美侍 » ライフスタイル » 極めよ!ツウな大人のスポーツ観戦術

極めよ!ツウな大人のスポーツ観戦術

lifestyle

ライフスタイル2018.07.04

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • hatenaシェア

部下や女性のハートを掴む!スポーツ観戦前のチェック項目7つ

部下や意中の女性に、若い男達とはまた違った魅力をアピールできるうえ、距離を縮めるのにもってこいなのが「スポーツ観戦」だ。
スポーツ観戦の醍醐味はズバリ、「一緒に同じ感情を分かち合えること」。会場の雰囲気や、どんなことが起こるかわからないワクワク感、目の前で繰り広げられる試合の臨場感、観客の一体感、試合後の感動など、相手との距離を近づけるチャンスが盛りだくさんというわけだ。今回は、若い男たちとは一味違う、好印象なスポーツ観戦術を紹介する。

1.良い観戦場所を調べておく

スポーツ観戦でもっとも大事なポイントは「いかに良い座席で試合が見られるか」。部下を数名誘って複数でワイワイ応援したいという場合は「外野席」、試合と応援どちらも楽しみたい場合は「内野席」、静かにじっくり観戦したい場合は「バックネット裏」など、観戦する場所はしっかり調べて選ぶと良い。

2.周りに気を配る

いざ試合がはじまるとあまり周りに気を向けられないものだが、そんなときこそ、一緒に来た相手にはこまめに声をかけてあげよう。相手は試合と同様、あなたの立ち振る舞いや行動もしっかりチェックしている。ここでしっかり好印象をGETしておきたい。

3.ときには少年のように喜ぶ

「普段は遠い存在の上司や年上の彼が無邪気にはしゃいでいる」というギャップにキュンとする女性がとても多い。普段寡黙な人はよりふり幅が出て◎。時には純粋に試合を楽しむことも大切だ。

4.負けてもテンションを下げない

試合に熱中するあまり、応援していたチームが負けたときにあからさまにテンションが下がって口数が減ったり、悔しくて怒ったり、周りに八つ当たりしてはいけない。「良い試合だったね!」と明るく振舞おう。

5.聞かれるまでうんちくを語らない

自分だけが知っている観方があれば、相手に教えたくもなるが、部下や女性からして「聞いてもないのに延々うんちくを語るおじさん」ほど面倒な人はいない。ここはグッとこらえて、「質問されたら簡潔に教えてあげる」くらいのスタンスでいるのが吉。

6.会場に合ったファッションをする

「顔に派手なペイントをする」「まわりはユニフォームを着ているのに自分だけ着ない」など、どうみてもキャラやTPOに合っていないファッションだと相手に気を使わせてしまうので要注意。場所や天候によっても左右されやすいので、当日は万全の準備をして挑むことおすすめする。

7.匂い対策は万全にしておく

スポーツ観戦で一番と言っていいほど気を配らなければいけないのが「匂いケア」だ。近い距離ではしゃいだりすることもあるので、加齢臭や汗臭が少しでもしたらアウト。特に女性は二度とデートしてくれないだろう。自分では臭わないと思っていても、実際はしっかり嫌な臭いを放っていることがある。事前のシャワーや制汗スプレーなどで、しっかりケアしてから参戦しよう。

まとめ

距離を縮めやすいスポーツ観戦。しかし、会場で気分が高揚しているからと言って間違った行動をすると一気に株が下がってしまうこともある、難易度の高いアクティビティでもある。観戦前にはこれらのことを頭に入れておくと良いだろう。

instagram instagram