美侍 » メンズビューティー » マツキヨがメンズメイク体験もできる店舗を池袋にオープン

マツキヨがメンズメイク体験もできる店舗を池袋にオープン

mensbeauty

メンズビューティー2019.12.19

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • hatenaシェア
ガッツポーズ

ドラッグストアチェーンの大手企業として知られるマツモトキヨシでは、2019年11月29日にマツモトキヨシ池袋Part2店をリニューアルオープンした。若い世代やOL、外国人観光客など様々な人が行きかう池袋エリアということもあり、多様性を重視。地下1階のフロアには、マツモトキヨシとしては初となるメンズエリアを設置しました。これによって男性でも気軽に入店しやすくなったのではないでしょうか?

そこで今回は、このマツモトキヨシ池袋Part2店について紹介していきます。興味がある人は参考にしてみてください。

マツモトキヨシ池袋Part2店リニューアルオープン

マツモトキヨシ公式HPキャプチャ
出典:マツモトキヨシ公式HP

池袋駅東口からすぐの場所にあるこちらのお店は、地上4階、地下1階。売り場面積の合計は843㎡となっている。20~30代を中心とした幅広い層の女性利用者が多いため、ビューティを中心に話題の製品を積極的に取り入れているのが特徴だ。

1階部分は、10~20代をターゲットに人気のメイクブランドを集めたフロアとなっていて、日本初上陸で現在、こちらのお店でのみ扱っている韓国コスメブランド「ビビッドスタジオ(VYVYD STUDIO)」や英ロンドンのライフスタイルブランド「スキニーディップ(SKINNYDIP)」のメイクブラシやポーチなどが並んでいる。2階は、30~40代をターゲットとしたスキンケアのカウンセリングやメイクアップサービスを行うフロア、3階は処方せん受付やトイレタリーアイテムを扱うスペースだ。

注目なのは、地下1階に設けられたメンズエリア。これはマツモトキヨシとしては初となる試みだ。「デニス(DENIS)」「アスタリフトメン(ASTALIFT MEN)」「プラウドメン(PROUDMEN)」といったブランドを新規導入するのも、ドラッグストアとしては初となる。課題だった男性ファンの獲得を目指す取り組みの第一歩だ。

メンズメイク

メイク体験をする男性のイメージ

メンズエリアが設置されていることに加え、男性がメイクをすることができる「メンズメイク体験」もこちらのお店の特徴。そこで、ここではメンズメイクについてみていこう。

芸能人などテレビに出演する男性は、仕事でメイクをすることが多いようだが、一般の男性はほとんどメイクをする機会がない。しかし最近では10~20代を中心に男性でもメイクをする人が増えている。男性のメイクを専門に行うサロンも登場するなど、今後は需要が増えるかもしれない。

まとめ

走る男性

いかがだっただろうか?女性だけでなく男性がメイクをするのが当たり前になる時代が来ているのかもしれない。それに備えて、まずはマツモトキヨシ池袋Part2店へ行って、メンズメイクの体験をしてみるのもいいだろう。

instagram