美侍 » メンズビューティー » クリエーター職の「おしゃれ無精ヒゲ」は許されるのか

クリエーター職の「おしゃれ無精ヒゲ」は許されるのか

mensbeauty

メンズビューティー2018.07.04

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • hatenaシェア

クリエーター職の「おしゃれ無精ヒゲ」は許されるのか

無精ヒゲがおしゃれに見えるのは、イケメンだからではない

西島秀俊、浅野忠信など、キッチリ切りそろえたヒゲだけでなく、無造作に生やした無精ヒゲもカッコイイともてはやされる時代。ファッションの1スタイルとして地位を確立している。

「無精ヒゲ」=「だらしない」「不潔」という時代は終わったのだろうか。 当然個人によって評価は変わる。 女性がよく、「無精ヒゲが許されるのはイケメンに限る」という発言をする。実は、評価を分けるのは、イケメンかイケメンでないかではない。

清潔感があるかないか。
無精ヒゲに見えても、実はきちんとケアはされているということ。ヒゲだけでない、身だしなみもキチンとしているかどうかなのだ。

肌、服装の身だしなみも無精ヒゲの印象を変える

清潔感の重要な要素として肌がある。ヒゲがいくら手入れされても、吹き出物ができていたりするのでは、すべてが不潔に見えてしまう。

無精ヒゲがかっこよく見えるためには、ヒゲそのものも、肌も、身だしなみも、きちんとしたケアがあってこそ。つまり、現代において「無精ヒゲ」とは、清潔感を併せ持った「おしゃれ無精ヒゲ」を指しているのだ。

無精ヒゲが許される職種

無精ひげのデザイナー

ビジネスの世界では、「おしゃれ無精ヒゲ」は許されるのだろうか。 おしゃれ無精ヒゲの営業マンは見たことがない。営業においてヒゲはタブーとされているからだ。ビジネスの世界では、清潔感があったとしても、まだまだ無精ヒゲの地位は確立されていない。

会社によって考え方やルール異なるが、一般的に「ヒゲ」が許される職種というと、下記が考えられるだろう。

  • ファション業界
  • 外資系企業
  • IT企業
  • クリエイティブ職

では、WEBディレクター、デザイナーなどのクリエイティブ職なら、ビジネスの場でも無精ヒゲは許されるのだろうか。おしゃれ無精ヒゲとなると、どうだろう。

クエイティブ職が守るべき無精ヒゲの条件

クリエイティブ職のマネージャーたちに聞いてみた。

「生やし方の程度によるが、清潔感があれば良いのでは?」
「1日デスクにいる仕事でも、だらしない印象や不快な印象を与えるものならNG。周囲のモチベーションを下げない節度が必要」

やはり、清潔感と「節度」が条件になるようだ。また、クリエイティブ職といえども、商談、プレゼン、取引先との打ち合わせや会食などがある場合においては、マナーとして無精ヒゲは避けたい。

<仕事場で許される無精ヒゲの条件>

  • ヒゲの範囲は顔の総面積の3分の1未満に。
    頬の広範囲にまで及ぶ無精ヒゲは避けたい
  • 短いヒゲ、長いヒゲが同じエリアにあると「無精」感アップ。
    トリミング用シェーバーやハサミで長さはある程度揃える。
  • 肌の清潔感にも注意。
    肌荒れを隠すためのヒゲは汚く見えるだけ。

肌が荒れているときは、不潔感をなくすためと衛生上の観点から、荒れが収まるまで潔く剃る。

時間、努力、お金が必要なおしゃれ無精ヒゲ

おしゃれ無精ヒゲが許される業界の男性たちは、清潔感のあるヒゲをたもつために、身だしなみやケアに時間とお金をかけ努力している。 不要な場所のヒゲを脱毛したり、毎朝ミリ単位のトリミングをしているのだ。

これらの覚悟がない男性は、おしゃれ無精ヒゲなどという面倒なこだわりはやめたほうが身のためかも。

instagram instagram