美侍

硬すぎず、ユルすぎない!?メンズ版「スマートカジュアル」を徹底解説

レストラン形式のパーティーや結婚式、私服指定の就活面接などにおいて見かける言葉が「スマートカジュアル」。しかし、フォーマルでもカジュアルでもないって、何だか線引きが微妙で難しいですよね。今回は「スマートカジュアルでって言われたけど、結局何を着て行けばいい?」と悩むあなたのために、メンズ版・スマートカジュアルの定義やポイント、おすすめのコーディネートなどを徹底的にまとめました!ぜひご参考ください。

意外と細かい線引きが!男性の「スマートカジュアル」って一体なに?

出典:http://hespokestyle.com/in-between-dress-pant/

そもそも男性の「スマートカジュアル」とは何か?についてご説明しますが、実はこれ、明確な定義はないようです。
しかし、位置づけとしては昨今結婚式でも着用される「インフォーマル」(ダークスーツ+ネクタイ)よりもややカジュアル、という感じのよう。
高級レストランやブティックで入店を断られない、というのが目安と言われています。

ネクタイは必要か否か、ジャケットは必要か否かなど海外でも様々に議論がなされていますが、基本的には「ネクタイのいらないジャケパンスタイル」と覚えておけば間違いはないとのこと。
面接やパーティーなどでスマートカジュアルを指定されたら、綺麗めのシャツにチノパン、季節に応じた生地のジャケットを着用していけば、まず浮くことはないでしょう。

スマートカジュアルの基本は「ジャケパンスタイル」!スーツよりもちょっと緩いコーデ

スマートカジュアル 上品なジャケパン+革靴スタイル。ネクタイなしでもOK。

出典:http://www.elegant-casual.com/smart-casual/

厳格な定義はナシ!とりあえずシャツ+パンツ&ジャケットで上品にまとめよう

海外のサイトもいろいろチェックしてみたんですけど、実は向こうでも「スマートカジュアル」の定義はブレブレで、「ネクタイはするべきか」とか「柄物はどこまでOKなのか」みたいなことが議論(?)されてたりします。

出典:http://www.elegant-casual.com/smart-casual/

とりあえずは上の整理のとおり、「スーツを着なくてもいいけど、ポロシャツじゃラフすぎる」くらいゾーンのなかで、かつ上品目に寄せたもの、と考えればいいと思います。

出典:http://www.elegant-casual.com/smart-casual/

逆にNGなアイテムは?スマートカジュアルの注意点をチェックしよう

前述した通り明確な定義が存在しないスマートカジュアルですが、逆に「これは絶対にNG!」というアイテムを見てみましょう。

一つ目は、TシャツやロンTなど「普段着を思わせる」もの。
いくらジャケットを羽織っていても、ヴィンテージの高価なTシャツでもやめておく方が無難です。
逆にジャケットがなくてもシャツを着用し、その上にベストやセーターなどを重ねればOK!という説もありますので、白シャツと黒ジャケットしかないし、スーツと変わらない気がする……という方はご参考ください。

二つ目はダメージデニムやダボパンなど「だらしのなさを感じさせるパンツ」。
デニムでもダークカラーでジャストサイズのものは大抵受け入れられるようなので、どうしても履きたい場合にはご検討ください。

三つ目は「サンダル」。
足元は革靴か、あるいはスエードのローファーがおすすめです。
ただし、基本的にサンダル以外で綺麗に手入れされていれば、スニーカーでも許されることが多いとか。

また、腕時計やアクセサリーなどに関しても、服装に合ったものを身に付けましょう。
靴だけ明らかに高級、時計だけ明らかに高級……といった感じだとちぐはぐに見えるので、鏡の前で統一感をチェックしてみて。

その① ジャケットを羽織っていても「Tシャツ」や「ロンT」はナシ!

Tシャツ・ロンTは
完全に普段着なのでNGですー(>_<)

いくら真新しく綺麗なTシャツでも、
レストランで食事をするのに相応しいとは
言えませんよね。

出典:http://sorutono-sippo.com/archives/4732html

逆にジャケットがなくても、ベストやセーターを着ればOKなことも!

