美侍

家庭でも充電可能な次世代エコカー!「プリウスPHV」の特徴や魅力に迫る

トヨタの代表的なハイブリッドカー「プリウス」の最新車種として、昨今評判を集めている「プリウスPHV」。電気自動車としても使えるということで話題性バツグンですが、具体的には一体どのような特徴があるのでしょうか?今回は「プリウスが電気自動車になったってホント?」「ハイブリッドはどうなったの?」と気になっているあなたのために、プリウスPHVの従来からの変更点や魅力などについて詳しくまとめました!ぜひご参考ください。

街では電気自動車、遠乗りではハイブリッド車!「プリウスPHV」の特徴は?

出典:http://toyota.jp/priusphv/exterior/?padid=ag341_from_priusphv_navi_exterior

プリウスPHVは、今やトヨタの代表的な車種と言えるプリウスの「EV(電気)走行」を可能にしたモデルで、2012年に初代が発売されました。
従来のハイブリッドカーとしての特性も併せ持ちつつ、比較的短い距離なら電気自動車としても使えるということで「次世代のエコカー」として評判を集めています。

今年2017年2月に発売された2台目プリウスPHVは、電気での走行が何と「68.2㎞」も可能になったということで、早くも注目されているよう。
街乗りでは手軽な電気、遠出や旅行ではハイブリッド走行……と状況に応じて違った使い方ができる上、どちらにしてもエコな性能なので、燃費や維持費も期待できそうですね。

充電に関しては「田舎で専用のスタンドがないし……」と不安な方もいるかと思いますが、こちらのプリウスPHVは何と自宅での充電が可能!
電力会社によってはトヨタとの提携で電気代が安くなるサービスも受けられるようですから、非常に嬉しいものです。

ハイブリッドカーと電気自動車の長所を併せ持つ!次世代のエコカー

トヨタが15日に発売したのは、新型「プリウスPHV」。家庭用の電源からも充電でき、電気自動車として最大68.2キロ走れる他、充電が切れた場合も、ガソリンを使った従来のハイブリッド走行が可能。また、オプションとして太陽光パネルをつければ、走行用のバッテリーを充電できる世界初の仕組みも搭載している。

出典:http://www.news24.jp/articles/2017/02/15/06354214.html

電気自動車としての走行距離も、ハイブリッド車としての燃費も一流!

満充電からのEV走行距離が、従来モデルから2倍以上も延長したプリウスPHV。普段の運転のほとんどをEVモードで楽しめます。
EV走行距離
68.2km

出典:http://toyota.jp/priusphv/about/?padid=ag341_from_priusphv_navi_about

低燃費のハイブリッド走行を誇るプリウスのハイブリッドシステムをベースとしているため、ハイブリッド燃費はトップレベルです。
ハイブリッド燃料消費率
37.2km/L

出典:http://toyota.jp/priusphv/about/?padid=ag341_from_priusphv_navi_about

充電は自宅でも簡単!電力会社によっては電気代が安くなるサービスも受けられる

ご家庭のコンセントからでも。
もちろん急速充電スタンドでも。

100V電源の「普通充電」なら、今あるご家庭の配線を利用できます。急速充電なら、約20分で満充電量の約80%まで充電可能です。

出典:http://toyota.jp/priusphv/about/?padid=ag341_from_priusphv_navi_about

出典:http://shinopin.blog.so-net.ne.jp/2016-12-06

実際乗ってみてどう?プリウスPHVの試乗&購入者レビューをチェック!

では、プリウスPHVに実際乗ってみた感触や、購入者のレビューをチェックしてみましょう!
まず、デザインに関しては男らしさとスマートさを併せ持つ外見で、圧巻の一言。
EV走行をするのは初めて……という方は、ハイブリッドではない走り心地が気になるところかと思いますが、そちらも意外に力強く、加速力充分で気持ちの良い走りができる!と評判が高いです。

また、静粛性に関しては従来のプリウスよりも高いということが証明されています。
プリウスの騒音レベルが53デシベル(これでも一般的な車よりは高い数値)なのに比べ、プリウスPHVの騒音レベルは何と45デシベル!これはもはや深夜の市内や図書館レベルの静けさだそうです。

高級スポーツカーにはお馴染みのシートヒーターをはじめ、新たな装備も充実。
インテリアの質感も向上しているほか、安全性に関しても従来からの安心感が維持されています。
燃費性能にも嘘はナシ!
カッコ良くて実用性が高くてエコという、全く新しい車の魅力を実感させてくれる1台です。

洗練されたデザインが魅力!男らしさとスマートさを併せ持つ外見

デザインがプリウスよりかっこいいともっぱらの評判です。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00010001-autoconen-ind

走りも良好!EV(電気)走行は力強く、加速力も気持ち良さも充分

発売前のプロトタイプだからサーキットで試乗したが、先代のプリウスPHVより冴えた加速を見せつける。ターボなどの過給機と似たパワーとトルクの盛り上がりだが、電気はすぐに分厚いトルクが立ち上がるので気持ちよさは格別だ。

