美侍

優美なスタイルと圧倒的な存在感!スズキ「GSR250」の魅力を徹底解剖

街乗りでも気軽なツーリングでも、周囲の人々から「カッコいい……」と注目を集めそうな美しさのスズキ・GSR250。しかし、性能面の特徴や魅力、価格などはどうなっているのでしょうか?今回は「GSR250が欲しいけど、実際乗ってみたらどんな感じなのかな?」と気になっているあなたのために、GSR250について詳しいことをまとめてみました!これを読めば、ついつい今すぐバイクショップへ見に行ってしまいたくなるかも?

サイズ以上の存在感!「GSR250」ってどんなバイクなの?

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsr250l5/top

GSR250は、2012年から販売されているスズキのオートバイです。
画像ではちょっとスリムな印象ですが、最大の特徴は何といっても、250㏄とは思えないそのどっしりとした存在感!
「街中で見かけた人から、400㏄と間違われる」なんて声もあるほど、頼りがいのあるボディなのです。

そうすると「もしかして重いんじゃ?」と不安になる方もいるでしょうが、快適性を追及したエンジンと、街乗りからツーリングまで幅広く対応する出力特性は、やはり実用性の高い250㏄のバイクであることを感じさせます。
機能豊富な液晶ディスプレイもオシャレなデザインで、フルカウル仕様のGSR250Fや、ハーフカウル仕様のGSR250Sなど、デザインによって選択肢が広がるのも嬉しいですね。

日本では2012年から販売されている、スズキのオートバイ!

2011年、スズキの中国・現地法人である常州豪爵鈴木摩托車有限公司が GW250 というオートバイを発売したが、これが好評を得たことからグローバルモデル(世界戦略モデル)として世界規模で発売されることになった。2012年に欧州で Inazuma250 として発表され、日本でも同年7月18日に GSR250 として発表され7月30日より発売された。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%BBGSR

最大の特徴は400㏄にも引けを取らない、そのド迫力のボディ!

 大きめの車体がGSR250の特徴だ。250という排気量らしからぬ立派な車体。数値をみても400ccネイキッドと変わらない。こう書くと、ネガティブにとらえてしまう人もいるかと思う。けれど、乗ってからの印象はこれがポジティブになる。

出典:http://www.m-bike.sakura.ne.jp/?p=74860

 GSR250の特徴としてまず最初に挙げられるであろう、その存在感抜群の大柄な車体。細かな質感などに関してはファーストインプレで述べた通り中国産を感じさせない素晴らしい出来。フレームは鋼管製のセミダブルクレードルでスチール特有のしなやかな乗り心地・・・と言うよりどちらかと言うとガッチリ系のフレーム。未舗装路の走行も想定して開発したそうなので、多少ハイグリップなタイヤを履かせてもフレームが負けることはなさそう。

出典:http://namarahige.blog90.fc2.com/blog-entry-189.html

快適な乗り心地と使い勝手の良さを実現するエンジンと、工夫された装備!

◎ロングストロークエンジン

快適性、環境性を実現した水冷SOHC2気筒ロングストロークエンジン(ボア53.5mm×ストローク55.2mm)は、一体型クランクシャフトと分割コンロッドを採用。180度位相クランクに偶力バランサーを装備して振動を抑え、快適な乗り心地を提供します。

◎出力特性

低中速の常用域(4,000rpm前後)を重視したロングストロークエンジンに加速に優れた6速トランスミッションを組み合わせ、街乗りからツーリングまで幅広いシーンで乗りやすさを実感できます。最大出力は、18kWを8,500rpm、最大トルクは、22N・mを6,500rpmで発生します。

◎フューエルインジェクション
燃焼を緻密にコントロールするため、FIを採用。各種センサーからのフィードバックを基に状況に応じた最適な噴射量、噴射タイミングなどを電子制御することで、環境、燃費に配慮しています。また、スロットルレスポンスにも貢献し、冷機状態から完暖機状態まで安定した性能を発揮します。

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsr250l5/detail

メーターのデザインも秀逸!便利な機能が多数搭載されている

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsr250l5/detail

液晶ディスプレイ
メーター右側には大型の液晶ディスプレイを配置。速度計、燃料計、オドメーター、ツイントリップメーター、ギヤポジションインジケーター、メンテナンスインジケーター、時計が表示されます。

●セレクトボタンでオドメーター、ツイントリップメーター、時計の順序で切り替わります。

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsr250l5/detail

更に鋭利でスタイリッシュに!フルカウル仕様の「GSR250F」にも注目

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsr250fl5/style_price

フルカウルとはまた違う味に!ハーフカウル仕様の「GSR250S」もカッコいい

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsr250sl5/style_price

どっしりボディと安定した性能!GSR250の魅力に迫る

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsr250xl5/style_price

GSR250の魅力のひとつとしては、やはり先ほどご紹介した「大型バイクに引けを取らない存在感」が挙げられます。
外見のイメージ通り安定感も抜群で、静粛性に優れているので、長時間乗っていても疲れにくいのだとか。

しかし足つきはよく、車体との素晴らしい一体感を体験できる走りは圧巻の一言。
エンジンの動きもスムーズなので、初心者にも比較的扱いやすいですが、ベテランドライバーも満足させる仕上がりです。
街乗りにもツーリングにも使えて燃費が低めとのことですから、非常に経済的ですね。
ゆったりとしたシートや充実装備も評価が高く、実際の購入者からの声も上々のよう。