気になっていたことを聞いてみると、
ジャケットなしでもOKだそうです。

シャツにベストやセーターを着たり、
カッチリさせなくても入店拒否されないとか(笑)

ただ格式高いレストランの場合は、
周りの男性陣が全員ジャケットを着ている
可能性もかなり高いと思います。

出典:http://sorutono-sippo.com/archives/4732html

その② ダメージデニムやダボパンはNG!デニムならジャストサイズを選ぼう

・黒のデニムは〇
・極端なダボついたパンツ×
・ダメージデニム×

出典:http://sorutono-sippo.com/archives/4732html

その③ サンダルは絶対NG!革の紐靴やスエードのローファーがおすすめ

靴についても
「サンダル以外でお願いします」
と言われました(^^;)ザックリ

紐付きのスニーカーは
絶対ダメというワケではないようです。

出典:http://sorutono-sippo.com/archives/4732html

一番無難なのが革靴ですが、“高い・手入れが面倒・履きなれない”という人もいます。
そんな時は皮の紐靴やスエードのローファーがオススメ。
カジュアルスタイルにピッタリな靴で、なおかつオシャレに見えます。

出典:http://partytokyo.jp/%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%81%AE%E3%80%8E%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%80%8F%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/

その④ 腕時計やアクセサリーなどは服に合わせて!無理をする必要はなし

服装に限らず、腕時計やアクセサリー類なども服装に合ったものが好ましいです。
時計だけブランド物だったり、靴だけ高級だと全体の統一感が無くなり、ちぐはぐで無理をしている印象を与えます。

出典:http://partytokyo.jp/%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%81%AE%E3%80%8E%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%80%8F%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/

ぜひ参考にしたい!オシャレなメンズ「スマートカジュアル」の実例5選

最後に、参考にしたい!オシャレなメンズスマートカジュアルのお手本コーデを5つまとめてみました。

いずれも定番ながらポイントを押さえたスマートカジュアルなので、ぜひお試しください。

さり気ないチェックがアクセントに!シックな印象のスマートカジュアルコーデ

出典:http://wear.jp/good2/6146801/

最初にご紹介するのは、全体的にシックな色合いでまとめられたスマートカジュアルコーデ。
黒のタートルネックで程よくカジュアルダウンしたところに、ネイビーのジャケットのチェック柄がアクセントになっていますね。
シャツ着用ではありませんが、このスタイルなら間違いなく周囲から浮くことはないでしょう。

夏におすすめ!涼しげ&こだわりが光る襟付きシャツのスマートカジュアルコーデ

出典:http://wear.jp/yuyei0203ars/7751013/

続いてご紹介するのは、夏におすすめの半袖スマートカジュアル。
白地にブルーのツートンカラーシャツが爽やかで、さり気ないこだわりを感じますね。
これならシャツ1枚でもきちんとオシャレに見えますから、難しいことを考える必要もナシ。
ただし、場所によってはジャケットを羽織った方が良いこともありますので、持参していくと安心かもしれません。

これぞド定番!絶対に外さない白シャツ+ダークカラーのスマートカジュアルコーデ

出典:http://wear.jp/masakims/7801121/

続いてご紹介するのは、これぞ定番!ダークカラーのスーツに白シャツを組み合わせたスマートカジュアルコーデです。
紐付きの革靴とややまくり上げられた袖がちょっとラフな感じを演出していて、さり気なくオシャレな雰囲気ですね。

ブルー×ベージュで爽やかに!オックスフォードシャツを用いたスマートカジュアルコーデ

出典:http://wear.jp/292548/4950179/

続いてご紹介するのは、ブルーのオックスフォードシャツとベージュ(ブラウン)のパンツを合わせ、優しい印象に仕上げたスマートカジュアルコーデ。
足元はスニーカーで更にカジュアルダウンされていますが、革靴でもしっくり来そうです。
ビジネスバッグの濃い色味で上手く締められていて、仕事でも参考にできそうなコーデですね。

指し色をあえてチラ見せ!ジャケットなしでセーターを用いたスマートカジュアルコーデ

出典:http://wear.jp/bellephegor/3382972/

最後にご紹介するのは、こちらもジャケットなしのスマートカジュアルコーデ。
セーターにパンツ、シューズに至るまでブラックで引き締められていますが、白シャツとチラ見せのレッドが味わいをもたらしています。
浮きたくはないけど、周囲とはちょっと違ったコーデがしたい!という方にはピッタリですね。

まずは基本のアイテムを用意して!徐々に自分なりのスマートカジュアルに挑戦しよう

いかがでしょうか?スマートカジュアルは明確に定義づけされていないものの、大体「レストランに入れるくらいの綺麗めコーデ」と覚えておけば良いのですね。
スマートカジュアルを指定されたら、まずはジャストサイズのパンツ+シャツ+ジャケットという基本のアイテムを揃えるのが間違いナシ。

慣れてきたら徐々に自分なりのスタイルを模索し、ぜひ最終的には上品かつあなたらしいスマートカジュアルコーデを作り上げてくださいね。

硬すぎず、ユルすぎない!?メンズ版「スマートカジュアル」を徹底解説