美侍 » メンズビューティー » 男のシャンプーマニュアル② 二度洗いはNG?

男のシャンプーマニュアル② 二度洗いはNG?

mensbeauty

メンズビューティー2018.10.03

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • hatenaシェア

男のシャンプー、二度洗いしたい!でも、やりすぎ?

シャンプー時になんだかすっきり洗えた気がしないため、もう一度シャンプーをしなおす「二度洗い」。確かに、二度目のシャンプーは泡立ちも驚くほど良くなるのでしっかり洗えた満足感が大きい。特にスタイリング剤を愛用している人は一度のシャンプーではなかなか汚れが落ちきらないと感じているのではないだろうか。
日常的に行う二度洗いは、皮脂の取り過ぎで頭皮や髪の負担となり、フケ、ベタつき、パサつきなど、さまざまな頭皮や髪のトラブルを招くこともある。

どっちが正解?「二度洗い」に関する見解を調べてみると…

「二度洗い」については、専門家でも意見が分かれるようだ。美容院などでは二度洗いをすることが多いようだが、毎日のシャンプーにおいてはどちらがいいのだろう。インターネットで繰り広げられている双方の見解をまとめてみた。

【二度洗い肯定派】の主な意見

二度洗い派は、まず一度目のシャンプーで汗やほこりを流し、すすいでからもう一度シャンプーをすることで、汚れをしっかりと落とす。とにかく洗い残しはNG! という人が多い。

  • こだわりポイント:汚れを落としきる・さっぱりしたい
  • 気になるポイント:洗いすぎによる頭皮や髪へのダメージ

二度洗いのメリット

  • しっかりと汚れを落としきれる爽快感
  • 落ちにくいスタイリング剤も、二度洗いでしっかり落とせる
  • 汚れが残ることによる頭皮へのダメージを防げる

二度洗いのデメリット

  • 長くシャンプー剤をつけたまま擦ることで頭皮と髪に負担がかかる
  • 皮脂を取り過ぎてしまうと乾燥をまねきフケが出たり、皮脂の過剰分泌によるベタつきが起こる
  • シャンプー剤を多く使うため、刺激やすすぎ残しが頭皮にダメージを与えることも

【二度洗い否定派】の主な意見

二度洗いしない派は、まずお湯でしっかり汗やほこりを流し、その後でシャンプーをつけてしっかり洗う。汗やほこりはシャワーだけでもほとんどが流れ落ちるので、一度で十分。乾燥・ダメージはNG!という人が多い。

  • こだわりポイント:皮脂を取りすぎず髪にダメージを与えない・保湿重視
  • 気になるポイント:汚れが落ちきらないことによる頭皮へのダメージ

二度洗いしないメリット

  • シャンプー剤も二度洗いと比べて少なく済むため、経済的
  • 皮脂を取りすぎず保湿を優先しながら洗うため、髪や頭皮の乾燥を防ぎやすい
  • 特に汚れていないときは、一度洗いでも充分満足できる

二度洗いしないデメリット

  • 汚れている部分の洗い残しがあると、洗いあがりのベタつきを感じることも
  • スタイリング剤が一度洗いでは落としきれないことがある
  • 頭皮に残った汚れは頭皮に負担をかけることも
シャンプーの二度洗いはマル?バツ?
男のシャンプー、頭皮や毛髪を考えたとき「二度洗い」は○マル?×バツ?

結論は???
皮脂の洗い過ぎも洗い残しもトラブルのモト

どちらの意見も否定できないのは、人やその日の状態によって頭皮と髪の汚れ具合が違うからだ。

スポーツをして汗や皮脂が多かったり、スタイリング剤を多くつけた日などは汚れが多い。反対に、家に一日中いたり、スタイリング剤もつけていないよという日は汚れも少ないといえる。つまりその日の状態によって適切な汚れの落とし方があるということだ。

