40代頃から出始めることが多い。
  • 色素沈着
    日焼けやニキビ跡、ケガや虫刺されなどが肌の同じ場所に何度もできてしまうと皮膚がダメージを受け、色素沈着してしまう
  • 脂漏性角化症
    シミというよりはイボのような見た目をしている。大きいほくろのようにも見える。角質化されて膨らんだように見えるため、目立つ。
    「シミ=おじいちゃん」のイメージが最も強くなるシミ。
男性のシミ
シニア層によく見られる顔のシミ。予防も対策も40代なら遅くない

シミは自己ケアでどこまで対策できる?

【シミ対策①紫外線を予防する】

①日焼け止めをきちんと塗る

確かに日焼けした男性はワイルドでカッコいいが、シミは別物。
外でのレジャーなど紫外線を大量に浴びることが想定される場合はもちろん、日常でも当たり前に日焼け止めを塗るなどの紫外線対策をすることが重要。
日焼け止めにもいろいろな種類があるが、

  • 日常…SPF10~20 PA+~++程度
  • 屋外での軽いスポーツなど…SPF30 PA+++
  • 炎天下でのレジャーなど…SPF50+ PA++++

シーンに分けて日焼け止めの強さを選ぶことと汗をかいたら塗り直すことが大切。

②肌に刺激を与えない

できてしまったニキビや虫刺されをいじってしまうと肌には大ダメージとなる。跡を消すのには時間もかかるうえ、紫外線を浴びるとうまく消えないこともあるので注意が必要。
また、常時スクラブ入り洗顔料で洗顔していたり、ゴシゴシこすったりするのもNG。男の肌も意外とデリケートなものだと認識しておこう。

【シミ対策②シミを薄くする】

化粧品(化粧水や美容液、乳液など)

美白(シミを薄くする)効果がある成分

  • アルブチン
    メラニンをつくる「チロシナーゼ」という酵素の働きを阻害する医薬部外品美白有効成分。過剰なメラニンの生成を抑制する。
  • ビタミンC誘導体
    ビタミンC自体は水溶性で肌に弾かれやすいが、ビタミンC誘導体は生体内でビタミンCへと変化させ皮膚に浸透しやすいようになっている。
  • ハイドロキノン
    肌の漂白剤ともいわれるほどのハイドロキノン。シミを予防しながらできてしまったシミを薄くする効果があると注目を浴びはじめているが、この成分が配合された化粧品の種類はまだ数少ない。

医薬品(塗り薬や飲み薬など)

市販薬と医師の処方箋が必要な医療医薬品に分かれる。

シミを薄くする・つくらない効果がある成分

  • L-システイン
    皮膚・髪・爪などに含まれるタンパク質ケラチンの構成成分となり、黒色メラニンの発生を抑制する働きをもつ。
  • ビタミンC(アスコルビン酸)
    抗酸化作用を持つ水溶性ビタミン。体がコラーゲンをつくるときに必要な成分。メラニン色素の合成を抑制する働きをもつ。
    シミに効く「ビタミンC」は、内・外両方からとりいれる
    シミや肌荒れ対策によく耳にする「ビタミンC」。美白化粧品や塗り薬で外から、飲み薬や食事で内からの両方のとりいれ方が望ましい。
    ただし注意点もあるのでおさえておこう。

ビタミンが豊富といわれる果物は朝ではなく夜に食べる

柑橘類
柑橘系は夜に!朝に食べるのは逆効果

主に柑橘系のフルーツに含まれる「ソラレン」という物質が紫外線を吸収しやすくなる作用“光毒性”をもっているため、これから紫外線を浴びる朝に食べるのは逆効果

タバコを吸っていては台無し

シミ改善のためにせっかく摂取したビタミンCも、タバコを吸うことで大量に消費されてしまう。タバコを4本吸っただけで成人男女の必要とする1日のビタミンC摂取量100mgを全て消費してしまうほど。

シミの改善に役立つ前に、タバコに消費されてしまっては意味がない。

スッキリ消してしまいたい!クリニックでシミ「治療」

中年男性の美容クリニックへの来院が増加中!そのワケは?


