美侍 » ライフスタイル » 長野に行ったら食べなきゃ損!おすすめのB級グルメ10選

長野に行ったら食べなきゃ損!おすすめのB級グルメ10選

lifestyle

ライフスタイル2018.10.22

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • hatenaシェア

長野には美味しいものがいっぱい

長野県で食べられるB級グルメとはいったいどのようなものがあるのでしょう?美味しいものがいっぱいの長野県に行ったらぜひ食べて頂きたい、おすすめのB級グルメのお店を厳選して紹介しています。

「安養寺ら~めん」 (麺匠 文蔵)

出典:http://tabelog.com/nagano/A2003/A200302/20000304/

安養寺ら~めんは佐久地方を代表するグルメで、信州味噌の発祥の地と言わている鎌倉時代の僧・覚心の遺志で開かれた臨済宗「安養寺」の味噌を使ったラーメンです。

安養寺味噌のやや赤みがかかったスープは、味噌本来の発酵した風味がかなり強く信州味噌の素朴な味わいを感じることができます。
厳選された国産小麦など3種の小麦をブレンドし、多水麺でつるつるモチモチ感のあるオリジナルの麺を使用。
こだわり抜いたこの麺と、信州味噌のスープのからみがたまらない美味しさとなります。
口コミでも「久しぶりに本当の味噌の風味を味わえた」と言われるほど評判のラーメンです。

麺匠 文蔵

住所:長野県佐久市岩村田1107-3
電話:0267-67-8688
時間:11:30~14:30、17:00~21:00頃
定休日:月

「おしぼりうどん」 (さかき地場産直売所あいさい亭)

出典:http://tabelog.com/nagano/A2001/A200103/20012199/

北信地方で食べられるおしぼりうどん。
ねずみ大根という辛みの強い大根の絞り汁に、味噌・かつお節・ねぎなどの薬味をお好みで入れ、釜揚げうどんを浸けて食べる伝統料理です。
おしぼりの名前の由来は、ねずみ大根のおろしを布巾やガーゼなどでおしぼりのように絞ることからきています。
戸隠などではおしぼり蕎麦もありますよ。

あいさい亭は農産物直売所併設の食堂で、おしぼりうどんは680円、大盛は800円で食べられます。
食べ方は、まず辛味汁に1~2本うどんを浸して汁の辛味状態をチェック。
次に辛味汁にかつお節を入れ、お好みでねぎ、味噌を入れて食べるのですが、辛さの後からほのかな甘味を感じる奥深い味わいをしています。
これを信州の方言で「あまもっくら」と表現するようです。
うどんも手打ちなので、コシがありもっちりとした歯ごたえをしており、このうどんだからこその美味しさを味わうことができます。

おしぼりうどんを堪能した後は、農産物直売所で地元の新鮮な野菜などのお買い物も楽しめるのでおすすめです。

さかき地場産直売所 あいさい亭

住所:長野県埴科郡坂城町大字中之条56‐7
電話:0268-75-8267
時間:11:00~14:00(L.O)
定休日:1月1日~5日(その他臨時休業あり)

「長野ヤキメン」 (やじろべえ)

出典:http://tabelog.com/nagano/A2001/A200101/20011538/

モチモチ食感の麺にニンニク風味でパンチを効かせた長野ヤキメン。
長野市が日本一の生産量を誇る信州味噌、長野市松代地方が産地として有名な長いも、温泉地をイメージさせる温泉玉子をトッピングした、まさに長野を代表するB級グルメです。
ながのB級グルメコンテストでも第一位に選出。
その美味しさは折り紙付きです。

そんな長野ヤキメンが頂けるやじろべえでは、600円でその味を楽しむことができますよ。
太めのモチモチした麺に、ニンニクの香りが食欲をそそります。
信州味噌の風味もよくあっていて、長いもなど野菜がたっぷり入っているところも嬉しいポイント。
それだけでも十分美味しいのですが、温泉卵をからめて食べるとまろやかになりさらに美味しい!
こってりとした味わいに温泉卵がよくあいます。

やじろべえ

住所:長野県長野市川中島町御厨2414-1
電話:026-299-6226
時間:11:00~22:00
定休日:水

「山賊焼」 (山賊)

出典:http://tabelog.com/nagano/A2002/A200203/20005285/

山賊焼とはニンニクを加えたタレに鶏肉を漬け込んで揚げた、大きなから揚げのようなものです。
そんな山賊焼発祥のお店である「山賊」は塩尻駅近くにあります。

見た目は白く粉をふいたカラっとした色合いで、食べるとサクサクした衣の食感と、鶏肉のジューシーさのコラボレーションがたまらない一品です。
単品で注文することもできますが、ぜひ定食を頼んでご飯と一緒に食べてみてください。
ニンニクの効いたタレとよく合うので、驚くほどご飯が進みますよ。
定食はA定食(1405円)とB定食(1260円)があり、種類によりお肉の大きさが変わります。
B定食でも十分ボリュームがあるので、胃袋の大きさに自信のない方はB定食で十分かもしれません。
ご飯はお代わり自由なので、お代わりする内におなか一杯になっちゃうかも?

