美侍 » ボディメイク » ワンランク上の男はアプリで肉体改造!最新筋トレアプリまとめ

ワンランク上の男はアプリで肉体改造!最新筋トレアプリまとめ

bodymake

ボディメイク2018.07.04

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • hatenaシェア

ワンランク上の男はアプリで肉体改造!最新筋トレアプリまとめ

最近、筋トレアプリが大充実していることはもうチェック済みだろうか。今時のアプリを使うことで正しい筋トレや自己管理が可能だ。また、自分自身のモチベーションを高めたり、栄養管理ができる便利なものが続々登場している。
今回はワンランク上の男たちが普段使っている筋トレアプリを紹介する。

フィットネスプロ

7,000,000ダウンロードを突破した筋トレアプリの定番。実践した筋トレの回数・の管理からしいフォーム、鍛える部位をアプリが教えてくれる。iCloudとの連携もあるため、スマートフォンで管理したデータをパソコンでさらに吟味することも可能。簡単な操作トレーニング管理はもちろんのこと、ブレークタイマーなど日々の筋トレに役立つ機能が盛りだくさん。

筋肉日記

「筋トレの記録はしたいけど、毎日メモをするのは面倒…。」という人向けのアプリ。回数は数値で入力するのではなく、円をなぞるだけで入力完了。入力した回数はグラフによる目視が可能なので、どれだけ自分を追い込んでいるのか感覚的に分かる。

GenkiFit

ジムでのメニューを記録できるアプリ。筋トレのメニューだけではなく、体重や体脂肪の管理もできるので自己管理にもぴったり。どの部位をどれだけ鍛えているのかを図で表してくれるシンプルだからこそ使いやすいアプリ。

Sworkit パーソナルトレーナー

まさに「トレーナー」になってくれるアプリ。筋トレだけではなく、有酸素運動やヨガ、ストレッチを5分から60分、ビデオトレーナーが指導してくれる。一人ではやる気が出ないタイプにおすすめ。

Runtastic Six Pack 腹筋を割る筋トレアプリ

腹筋に特化したアプリ。腹筋の正しいフォームを教えてくれるだけではなく、どの部位に効く腹筋なのかや回数設定なども行えるので、自分のレベルに合わせた腹筋が可能。

Shortcut to strength

ジムでの一か月のトレーニングプランを再現したアプリ。動画での説明なのでトレーニングも分かりやすい。仕様は英語だが、直感的に分かるようになっている。

"インターバル管理"や"プロテイン摂取量"も分かる変わりダネアプリも

筋トレアプリのイメージ画像1

My Fittness Pal

スポーツ用品店が提供しているアプリ。食べた物を入力することでカロリーが表示されるので、カロリー計算が簡単にできる。プロテインの摂取量も確認できるため、筋トレにはもってこいだ。

Smart Metronome

メトロノームのアプリだが、筋トレを行う人であれば重要性が分かるはず。一定のリズムでの運動が求められる筋トレは、自分の頭の中で計算するよりも、アプリで正しい時間を把握した方が、より自分の体に正しい負荷を与えられる。

Workoutimer

筋トレはトレーニングはもちろんのこと、インターバルも大切。ストップウォッチを持ち込んでいる人も見かけるが、こちらはインターバル管理が可能なアプリ。このアプリでインターバルの時間をより有意義に使える。

Barberry

有名な筋トレブログの筆者が開発した筋トレ記録アプリ。筋トレの記録だけではなく、SNS機能もあるので他のユーザーと切磋琢磨することができる。

instagram instagram