美侍 » ビジネス » 会社帰りの飲みの支払い、上司はどうするのがスマート?

会社帰りの飲みの支払い、上司はどうするのがスマート?

business

ビジネス2018.07.04

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • hatenaシェア

支払い時に気を付けたい!
部下から感謝させる上司のおごり方とは

たくさんの部下を従え、食事や飲みに出かける場合、支払いに気を遣うのが上司の務め。会社から支給されている給料に差があるのだから「多くもらっている者が、多く支払う」のは、当然の成り行きとも言える。
しかし謙虚な日本人は、同年代同士なら「割り勘」が基本。いくら年齢や役職に差があったとしても、上司に負担がかかり過ぎているのを見ると、却って恐縮してしまう若者が多いらしい。
消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が20代の男女を対象に行った調査によると「上司におごってもらって抵抗を感じない金額」は3,000円程度までで、4,000円を超えると、抵抗を感じる人数が半数を超えたと言う。

この結果をひとつの指針とした場合、以下のような支払い方がスマートになるのではないか。

客単価が3,000円台で収まる店を選び、全額を支払う。
3,000円×人数分を支払い、残額を部下に割り勘させる。

いかがだろうか?素直な「ご馳走様でした」を引き出すのも、なかなか大変なのである。

おごりだからと驕り高ぶらない

食事や飲みの席で「自分よりも多く払ってくれるであろう上司」を立てることは、暗黙の了解である。このため部下たちは、代わる代わるおべんちゃらを口にし始める。また女子社員はぎこちない笑顔で酌を買って出るだろうし、ピエロ役を演じたがるお調子者も現れるはずだ。

しかし皆を束ねるリーダーは「俺様節」に走らないよう、自分自身の手綱をしっかりと握っておく必要がある。パワハラやアルハラ、そしてセクハラはもってのほかだが、酒のせいでつい気が大きくなり、冷静さを欠いてしまう向きは、意外に多い。
自慢話を延々と続けたり、不毛な体制批判をぶつ上司を、部下たちは冷静に観察しているものだ。部下よりも多く支払う宴席で、自身の評価を下げてしまうようでは、意味がない。食事や飲みの席でも紳士的に振る舞い、エリートビジネスマンとしての評価を確固たるものとしていこう。

部下からの尊敬を勝ち得る秘訣

それではいかに「宴の席で部下を失望させない上司の振る舞い」を、具体的に挙げてみよう。

自慢話や説教は控える。

「おごりだから」という枕詞や、念押しを控える。
大勢の部下が同席する宴席では、必要以上に腹を割ったり、特定の部下と話し込んだりしない。
出てきた料理にケチをつけない。
羽目を外す者が出ても、その場での注意は周囲の中間管理職に任せておく。
感情を露わにし、部下を不安にさせない。

また支払いが終わった段階で、部下たちがお礼を言いに訪れたら「いやいや、いつもありがとう。これからもよろしく頼むよ」と「お礼返し」をしておくこと。
部下の間でキャリア差が目立つ職場の場合「私は(もっと多く)出します」と囁く者が出てくるかもしれないが、「今度俺がいない時、お前が多く払ってやれ」と渋い笑顔で押しとどめ、大人のダンディズムを演出しておこう。

CATEGORIES :
ビジネス
TAGS :
おごり
instagram instagram