「地方グルメは当たり外れがあるけれど、これは大当たり」という口コミもあるので、ぜひ食べてみてくださいね。

山賊

住所:長野県塩尻市大門七番町10-1
電話:0263-52-0743
時間:17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:水

「みそ天丼」 (レストラン割烹 いずみ屋)

出典:https://tabelog.com/nagano/A2004/A200404/20000767/

みそ天丼はテレビでも紹介された諏訪地方のご当地B級グルメ。
諏訪湖特産のワカサギや川エビ、地元で採れた野菜や山菜の天ぷらに、甘辛いみそだれがかかった天丼です。
レストラン割烹いずみ屋では、御吸物・香の物が付いて、880円でみそ天丼を味わうことができます。
コクがある甘辛のみそは後を引く味で、天ぷらとご飯の両方に相性抜群。
一般的な天丼も良いですが、みそ天丼もハマること間違いない美味しさです。

いずみ屋さんは豆腐料理のお店としても有名なので、ミニ天丼になってしまいますが、とろろ蕎麦と寄せ豆腐のついたみそ天丼セット(1000円)もおすすめです。
山葵が効いた寄せ豆腐にみそ天丼、とろろ蕎麦といいとこどりで楽しめるのが嬉しいですよね。

レストラン割烹 いずみ屋

住所:長野県塩尻市大門七番町10-1
電話:0263-52-0743
時間:17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:水

「ローメン」 (うしお)

出典:https://tabelog.com/nagano/A2006/A200601/20000001/

焼きそばのような見た目のローメンは伊那市で古くから伝わるご当地グルメ。
マトンの肉と蒸した堅めの中華麺を、独特のスープでキャベツなどと共に焼きそば風に炒めたり、スープでラーメン風に煮込んだ料理のことをいいます。
一口にローメンといっても、お店によってバリエーションがあるところがおもしろいですよね。

そんなローメンのなかで今回ご紹介するのは焼きそば風のローメンです。
伊那市でも有名なローメンのお店「うしお」で頂くローメンは、並盛600円で甘辛いソース味とマトンの味をしっかり感じることができます。

しかもそんなローメン、お好みの調味料でカスタマイズすることで、さらに美味しくすることが可能です。
一味、ニンニク、ごま油を入れると感動ものの美味しさなのですが、マトンが少し苦手な方はカレー粉、少量のソースもプラスすると独特の香りが気にならなくなりますよ。
自分好みにカスタマイズして食べるローメンは、地元の人や観光客にも大人気のメニューです。

うしお

住所:長野県伊那市荒井3460-1
電話:0265-72-4595
時間:11:30~13:00、17:00~21:30(L.O.21:00)
定休日:日(不定休)

「ソースカツ丼」 (明治亭駒ヶ根本店)

出典:http://tabelog.com/nagano/A2006/A200602/20000038/

長野県の駒ヶ根市といえばソースカツ丼で有名。
高速道路のサービスエリアではソースカツ丼にちなんだお土産や、ソースカツ丼用のソースが売られていたりするほどメジャーなご当地B級グルメです。
そんなソースカツ丼が食べられるお店で有名なのが「明治亭」。
多くの有名人が訪れていたり、メディアで紹介されることもあるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

おすすめは信州ロースソースカツ丼(1340円)です。
ご飯の量は少なめ(50円引き)、大盛(100円増し)と選ぶことができます。
「男なら大盛だろ!」と考えなしに頼んでしまいそうですが、蓋が閉まらないくらいのボリュームなのでそこは注意してください。

甘辛く濃厚で深みのあるソースは、甘みと酸味のバランスがよく、カツを一口食べると口いっぱいに美味しさが広がります。
キャベツもたっぷり入っているので、最後までソースカツ・キャベツ・ご飯の絶妙なバランスをキープしたまま食べ進めることが可能です。