出典:http://response.jp/article/2016/09/05/281227.html

従来のプリウスより静粛性が高い!深夜の市内や図書館レベルの静けさ

「プリウス」の停車時(パワースイッチオン時)の騒音レベルは53デシベルと「静かな事務所」並み。自動車の車内としては、とても静かな環境と言って良いでしょう。

でも「プリウス PHV」の停車時の騒音レベルは45デシベル。これは「静かな住宅地」「深夜の市内」「図書館」並みの驚異的な静かさです。

出典:https://ennori.jp/2552/five-differences-between-toyota-prius-and-priusphv

シートヒーターをはじめとした新装備が嬉しい!安全性、燃費なども文句なし

出典:http://toyota.jp/priusphv/interior/?padid=ag341_from_priusphv_navi_interior

【総合評価】
燃費が良く 安全面も室内の装備も外観も大変いいです

【良い点】
プリクラッシュレーダー
シートヒーター
安全面が向上

出典:http://www.goo-net.com/php/car_review/detail_list.php?car_cd=10101072

燃費にも嘘はなし!未来感やプレミア感を兼ね備えた、全く新しいクルマ

・無印 納車後まだ走行110Kですが、ガソリンメータのゲージが1個も減ってません
・自宅100Vでまだ1回も満充電できてませんが80%充電で寒冷地、シート、ステアリングヒータ
 +暖房エアコン使用で30Kmレベルかと思います
 夏タイアで満充電では68Kとは言わないまでも、エコ走行では50K位は行ける感じです

出典:http://review.kakaku.com/review/K0000318875/

何気にいいのは間違いありません
11.5インチナビやソーラーパネルで『奇をてらう感』は確かにありますが
車選びで未来感や先進性、プレミア感で選ぶのも有りです
今までの車感が違うのは間違いありません!

出典:http://review.kakaku.com/review/K0000318875/

従来のプリウスより高い?新型プリウスPHVの価格やカラーバリエーションとは

出典:http://toyota.jp/priusphv/exterior/?padid=ag341_from_priusphv_navi_exterior

そんなプリウスPHVですが、気になる価格の方はどうなっているのでしょうか?
まず、最もスタンダードなグレードの価格は「326万1,600円」となっています。
2015年発売の現行プリウスが250万円前後からですから、やはり値段は結構違ってくるようですね。
しかし、EV走行可能で維持費が更にオトク、新装備も充実という点を考えると、仕方のないことなのかもしれません。

最上級グレードになると、422万2,800円!
プリウスPHVの中でも、最低グレードと最高グレードには100万ほどの差があります。
その他オプションも多数用意されており、30万円弱のソーラーパネルを装備すれば充電がもっと容易に。
カラーバリエーションは限定色も合わせて9色と、ベーシックなものから特別感溢れるものまで網羅したラインナップです。

価格は326万1,600円から!最上級グレードとの差は100万円ほどになる

S 2WD
価格 3,261,600円〜

出典:http://toyota.jp/priusphv/?padid=ag341_from_priusphv_navi_top

S“ナビパッケージ” 2WD
価格 3,666,600円〜

出典:http://toyota.jp/priusphv/?padid=ag341_from_priusphv_navi_top

A 2WD
価格 3,807,000円〜

出典:http://toyota.jp/priusphv/?padid=ag341_from_priusphv_navi_top

A“レザーパッケージ” 2WD
価格 4,066,200円〜

出典:http://toyota.jp/priusphv/?padid=ag341_from_priusphv_navi_top

Aプレミアム 2WD
価格 4,222,800円〜

出典:http://toyota.jp/priusphv/?padid=ag341_from_priusphv_navi_top

カラーバリエーションは限定色も含めて9つの選択肢が!

・スピリテッドアクアメタリック〈791〉
・エモーショナルレッド〈3T7〉
・サーモテクトライムグリーン〈6W7〉
・スティールブロンドメタリック〈4X1〉
・アティチュードブラックマイカ〈218〉
・グレーメタリック〈1G3〉
・シルバーメタリック〈1F7〉
・ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉
・スーパーホワイトII〈040〉

出典:http://toyota.jp/priusphv/grade/aleather/?padid=ag341_from_priusphv_top_grade_aleather_detail

早くも話題沸騰!新型プリウスPHVに皆興味シンシン

プリウスPHVは今年2017年の2月に発売されたばかりということもあり、注目する人は多いよう。
特に「カッコいい!」「ヤバすぎる」「初めて生で見た……」など、称賛の声が多く見られました。

反応を見る限り、何だか芸能人のようなイメージですね。(笑)
そんなスター性と先進的な性能を兼ね備えたプリウスPHVに乗り込んだら、何だか自分の魅力もアップしたような気分になってしまうかも?

カッコいい!新しい!新型プリウスPHVで最新の技術を体感しよう

いかがでしょうか?プリウスPHVは美しいデザインと先進的なEV走行システム、従来からのハイブリッド性能などを兼ね備えた、全く新しい次世代カーなのですね。
電気自動車というだけで未だ珍しいですが、それでいてハイブリッド車としても使えるという使い勝手の良さですから、非常に魅力的!

少しでも気になった方は、ぜひカタログを取り寄せたり、お近くのトヨタ各店で試乗をしたりしてみてください。
まだ発売されたばかりなので、注目度もバツグンですよ。

家庭でも充電可能な次世代エコカー!「プリウスPHV」の特徴や魅力に迫る