美侍

サクランボの里の隠れた名物!山形のおすすめB級グルメ3選

B級グルメとは、その土地に住んでいる人たちが昔から食べてきた料理や、その土地をアピールするため必死に考案したソウルフードです。すなわち、B級グルメを食べずしてその土地の本当の魅力を知った気になるのは早計と言うもの。山形県を訪れた際には、サクランボや米沢牛といったメジャーなグルメだけでなく、B級グルメにも目を向けてみましょう。

どんどん焼き

出典:http://hurahura.dreamlog.jp/archives/7036101.html

山形県のB級グルメとして最初に注目していただきたいのがどんどん焼きです。
上の画像を見ていただいてもお分かりいただけるように、ボリュームたっぷりで食べ歩きにも最適などんどん焼きは、山形県に住む人であれば一度は食べたことのあるどこか懐かしい味に仕上がっています。

どんどん焼きはもともとお祭りなどの屋台で売られていましたが、その美味しさと食べやすさに注目が集まり、専門のお店まで登場するほど人気のB級グルメに発展しました。
小麦粉で練られた生地にたっぷりのソースが絡み、具材の味を引き立てます。
お店ごとに味が違うため、食べ比べてみるのも面白いですよ。

山形は内陸地方の名物『どんどん焼き』は、箸に巻いたお好み焼きのようなものですが、お好み焼きほどのボリュームはなく、具もいたって素朴で、子どものお小遣いでも買えるぐらいの値段です。

出典:http://allabout.co.jp/gm/gc/7210/

どんどん焼きは「屋台で買うもの」というイメージしかなかったので、店舗で売られていることにまず驚きました。そして実際にそれぞれのお店に足を運んでみたときに、そこで出されているどんどん焼きが、これまで食べたことがなかったくらいに美味しかったのです。また、こじんまりとした気取らないお店の形態や雰囲気が大好きで、どんどん焼き屋さんを探しては食べ歩きをするほどにハマってしまいました。

出典:http://d.hatena.ne.jp/hima-hima-hima/20111213/1323779753

おやつ屋さん

出典:http://magazine.shokuikuclub.jp/review/20141020_050007/

山形県でどんどん焼きを食べたいと思ったなら、ぜひ「おやつ屋さん」へお越しください。
山形市霞城公園のすぐ近くにあるこちらのお店は、休日になるとどんどん焼きを求めてお客が殺到します。
最も人気なのは、ソース味のどんどん焼きです。
焼き魚肉ソーセージと青海苔の風味が食欲を促進し、たっぷりなボリュームにも関わらずぺろりとたいらげてしまうことでしょう。

値段もお手頃なので、ソース味を食べた後、チーズや明太子など、違った味のどんどん焼きも試してみてください。
小麦粉はどんな食品とも相性が抜群ですから、色々な味を食べたくなること間違いなしです。
まさにB級グルメの王道といった感じのどんどん焼き。
山形に行ったら、ぜひ試していただきたい一品です。

でかい! 超 でかい!

おやつの大きさではない‥
主食でイケる大きさ

では‥ 実食。

そ~ そ~ これ これ♪
ん~~ 旨いわぁ~

この‥安心
安定な旨さ♡

あっという間に
完食しました。

出典:http://ameblo.jp/hsj-freedom/entry-12152053797.html

私が好きなのは
チーズどんどん
マヨどんどん
です。

お店で焼くのはおばあちゃんです!
2人で焼いてました。
4個分↓


いつ行っても人がいますね。
人気のどんどん焼き屋さんです。

出典:http://kitekerozu.blog.fc2.com/blog-entry-156.html?sp

店舗の詳細情報と口コミのページです。
 
 

おこふ

出典:http://jcrsrchr.blog136.fc2.com/blog-entry-279.html

続いての山形県おすすめB級グルメは、「おこふ」と呼ばれる麩を使ったお好み焼きです。
見た目は普通のお好み焼きと変わりませんが、食べてみると食感が全く違うのです。
山形県東根市では麩の生産が盛んに行われており、おこふはそれをアピールするために作られたB級グルメでもあります。

水分を含んだ麩は、お好み焼きの生地が分厚くなり、ボリューム感をアップさせています。
お肉の代わりとして麩が使われているのですが、そんな“代用品感覚”をはるかに凌駕した、素晴らしい食感と食べごたえがあります。
麩といえば味噌汁などに入れるものと思いがちですが、粉物とも合うことがおこふを食べてみるとよくわかるのです。
B級グルメを通して定番以外の食べ方を提案出来るのも、麩を長年作り続けている東根市ならではといえるでしょう。

皆さん「おこふ」って、ご存知でしょうか?

東根の特産である”麩”を使った東根風お好み焼きのことで、最近知名度が急上昇中です。

先日行われた「山形ご当地グルメフェスティバルinひがしね」でも大好評でした。

出典:http://www.city.higashine.yamagata.jp/4204.html

おこふ到着!食べてみて麩を発見!麩を肉のような味付けがしてあり、麩が肉の代用品となったようなお好み焼きといった感じでしょうか。肉なしとは思えない食感と味わいで完成度も高く、肉と言われれば肉と思ってしまうヘルシーな麩のお好み焼きでした。

