美侍

冬の人気アウター!メンズモッズコートの基礎知識と着こなし術

冬のメンズ人気アウターである、モッズコート。メンズの冬アウターとしては必須級の人気アイテムです。今回は、メンズ向けにモッズコートの基礎知識や、着こなしの基本などを紹介しています。

モッズコートとは?

出典:http://zozo.jp/shop/hare/goods-sale/12734033/?did=28677960

いわゆる「フィールドジャケット」の上に羽織る「パーカ」として使用し、襟にはフードが縫い付けられ、フラップ付き大型ハンドポケットが両脇に設置されている。両肩にはショルダーループ(ショルダーストラップやエポレットとも呼ぶ)がある。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/M51_(%E3%83%A2%E3%83%83%E3%82%BA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88)

毎年冬になるとメンズ・レディース問わず人気が上昇する、モッズコート。
特にメンズファッションにおいては、今年の秋冬にモッズコートを始めとするミリタリーファッションが流行するといわれています。

もともとモッズコートは1950年代に、米軍が着用していたパーカーありのミリタリー系コートです。
どうしてモッズコートと言うのかというと、1960年代のロンドンの「モッズ」と呼ばれる若者たちが、このようなミリタリーコートをよく愛用していたためです。

モッズ は、イギリスの若い労働者がロンドン近辺で1950年代後半から1960年代中頃にかけて流行した音楽やファッションをベースとしたライフスタイル、およびその支持者を指す。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%83%E3%82%BA

セーターなどの上からでもOK

他のアウターよりも、シルエットが少々大きめに作られている事が多く、厚手のインナーなどから羽織りやすくなっています。
また、寒い地域でも動きやすいように、保温のためのさまざまな特徴もあります。

メンズファッションアイテムにおいても、セーターなど厚手のインナーの上から羽織りやすくなっています。
着膨れしたり、だらしない印象になることもない絶妙なサイズ感やシルエットが特徴で、冬のメンズアウターに困ったときはさっと使えるのも人気の理由でしょう。

雨の日でも使える

モッズコートは、もともと水に強い撥水素材でできているものが多く、多少濡れたくらいではグズグズになりません。
雨や雪が増えるこの季節では、天気が悪い日に外出するときでも、特に大活躍するでしょう。

モッズコートの着こなし

①細身ボトムスでメリハリを出す

出典:http://clubd.co.jp/wp/post-66879

モッズコートはゆったりと少し大きめのシルエットが多いことから、ボトムスのシルエットには注意が必要です。
基本的には、スキニーなど細身のボトムスを選択することがおすすめです。
下半身をすっきりさせて全体のシルエットを引き締めて、メリハリを出すことができます。
反対に太いシルエットのだぼっとしたボトムスでは、モッズコートのゆったり系シルエットも伴って、全体がだぼだぼした印象になります。
清潔感あるシルエットにするためにも、全体の「Yライン」を意識しましょう。
すっきりしたボトムスを選ぶことをおすすめします。

②カジュアルすぎない見た目に

メンズのモッズコートはミリタリーファッションアイテムの一つなので、インナーの選び方次第ではかなりカジュアル感の強い印象になります。
このためインナーにきれい目アイテムを入れることで、カジュアルさを抑えつつ、大人っぽく着こなすことができます。
たとえば、白シャツやニットなどを組み合わせるのがおすすめです。

1着でも大活躍!

出典:https://www.amazon.co.jp/FRED-PERRY-Fishtail-Parka/dp/B01HHQL7P6/ref=cts_ap_1_vtp?_encoding=UTF8&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_p=356400269&pf_rd_r=G82SFTT9634P2Y60WTGM&pd_rd_wg=es9D2&pf_rd_s=desktop-detail-softlines&pf_rd_t=40701&pd_rd_i=B01HHQL7P6&pd_rd_w=HQpYw&pf_rd_i=desktop-detail-softlines&pd_rd_r=G82SFTT9634P2Y60WTGM

モッズコートは防寒機能に優れたものが多く、真冬の寒い時期のメンズアウターとして人気が高いです。
このため、1着持っているだけでもさまざまな場面で活躍します。
カジュアル度の強いアウターでもありますが、インナーやボトムスに注意することで、かっこよく着こなすことができますよ。

まだもっていない方は、これを機にお気に入りの1着を見つけてください。