Warning: Use of undefined constant AUTOSAVE_INTERVAL - assumed 'AUTOSAVE_INTERVAL' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/2/info20130906/web/bizamurai/wp/wp-config.php on line 96
メンズ必見!日焼けしてしまった肌にできる応急処置とは I 美侍

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/2/info20130906/web/bizamurai/wp/wp-content/themes/wp001j/functions.php on line 84

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/users/2/info20130906/web/bizamurai/wp/wp-content/themes/wp001j/functions.php on line 86
美侍 » メンズビューティー » メンズ必見!日焼けしてしまった肌にできる応急処置とは

メンズ必見!日焼けしてしまった肌にできる応急処置とは

mensbeauty

メンズビューティー2020.09.17

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • hatenaシェア

どれだけスキンケアを日々頑張っていても、日焼けをするだけでそれまでの努力が無駄になってしまうくらいのダメージを受けてしまう。そのため男性でも美肌を目指すなら日焼け対策は必須だ。ただうっかり忘れていて、対策をせずに日焼けしてしまったということもあるだろう。

そんな時は肌の応急処置をすれば、日焼けのダメージを最小限に止めることができる。きちんと対策をしておくのがベストだが、もしもの時のための日焼けの応急処置方法を紹介する。

どうして日焼けが美肌の大敵なのか?

日焼けをすることでどのような肌トラブルが起きるか知っているだろうか。

日焼けをしてしばらくすると肌が黒くなるが、これは紫外線のダメージから肌を守ろうとメラニンが生成されることで起きてしまう。ターンオーバーすることで肌の色は徐々に戻っていくのだが、紫外線を浴びすぎてメラニンが過剰に生成されると、シミやソバカスが肌に残ってしまうのだ。

また紫外線を浴びると、肌の内部にあるコラーゲンが破壊されてしまう。コラーゲンは肌の弾力を保っている成分で、コラーゲンが破壊されると肌のハリが失われる。その結果たるみの目立つ肌になってしまい、実年齢よりも老けて見えてしまうのだ。

それから紫外線を浴びることで、肌が本来持っているバリア機能が失われてしまう。バリア機能を失った肌は水分が蒸発しやすくなり、肌が乾燥してしまうのだ。乾燥肌になると、シワができやすくなってしまう。乾燥を防ごうと皮脂が過剰分泌されることもあり、その結果テカリ肌になってしまうこともある。

日焼けしてしまった!どんなスキンケアをすればいい?

もし日焼けしてしまったら、日焼けから72時間以内がカギになる。この時間で正しいスキンケアができるかどうかで、日焼けで受けるダメージレベルが変わってしまうのだ。

日焼けした肌を冷やす

日焼けした肌は炎症を起こし軽いやけどをしてしまった状態と同じなので、熱を持っている状態だ。まずは炎症を抑えるために、肌を冷やす必要がある。日焼けしてしまったらまずは、水に濡らしたタオルや保冷剤などを使って冷やそう。その後、ミネラルウォーターのスプレーや冷やしたアロエジェルなどを使って定期的に冷やすことをおすすめする。

メンズスキンケアコスメを使って保湿する

肌を冷やしたら次に保湿を行おう。日焼けをしてしまうと、角質の水分が蒸発してしまい乾燥が進んでしまう。いつも使っているメンズスキンケアコスメで構わないので、しっかり保湿しよう。いつも使っている量よりも多く使って、重ね塗りをするとより効果的だ。日焼けした肌は炎症を起こして敏感になっているので、いつも以上に優しくつけるようにしよう。夜はシートマスクを使っていつも以上に保湿するのもおすすめだ。

洗顔や髭剃りも慎重に

日焼けした肌はかなり敏感な状態になっている。紫外線によって刺激を受けてメラニンを作るメラノサイトが活性化してしまっているからこそ、そのほかの刺激を与えないようにすることが大切だ。肌は摩擦も刺激と認識してメラニンを生成してしまうため、洗顔や髭剃りもいつも以上に慎重に行おう。ゴシゴシ顔をこするのは特にNG。炎症を起こしている肌に摩擦を与えると、さらに悪化してしまう。

内側からも水分を与える

日焼けした時は乾燥しやすいので保湿が必要だが、乾燥対策は肌の表面からしかできないものではない。日焼けした時は、いつも以上に水分をとって身体の中からも乾燥ケアを行おう。いつも以上にこまめに水分を摂るように心がけたい。

食事からも日焼け対策を

日焼けした肌を修復するには、食事で必要な栄養素を摂ることも大切だ。

日焼けをしてしまったビタミンC・ビタミンA・ビタミンE・リコピンが含まれる食品を積極的に食べよう。

それぞれの栄養素が含まれているおすすめの食品は以下の通りだ。

  • ビタミンC:柑橘類・イチゴ
  • ビタミンA:アボカド・魚卵・ナッツ類
  • ビタミンE:レバー・緑黄色野菜
  • リコピン:トマト・ニンジン・スイカ

ヒリヒリが落ち着いたら美白化粧品もおすすめ

メンズ用スキンケアコスメには美白効果があるものは少ないが、日焼けをしてしまった時は女性用の美白化粧品を使うのもおすすめだ。ただ肌がヒリついている時は、美白化粧品が刺激になってしまうこともある。美白化粧品を使うなら、肌のヒリヒリ感がおさまってからにしよう。肌のヒリつきがおさまったら、日焼けした日から1ヶ月をめどに美白化粧品を使ってケアをすると効果的だ。

まとめ

日焼けをしてしまうと肌は激しくダメージを受けてしまう。日焼けをしてしまったこと自体は取り消すことができないが、美肌を目指すならそのまま放っておくのは絶対にNGだ。今回紹介した応急処置を行って、日焼けした肌のダメージを最大限まで減らそう。

もちろん美肌を目指すなら、日焼け対策を忘れずすることに越したことはない。習慣づくまでは大変かもしれないが、朝のスキンケアと一緒に日焼け止めを塗るように心がけよう。

洗顔後これ1本でスペシャルケアができる
オールインワン美容液。
ほのかな柑橘系の香りが好印象!
instagram