出典:http://ameblo.jp/magician-on-ring-side/entry-12083421685.html

コーヒー屋おおもり

出典:http://higashine-gluten.com/contents/110

出典:http://oya-g-company.com/oomori/menue.html

東根市でおこふを食べるなら、「コーヒー屋おおもり」がおすすめです。
大森緑地公園から西へ車で5分ほどのところに位置するこちらのお店は、昔ながらの喫茶店という雰囲気を醸し出しています。
コーヒー屋おおもりで提供されるおこふは、それを目当てにやってくるお客がいるほどの人気メニューです。
お好み焼きとはちょっと違った食感と、懐かしさを感じさせる味付けは、箸が止まらなくなることでしょう。

山形B級ご当地グルメに東根市観光物産協会がエントリーして「おこふ」でB級グルメパフォーマンス賞をもらいました。その「おこふ」を当店でも提供することにしました。麩を肉のような味付けし、お好み焼きを作ります。東根風お好み焼き「おこふ」となります。
町おこしになればいいですね。

出典:http://oya-g-company.com/oomori/menue.html#msg_01

出典:http://oya-g-company.com/oomori/blog/

自家焙煎のコーヒーやワッフルサンドなど、喫茶店の定番メニューも取り揃えています。
お店自体も素敵な雰囲気なので、おこふでお腹を満たしてからまったり過ごしたいという人は、ぜひコーヒー屋おおもりをご利用ください。

コーヒーの自家焙煎が自慢の店です。
食事はその時々で変わるオリジナルメニューをご提供しています。
長時間ゆったりできるスペースもご用意できますので、ご予約いただければ食事やお話ができる席をご用意いたします。
また、月一回くらいのライブ演奏もしております。

出典:http://higashine-gluten.com/contents/110

店舗の詳細情報と口コミのページです。
 
 

玉こんにゃく

出典:http://www.konnyakuya.net/

最後にご紹介する山形県のB級グルメは玉こんにゃくです。
山形県はこんにゃくの消費量が全国でもトップクラスだということを、皆さんはご存知でしたでしょうか?
山形県に住む人たちは、それほど普段からこんにゃくに慣れ親しんでいるのです。
こんにゃくの中でも、気軽に食べられる方法として玉こんにゃくが人気を集めています。

お祭りやスキー場などで、玉こんにゃくを子供のころから食べている地元の人たちも少なくありません。
醤油味の出汁で煮た玉こんにゃくを串に刺し、からしを付けて食べるのが山形流です。
地域で食べ継がれてきたB級グルメの代表といっても過言ではない玉こんにゃくを、ぜひ山形県でお楽しみください。

山形では、お祭り、観光地、ゲレンデ、駅など、出店が出るような場所に「必ず」といっていいほど「玉こんにゃく」の屋台がある。醤油味で濃く煮しめた玉こんにゃくを、お団子のように串に刺して売っているのだ。
特に美味しいのが、蔵王でスキーをしている時に、冷え冷えの口で熱々の玉こんにゃくを頬張った時!ホッホッとして暖まるし、大人は粉辛子を練ったものを少し付けてもらって食べるとますますうまい。

出典:http://haimoo.at.webry.info/200411/article_2.html

最後に食べたのは思い出せないほど昔のこと。何十年かぶりに初市(前記事)の露店で食べました。そうそうこの味、この食感。加減を忘れてカラシを付け過ぎたようですが、余り辛くなかったのでセーフ。とは言え少しむせながら涙目で食べました。

出典:http://tokuhain.arukikata.co.jp/yamagata/2012/01/post_29.html

千歳山こんにゃく店

出典:http://machi-neta.jp/yamagata_yamagata/jf/00000047.php

美味しい玉こんにゃくに巡り合いたい人におすすめなのが、「千歳山こんにゃく店」です。
山形県市松山にあるこちらのお店は、昔ながらの製法を引き継ぎながら、伝統的なこんにゃく作りを現在まで伝えている歴史深いこんにゃく専門店です。
こんにゃく作りはもちろんのこと、それをさらに美味しくするための醤油選びにもこだわっています。
こんにゃくのプロが提供する玉こんにゃくは、お年寄りから若い世代まで幅広い年代の方が食べにやってくるのです。

千歳山こんにゃく店では、玉こんにゃくだけではなくこんにゃくをメインにした定食も用意されています。
こんにゃくたっぷりの「こん定食」やこんにゃくを使ったステーキ、ハンバーグなど、他のお店ではなかなかお目にかかれない料理が目白押しです。

出典:http://www.yway.jp/shop/425/

ヘルシーなこんにゃくは女性にも喜ばれますから、デートで訪れるのも良いでしょう。
歴史と伝統が感じられるB級グルメを食べてみたいという方は、ぜひ千歳山こんにゃく店にお越しください。

素材のコンニャクにこだわり、水にこだわるが故に千歳山の麓に店を構え80数年。
それ以上店を拡大をせず、ずっと暖簾を守り続けている。
伝統を守り続けることは、新しく作っていくことと共に
非常に難しいことの一つであります。

出典:http://minkara.carview.co.jp/userid/213389/spot/238917/

千歳山こんにゃく店

店に入ると、

タイムスリップします♪

この店に来たら♪


”こん定食”がおすすめ♪

600円♪

安いけど美味い。

出典:http://ameblo.jp/yamagatasoba/entry-11000520395.html

店舗の詳細情報と口コミのページです。
 
 

B級グルメで山形を美味しく楽しむ

今回ご紹介したB級グルメは、地元の人たちが愛してやまないものばかりです。
山形県の食の魅力を堪能したい方は、B級グルメも忘れず要チェック★
ソウルフードで地元の味わいを思う存分楽しんじゃいましょう♥
きっと、旅の良い思い出になること間違いなし、ですよ♪

サクランボの里の隠れた名物!山形のおすすめB級グルメ3選