男性には敷居が高いと思われがちだったのは、過去のこと。
近年男性のクリニック利用は増えており、特に症状を自覚しだした中年にあたる男性の来院者数は増え続けている。
若い頃に浴びた紫外線が今になってシミとなり、老け顔になることを嫌ってクリニックに駆け込む男性、うっすらとだがシミが気になりだしたので予防と改善を兼ねてクリニックを訪れる男性、さまざまな理由でクリニックを利用している。

クリニックでは、まずカウンセリング・診察から始まり丁寧にシミの状態をチェックしてくれ、レーザー治療やケミカルピーリングなどのシミ改善・シミ予防に効果的な施術を受けられる。たくさんの人に見られる肌の悩みだからこそ、プロに任せる安心感は大きい。

シミの予防と対策はプロに任せよう
40代以降のシミ対策はプロに任せよう

シミ取り以外にも!クリニックで男性に人気のメニュー


シミ取り・予防以外にも、脱毛、薄毛治療、ほくろ取りなど、男の見た目の悩みに応えるメニューが用意されている。

大人の男の肌や毛に関する悩みは多数の人が持ちやすく、いくつかの「どうにかしたい」があるもの。悩み別にクリニックを変えるのは面倒に感じてしまう人も多いだろう。

「顔のシミをどうにかしたいけど、最近薄毛も気になってきた…」なんて人もクリニックひとつで解決できてしまうのも魅力的。

プロに任せて安心!シミはクリニックで治療しよう


老けて見られるシミ。特に顔にあるシミは目立つので、一刻も早く消したいものだ。しかしシミは自己ケアでは簡単には消えず、化粧をしない男性であれば隠すことも困難。

もちろん生活習慣の見直しや対策はシミ改善に不可欠であるが、できてしまったシミをとりたい・別の場所にもシミができるのではと不安・他にも悩みがある、といった人はクリニックでの治療をおすすめする。

クリニックはちょっと…という40代男性はアレから始めてみよう

クリニックでのケアが一番効果が高いことはわかっている、でも…

  • クリニックは敷居が高い
  • クリニックに行く時間がない
  • クリニックなんて大げさ

でも、老けて見られるシミはつくりたくない…という40代男性には、まずアレから始めることをお勧めする。アレ、というのは、 時間がなくて面倒くさがりで、クリニックには行きたくない人向けのシミ対策。これ。

楽天化粧水部門連続1位 多くの男性が愛用中のこれ
1本で贅沢ケアが実現するオールインワン美容液「アクアモイス」


そもそも、オールインワン美容液、というのをご存知だろうか。

その前に、肌悩みが増えてくる40代以降の男性が本来やっておきたいスキンケアのステップがこれ

  1. 洗う=洗顔
  2. 水分を与え乳液が入りやすく整える=化粧水(ローション)
  3. 水分をとどめ栄養補給=乳液
  4. スペシャルな栄養を与えとどめる=美容液、または、クリーム

とても面倒そうなのだが、上記のうち、2~4を一気にできるのがオールインワン美容液なのだ。

【高級オールインワン美容液】
シミが気になる40代が使うべきアイテムはこのクラス!
プレミアムフェイスエッセンスアクアモイス

プレミアムフェイスエッセンスアクアモイス/&GINO

50ml/5,184円

携帯サイズ&クールなデザイン。外出先でも手軽にケア!
時間のない男性のための優秀オールインワン。たった1本でしっかり満点ケアができるオールインワンタイプの美容液。老け顔のもとになるシミ、くすみの予防・解消を助けるビタミンC誘導体が配合されているので、肌を健やかに若々しく保つと同時に、メラニンの代謝を促して明るい肌へと導いてくれる。携帯してもクールなデザイン!

アクアモイス公式サイト

若々しさを保ちたい40代なら、そろそろ始めておこう

instagram instagram