大型バイクと見間違えそうなスタイル!足つきがよく、静粛性も申し分なし

やはり目を引くのは車格の大きさだろう。大型バイクとうっかり見間違えそうだ。
ロングホイールベースのおかげで安定性は抜群。
振動もあまりなく、疲れない、排気音もかなり静かだ。

シートは厚め。
170cm程度の私で足つきは片足ベタ付き、両足だとかかとが浮く程度であった。

出典:https://tinspotter.net/impression/bike/3513/

車体との一体感バツグン!安定した走行で疲れにくい

跨って走り出した後の車体と自分の一体感が非常に気持ちよかった。ハンドルはセパレートハンドルだが、アップタイプのため前傾がそれほどきつくは無い。だが上半身が直立するほどではなく、僅かに前かがみになるハンドルポジション。前傾は辛いと思われがちだが、実は少々前かがみくらいの方が腰に負担がかかりにくい。GSR250はまさにジャストなポジションだった。

出典:http://www.chillmonday.com/bikecolumn06.html

そしてリアタイヤの挙動が少なく非常に安定感があることにも驚いた。しっかりとリアタイヤが路面をグリップする感覚が伝わってきて、安心して車体を寝かせることができた。これが一番走っていて気持ちよく感じた。ギアインジゲーターやシフトタイミングランプも面白いシステムだ。

出典:http://www.chillmonday.com/bikecolumn06.html

エンジンの動きもスムーズで、ベテランドライバーも満足できる仕上がり!

そして、実際に走らせてみるとエンジンのスムーズさに驚かされる。ロングストローク、180度クランク、バランサー付きというスペックから「スムーズさを打ち出しているんだろうなぁ」という予想はしていたが、それを遥かに上回るシルキーさを実現している。私自身、オートバイ業界に30年のキャリアを持つが、250ccの2気筒でここまでシットリと滑らかなフィーリングを持つエンジンは、未だかつて覚えがない。それほどにスムーズだ。

出典:http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:MLOf9t5NxjYJ:goggle.webike.net/others/suzuki_gsr250/+&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

デザイン・走り・燃費など、高評価ポイントたくさん!長時間のツーリングにもおすすめ

GSR250は、250ccバイクでは珍しい2気筒エンジンで、
2本出しのマフラー、大きめの車体で高級感のあるデザインが特徴的なバイクです!!

出典:http://love-motorbike.com/hikaku/gsr250/

走り始めると低回転から高回転までトルクがあり、
非常にスムーズな加速をします。

出典:http://love-motorbike.com/hikaku/gsr250/

GSR250の燃費は平均して30km/Lぐらいです。
燃費いいですね!!

出典:http://love-motorbike.com/hikaku/gsr250/

満足すること間違いナシ!GSR250の新車価格や中古相場をチェック

出典:http://www.m-bike.sakura.ne.jp/?p=74860

さて、そんな魅力いっぱいのGSR250ですが、欲しい!と思ってしまった方が気になるのが「価格」ですよね。
GSR250の新車価格は、45万6,840円と、250㏄のバイクの中では標準程度と言えます。
2色のコントラストが美しいツートンカラーになると47万6,280円と2万円ほど高くなりますが、デザインにこだわるならぜひ注目したいところ。

フルカウルのGSR250Fは51万4,080円で、やはりパーツが増える分ややお高めになります。
ハーフカウルのGSR250Sは49万2,480円と、Fに比べれば多少安くなりますので、予算に合わせてご検討ください。
過去モデルも気になる!あるいは懐がちょっと……という方は、中古なら相場は22万円弱~40万円弱と比較的手ごろになりますから、ぜひ理想のGSR250を探してみてくださいね。

GSR250の新車価格は、45万6,840円!

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
456,840円(消費税抜き 423,000円)

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsr250l5/style_price

2色のコントラストが美しい!ツートンカラーは47万6,280円!

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsr250xl5/style_price

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
476,280円(消費税抜き 441,000円)

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsr250xl5/style_price

フルカウルの「GSR250F」は、ちょっとリッチな51万4,080円!

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
514,080円(消費税抜き 476,000円)

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsr250fl5/style_price

ハーフカウルのGSR250Sは、49万2,480円!

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
492,480円(消費税抜き 456,000円)

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsr250sl5/style_price

GSR250の中古相場は、40万円程度!(記事公開時)

中古車
本体平均:30.93万円
乗り出し平均:37.63万円
諸費用平均:6.54万円

出典:http://moto.webike.net/bike_detail/650531/

女性オーナーの姿も!力強いGSR250は若者にも大人気

GSR250は、250㏄というクラスに留まらないその存在感と個性的なデザインから、若者の間でも支持を受けているよう。
スズキの250㏄バイクの中では代表的な車種でもありますから、そういった意味でも注目されるのでしょう。

中には可愛い女性オーナーがいた!という声もありましたから、バイク好きな女性の視線も集めてしまうかも?

頼りがいバツグン!なGSR250で、通勤やツーリングに出かけよう

GSR250は250㏄とは思えない存在感と、期待を裏切らない安定した走り、充実した装備などが魅力のバイクなのですね。
使い勝手を考えると250㏄がいいけど、大型バイクにも憧れるんだよなあ……という方にとっては、正に理想と言えるのではないでしょうか。

通勤にも休日のツーリングにも便利でカッコいいGSR250を相棒に、ぜひ日々をもっと楽しくしてくださいね。

優美なスタイルと圧倒的な存在感!スズキ「GSR250」の魅力を徹底解剖

アクセスランキング
昨日人気のあったまとめランキング