美侍

北海道最大の都市が生んだ幽霊譚!札幌の心霊スポット5選

心霊スポットといえば、人里離れた、森や山や藪の中にしかないと思っている人も多いのではないでしょうか?実のところ、都市部には都市部ならではの怪談や心霊スポットが眠っているのです。今回は、北海道最大の都市である札幌の、市内にある心霊スポットを詳しく見ていきましょう。

【南区の心霊スポット】 「豊羽小中学校」と「藻南公園」

出典:http://ritiidian.exblog.jp/2887038/

クルマの霊が追いかけてくる?「旧・豊羽小中学校付近」

心霊スポットが誕生するには、人の営みが不可欠です。
人がまったく住んだことのない場所に、怪談は生まれません。

札幌は北海道の発展を支えて、数えきれないほどの人が幾多もの歴史を刻んできたきた街。
大きな都市でありながらも背筋が凍るほど不気味な心霊スポットがいくつも存在します。
そんな札幌の心霊スポットとして最初にご紹介したいのが、南区の豊羽小中学校跡地です。
現在は解体されてしまったため、上の画像のような校舎を目にすることは出来ません。
しかし、校舎が無くなった現在でも、その付近では霊的現象を体験したという噂が絶えないのです。

豊羽小中学校は、北海道札幌市南区定山渓にあった学校。
豊羽小学校は元山小学校として昭和26年開校、豊羽中学校は石山中学校の分校として昭和27年創立、平成14(2002)年閉校。
山奥にありながら規模の大きな学校で、校舎が残存していたが、2011年10月に解体された。
解体され現存していません

出典:http://haikyo.crap.jp/s/4654.html

豊羽小中学校の近くには、封鎖された鉱山の跡地があります。
この周辺を車で走っていると、いきなり後ろから車が現れて追走してくるという奇譚があります。

ここでドリフトをして
走っているときに
何気なく後ろを見ると
一台のクルマが
いつの間にか後ろに…
決して普通に
走っていた訳ではない
かなりのスピードで
走っているのだ
100kmや80kmで
走っているわけでは
ないのだ

出典:http://blog.crooz.jp/daiki24jp/ShowArticle/?no=40

緩やかなコーナーをいくつか曲がっているうちに、車の影は消えてしまうそうなのですが、途中で曲がるところも無いため、幽霊としか思えないというのです。
どれだけスピードを上げても追走してくるという噂もありますから、夜遅い時間帯にこの周辺をドライブする際にはご注意ください。

非業の死を遂げた花魁や警察官の霊が彷徨う「藻南公園」

出典:http://www.city.sapporo.jp/kensetsu/kasen/photo/no_59toyohira.html

札幌南区の心霊スポットとしてもう1つ知っておいていただきたいのが、藻南(もなみ)公園です。
市民の憩いの場所として利用されているこちらの公園には、大きく2つの心霊現象に関する噂が流れています。
1つ目は、東京から連れてこられた花魁が非業の死を遂げ、幽霊として彷徨っているという噂です。
遊郭から逃げ出した花魁が追っ手から逃げ切ることが出来ず、最後に自殺してしまったという話がこの幽霊譚の発生源です。
この幽霊が実際にいるかは定かではありませんが、札幌の中でも特に有名な怪談です。

最も有名なのが、東京の吉原から連れて来られた花魁が札幌のでの生活の苦しさのあまり自殺したというもの。遊郭から逃げ出した遊女が、追っ手に怯えながら彷徨った後、現在の藻南公園の崖(がけ)にたどりついたという。その崖で遊女は、これまでの自分の艱難を思いだいしつつも、迫る追っ手に見つけられたあとにされるであろう仕打に怯え、その場で豊平川に身を投げて自殺してしまったというのだ。

出典:http://kowabana.jp/haunted_places/79

藻南公園に関するもう1つの噂は、汚職事件に関わった警官が男子トイレで自殺し、その幽霊が現れるというものです。

数年前、手前に見えてる男子トイレで警察官が首を吊って自殺しています。

原因は、道警警部の汚職・拳銃不摘発と覚せい剤密輸にからんだ事件でした。

この公衆トイレには、幽霊話はありませんが、やはり夜見ると気持ちのいいものではありませんね。

公園周辺には、交番があるんですが(公園に入る入り口でもある)

この交番では、かなり前に違う交番の警察官が勤務明けにМ署に戻る途中で

何故かここの交番に立ち寄って、拳銃自殺をしています。

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/tankentai1202/50833616.html

公衆トイレで自殺をした警官の話の他に、公園付近の交番でも別の警官の自殺事件があったといいます。
心霊スポットとして市民に広まるには、充分すぎるほどの逸話ですね。

こうした逸話ゆえに、藻南公園は街中からほど近い公園でありながら、札幌有数の心霊スポットとされているのです。

【西区の心霊スポット】 「旧・小別沢トンネル」と「平和の滝」

出典:http://finding-new-hokkaido.seesaa.net/index-2.html

トンネルに埋められた人の霊が?「旧・小別沢トンネル」

続いては、札幌西区にある心霊スポットを見ていきましょう。
西区の心霊スポットで欠かせないのが、旧・小別沢(こべつざわ)トンネルです。
こちらは、新小別沢トンネルから分かれた右の道を進むと到着する、昔に使われていたトンネルです。