木曽駒ヶ岳の「千畳敷カール」など観光も楽しめるので、自然を満喫する前の腹ごしらえにいかがでしょうか。

明治亭 駒ヶ根本店

住所:長野県駒ヶ根市赤穂898-6
電話:0265-83-1115
時間:11:00~21:00
定休日:無休

「ごぼとん丼」 (信州まつかわ温泉 清流苑)

出典:http://tabelog.com/nagano/A2006/A200603/20009874/

リンゴ・ナシなどフルーツが美味しいことで有名な松川町。
ここで生まれた「ごぼとん丼」は、地元産のリンゴ・ウメで育った黒豚と地元産ごぼうを使った激うま丼ぶりです。

そんなごぼとん丼は信州まつかわ温泉 清流苑で食べることができ、レギュラー980円、ミニ680円で小鉢・味噌汁・お新香もついてきます。
脂身たっぷりの豚の角煮と柔らかいごぼうが乗った丼ぶりはボリューム満点。
角煮のタレも相まってこってりとした味付けになっていますが、添えられた山葵が味を引き締めてくれるので、意外とサッパリ頂くことができますよ。

清流苑は温泉をはじめ、テニスやプールなどさまざまな遊びができる宿泊可能レジャー施設なので、ぜひとも休日を利用して満喫してくださいね。

信州まつかわ温泉 清流苑

住所:長野県下伊那郡松川町大島2784-1
電話:0265-36-2000
時間:10:00~20:00L.O
定休日:無休

「五平餅」 (蔵の御幣餅 飯田駅前店)

出典:http://tabelog.com/nagano/A2006/A200603/20014977/

中部地方の山間部に伝わる郷土料理で、長野県でも木曽~伊那地方の郷土料理として知られています。
地域によって山椒が入っていたりと若干違いはありますが、信州名物のくるみだれの五平餅は絶品です。

蔵の御幣餅 飯田駅前店では長野県最南端の阿南町で古くから伝わる、幣束御幣餅(へいそくごへいもち)が食べられます。
全長36cmの幣束御幣餅は一本一本手作りで作られており、炭火で丁寧に焼きあげてくれるので、アツアツの五平餅を食べることが可能です。
クルミやネギなどが入った3種類のタレに食欲をそそられますよ。
味噌汁と漬物がついたセット(500円)を頼むとドリンクが100円引きになるので、ランチに五平餅はいかがでしょうか。
ゆっくり座れるスペースもあるのでぜひ行ってみてくださいね。

蔵の御幣餅 飯田駅前店

住所:長野県飯田市中央通り4-40 ステーションスクエア1F
電話:0265-48-0678
時間:10:00~18:00
定休日:木

「赤飯饅頭」 (お菓子の里 飯田城)

出典:http://tabelog.com/nagano/A2006/A200603/20015397/

何年か前に秘密のケンミンショーでも取り上げられた赤飯饅頭。
紅白のおまんじゅうと赤飯のコラボレーションで、お祝いなどおめでたい席で食卓に並びます。

そんな赤飯饅頭は和菓子屋さんをはじめ、長野県の色々なお店で購入できるのですが、今回は試食もできる「お菓子の里 飯田城」をご紹介。

こちらの赤飯饅頭は6個入り1080円から購入可能。
ほんのり甘いお饅頭の中にふっくらと炊き上げたお赤飯が入っていて、食感はもっちり、味はさっぱりとしたおいしいお饅頭です。
赤飯の塩気もあるので、甘いものが苦手な人でも美味しくたべられますよ。

お菓子の里 飯田城

住所:長野県飯田市育良町3-1-12
電話:0265-22-8877
時間:8:30~17:30
定休日:無休

おまけに、、、「てんぷら饅頭」

出典:http://tabelog.com/nagano/A2006/A200603/20002128/

おまけに、天ぷら饅頭というものもご紹介。
その名のとおり、こしあんの入ったお饅頭の天ぷらで、信州ではお盆の時期に天ぷら饅頭を食べる風習があります。
時期になるとスーパーに天ぷら饅頭用のお饅頭が売られたり、お総菜コーナーにも並んだりしますので、お盆に訪れることがあればこちらもおすすめですよ。

長野県でB級グルメを堪能しよう!!

いかがでしたでしょうか。
自然いっぱいの長野県は美味しいB級グルメもたくさんあります。
今回ご紹介したものは、その中でも人気のあるB級グルメなので、観光などで長野県に行かれた際はぜひ食べてみてくださいね。
信州ならではの地物を使った美味しい料理に、きっと「来てよかった」と思って頂けるはずです。

CATEGORIES :
ライフスタイル
instagram instagram