美侍 » ファッション » 技あり!秋のモテスタイル 【クリエイティブ職オフィスカジュアル編】

技あり!秋のモテスタイル 【クリエイティブ職オフィスカジュアル編】

fashion

ファッション2018.07.04

  • facebookシェア
  • twitterシェア
  • hatenaシェア

部下は「イケてる上司」の言うことは取り入れる

40代男性たるもの、仕事で部下に一目置かれるのはもちろん、ファッションでも「デキる」男をさりげなくアピールしておきたいもの。

とくにクリエイティブが求められる職場では、「ダサい上司」に言われても受け入れられないものが、「イケてる上司」に言われると、なんとなく納得してしまう…。そんな心理もないとは言えません。

秋はジャケットで遊ぶべし

男性受け、女性受けを個々で考えていくとキリがないので、ここではどっちにも受ける秋のジャケットファッションを提案。

ワークジャケットは「きちんと感」でギャップ萌え

ポケット多めのワークジャケットは、この秋必須アイテム。ほかの人と差をつけるには、カジュアルすぎないアイテムを選び、キレイ目に着こなすのが◎。

おすすめはメルトンやヘリンボーン生地。中にはTシャツでもいいけど、シャツ×ニットタイを組み合わせれば、とたんに色気が増します。

ジャージー素材のジャケットでストレスフリー

今季はどのブランドもジャージー素材のジャケットがラインナップされています。しかも、楽な着心地はそのままに、オフィスシーンにも対応できる「よそいき顔」のデザインが豊富。

選ぶときのポイントは、肩パッドがないラフなシルエット、柄や色は遊ばずにスタンダードなもの。

ジャージー素材で遊びすぎると、ただのだらしないオヤジに成り下がってしまうことも多いので、この2点に注意して。

大事な日にはかっちりジャケットで

オフィスワークのときは抜け感があるジャケットで遊ぶけど、大事な日にはシックにキメてこそ、デキる男。

今年の秋におすすめしたいのは、英国風グレンチェックのスーツです。上品さとアーバンな印象を兼ね備えるグレースーツは万能。1着持っておいて損はありません。

ここでは遊び心がない、スタンダードなセレクトが正解。合わせるのは白シャツに黒のネクタイ、白のチーフでも、黒ニットの下から白Tシャツをチラ見せでも。

「服」だけではなく「全体」の身だしなみを

普段のオフィスでは、ちょっとスキがあるファッションで、声をかけられやすい上司を演出することも、マネジメントにおける大事な要素です。

ただし、どんなにファッションがステキであっても、そこに清潔感がない、加齢臭がする…なんてことがあってはTHE END。基本の身だしなみがあってこそ、ファッションが活きるのです。

CATEGORIES :
ファッション
instagram instagram