美侍 » ファッション » スマートな男になりたい!サングラスのおしゃれなかけ方はコレ!

スマートな男になりたい!サングラスのおしゃれなかけ方はコレ!

fashion

ファッション2018.11.30

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • hatenaシェア

大人のサングラスはやっぱり渋くキメていきたいが…

お気に入りのファッション、サングラスで髪をかき上げる俺…。
といきたいところですが、芸能人ならともかく、一般人がおしゃれアイテムとしてサングラスをかけていても、どこか胡散臭くみえるような、そんな罠…。せっかく狙って身につけるなら、ぜったいスマートにみせたい。今回は、サングラスのおしゃれなかけ方を研究してみよう。

おしゃれにかけるコツ

サングラスをスマートにつけているあなたなら、周囲からも一目置かれるはず。すれ違う女性も思わず振り返るかも! いまや、シーズン関係なく大人のファッションを演出してくれるサングラス。オシャレなかけ方のコツを検証してみよう。

サングラスの男性1
シーズン関係なくサングラスをおしゃれにかけたい

外国人がかけると、サングラスがオシャレにみえるのに、日本人がかけた瞬間、かっこいいというよりも、どこか拍子抜けしてしまうのは、なぜだろう? 最大の原因は「眉毛」にあるようだ。

ヨーロッパの方達を思い出してみよう。眉毛も全てサングラスで覆われていて、思わず、頭の中でかっこいい素顔を想像してしまう。

しかし、日本人は欧米人よりも眉毛と目の距離が離れているため、サングラスをかけたときに眉毛がそのままみえてしまうのだ。 サングラスをかっこよくかけたいなら、眉毛まですっぽり隠せる大きさを選んでみよう。 それだけでも、周りからみたときの印象が大きく変わってくるはずだ。

サングラスの男性2
日本人は眉毛をかくすタイプを選ぶのが無難だ

たまにサングラスをずらして、額や鼻のところにかけている人もいますが、これは正しいかけ方とはいえない。 そもそも、サングラスは紫外線予防も兼ねて身につけるもの。 鼻にかけて目がみえてしまっていては、紫外線をカットするどころか、もはやサングラスをかけている意味自体がなくなっていまう。

サングラスの男性3
よほどでない限り、老眼鏡から上目遣いしているイメージになってしまう

サングラスはちゃんと耳にかけて、真正面からみたときも相手に違和感をもたせないように、細心の注意を払おう。 サングラスを額や鼻にズラして上からのぞく感じ、老眼鏡を使用しているの同じような所作を思わずイメージしてしまうので、当然女性ウケはよくなさそうだ。

サングラスの男性4
文字が読みにくくて眼鏡を外したオジサンにみえてしまう

サングラスは必ずアイウエアショップで購入しよう

できれば、自分好みのデザインを選ぶのではなく、店員さんにも意見を聞いてみてほしい。 もしかしたら、自分では気づけない、あなたに似合うアイテムがあるかもしれないからだ。 また、店員さんなら、その時のトレンドも熟知しており、ピッタリのサングラスを選んでくれるだろう。

最初からコレと決めつけずに、いくつか試しにかけてみて、一番フィットしたものを選ぼう。 彼女や奥さんなど、身近な女性の意見も参考にしてみるのもよいだろう。

サングラスの男性5
デザインだけでなく鼻パットがフィットするものを

似合う、似合わないだけでなく、顔にフィットしているのかも大事。鼻パットがズレないかなども、実際に下を向いてみたり動いてみたりしてチェックしよう。

サングラスをおしゃれにみせる演出

最初にも書いたが、いわゆる「アウトドア」ではなく街中でかけるサングラスは、「おしゃれ」「クール」か「勘違い」「痛い」のどちらかに分かれる。 それを避けるには、サングラスに相応しいファッション。これは当たり前。 おしゃれに見せる演出のひとつには、フレグランスもある。おしゃれな匂いをまとうのだ。オヤジ臭がするよりは、いい香りがしたほうが女性ウケもいい。 実は「香り」はおしゃれな演出に欠かせない重要なアイテムなのだ。

サングラスの男性6
かけ方とファッション、演出でこんなにおしゃれに

正しいサングラスのかけ方・選び方をマスターして、大人のオシャレを楽しもう!

バナー
「香り」はおしゃれな演出に欠かせないアイテム
CATEGORIES :
ファッション
instagram