頭皮に汚れが残っていても、洗いすぎで乾燥をまねいてもどちらもダメージとなる。頭皮のダメージはフケや抜け毛の原因となり、薄毛につながることもあるので注意が必要だ。

泡立ちをチェック!男の正しいシャンプーの方法とは

二度洗い派の理由が一度目のシャンプーでは洗いきれないからだとして、洗いきれない理由は、実はシャンプーの泡立ちの状態にある。

シャンプー剤の泡がきちんと泡立っていないと、汚れが落ちない。頭皮と髪の汚れは泡でとるもので、頭にシャンプー剤を付けた時に泡立ちがなければ汚れが多いということなので、一度すすいでからもう一度シャンプー剤を泡立たせて洗うべきである。

いまさら解説!正しいシャンプーの手順

  1. まずはぬるま湯のシャワーでしっかと汗やほこり、スタイリング剤を洗い流す
    髪が濡れていないとシャンプー剤が泡立たないのでしっかり濡らす
  2. シャンプー剤を適量とり、泡立ちを確認しながら髪全体に行きわたらせる
    この時に泡立ちがすくなければ、そのまま洗っても汚れは落ちきらない。 一度すすいでからもう一度シャンプー剤をつけて泡立った状態で洗おう。
  3. 後頭部→側頭部→頭頂部→前側の順に泡で洗う
    爪を立てず、指の腹を使って優しく揉むように洗う。ゴシゴシこするのは頭皮にも髪にもダメージ。 また、頭皮マッサージをしながら洗うことで、血行を促進させ頭皮を健やかにする効果も得られる。
  4. 泡でよく洗ったら、しっかりとすすぐ。

しっかり髪を濡らし、シャンプー剤がきちんと泡立った状態で洗うことがポイント。また、二度シャンプー剤をつける場合、二度目はシャンプー剤を少量にした方が頭皮や髪への負担が少ない。

一度のシャンプーでスタイリング剤などの汚れをしっかり落とすには

毎日の二度洗いは頭皮や髪への負担となり、ダメージを与えやすい。一度目でしっかり洗えていればシャンプーは一度で充分なので

  • シャワーで髪をしっかり濡らし汗やほこりをあらかじめ流しておく
  • 泡で洗うよう、泡立ちを確認しながら洗う
  • シャンプーは「洗浄力」「保湿力」「頭皮への優しさ」が優れているものを選ぶ
以上が重要なポイントとなる。

シャンプー選びが重要!
頭皮に優しくしっかり洗えるシャンプーはコレ

毎日の二度洗いを続けた場合、刺激や皮脂の取りすぎによって頭皮や髪に負担を与えることは否定できない。一方、汚れが残ってしまってもまた、頭皮や髪にダメージを与える。
ダメージによる抜け毛や薄毛を避けるためにも、正しいシャンプー方法はもちろん、シャンプー選びは重要なポイントとなる。

頭皮や髪を優しくしっかり洗え、しっかり保湿や栄養補給もできる、二度洗いする派・しない派、どちらの男性にも使ってほしいシャンプーを紹介しよう。

一度でスッキリ&二度洗いにも優しい、頭皮ケア専用シャンプー
アンドジーノ プレミアムブラックシャンプー

アンドジーノ プレミアムブラックシャンプー

400ml 5,184円(税込)【楽天コスメ大賞殿堂入り】

【二度洗い派】が気になる「洗いすぎによる頭皮や髪へのダメージ」に対しては、高配合された天然植物成分が「栄養」を与えてしっかり「保湿」してフォロー。
【一度洗い派】が気になる「汚れが落ちきらないことによる頭皮へのダメージ」に対しては、独自の技術により炭化させたクレイとアミノ酸系洗浄成分が「優しくしっかり洗浄」してフォロー。
しかも、柑橘系の爽やかな香りで気分もリフレッシュ!
忙しいビジネスマンにもピッタリのリンスいらずの時短シャンプーだ。

公式サイトはこちら

二度洗いはしっかり汚れを落とせる反面、頭皮や髪に負担をかける。とはいえ、汚れをしっかり落とせなくては意味がない。頭皮や髪を優しくしっかり洗うには、その日の汚れ具合に合わせた正しいシャンプー方法とシャンプー選びが大切だ。

instagram