【行き方】道道82号西野真駒内清田線を登り小別沢に入り真っ直ぐ道なりに進みます。
すると新小別沢トンネルが見えてきます。
トンネル前には3方向に進む道があるので、右の道へ。
足場の悪い道を進み続けると旧小別沢トンネルへとたどり着きます。

出典:http://ghostmap.net/spotdetail.php?spotcd=46

旧小別沢トンネルには、周辺で強制労働させられていた人たちの怨念が現在でも彷徨っているといわれています。

説明分には書かれていませんが 初代トンネルの掘削は「強制労働」によって行われ その時に疲労や飢えで亡くなった労働者を人柱としてトンネルの壁に埋めたと言われています(あくまで一つの話ですが…)

出典:http://ameblo.jp/pronobisora/entry-11950612233.html

強制労働が実際にあったのかは定かではありません。
しかし、封鎖されたトンネル付近はすっかり寂れており、銅像を祀った祠まで存在します。
山中のひっそりとした場所にあるため、夜間に来るのはやめた方が良いでしょう。

入水自殺した人の霊?「平和の滝」

出典:http://radio-electronics.basekernel.ne.jp/entry/729

札幌西区の観光名所でもある平和の滝も、市民からは心霊スポットとして知られています。
地元エリアの方は、水辺に霊が現れるという話を聞いたことがあるあるかもしれません。
その理由は定かではありませんが、平和の滝についてはここの水に飛び込んで自殺した人がいるという噂が怪談を生み出しているようです。

幹線道路からすこしズレた山奥にある事も手伝ってか、
特に看板等はなく、雰囲気も抜群に怖いです。

心霊スポットと呼ばれるようになった理由としては
「入水した人がいる」「トイレで首つりした人がいる」など諸説ありますが、
実はどれも真実のようです。

出典:http://shinrei-spot.info/?p=1023

平和の滝では、滝をじっと見つめている幽霊や、樹木の近くで怪しげな雰囲気を感じるなど、自殺した人たちの霊魂を感じるような幽霊譚をよく耳にします。
付近にある朝鮮人殉難者之慰霊塔も関係しているのでしょうか?
札幌の観光名所として平和の滝を認識していた方も、心霊スポットのつもりでもう1度訪れてみると、違った体験を味わえるかもしれません。

噂としては「滝を見つめたまま全く動かない不気味な人」や
「とある樹木には無数の浮遊霊が集まる」などが有名なようです。

また「朝鮮人殉難者之慰霊塔」という石碑があり、
戦時中に強制連行で犠牲になり亡くなった朝鮮の人達を祀っています。

そのため強制労働により亡くなった朝鮮の人達の霊が
現れるのではないかという噂も存在します。

出典:http://xn--n8j3cua0f2cxa40awc0b0o8400cz2ap141bx3ob.com/category4/entry90.html

【豊平区の心霊スポット】 「西岡水源地」

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/kony4194/43816462.html

最後にご紹介する札幌の心霊スポットは、豊平区の西岡水源地です。
羊ケ丘展望台からほど近い西岡公園内にあるこちらの貯水池は、平和の滝と同様水辺に関係した心霊現象の噂が絶えないスポットです。

豊平区にある西岡水源地は、明治四十二年(1909)に造られた古い貯水池です。
今でこそ豊平峡ダム、定山渓ダムなどに役目を取って代わられましたが、かつては札幌市の水瓶として重要な役割を果たしていました。
現在は西岡公園という公園の一部となり、晴れの日には池の向こうに恵庭岳を望むことができ、キャンプ場が設けられ、夏の夜には蛍が舞い飛ぶ札幌市民憩いの場となっております。
しかし、西岡水源地の特徴はそれだけに留まりません。
この場所は何を隠そう、札幌市屈指の心霊スポットという側面も持っているのです。

出典:http://kirikomitai.com/kirikomi/nishioka.html

水辺に現れる幽霊の噂が絶えない「西岡水源地」

西岡水源地の特徴は、現れると噂されている霊が多岐に渡る点です。
陸軍の施設だったことから軍人らしい幽霊を見かけたという話もありますし、貯水池で自殺した女性が話しかけてくるという噂も耳にします。
テレビ番組の取材中にも幽霊が現れたそうですから、札幌市内だけでなく全国的にも有名な心霊スポットなのです。

公園の北側にある遊歩道は水源地の周囲を歩けるようになっているが、この道を歩いていると、背後から何かを口走りながら歩く女が現れ、終始後を追いかけてくるという噂がある。この噂は、かつてテレビ番組でこの場所を取材した際に出現した霊といわれている。

出典:http://kowabana.jp/haunted_places/225

西岡水源地を心霊スポットとして有名にしているのが、上の画像にある三角屋根の塔付近で撮影すると、心霊写真が撮れてしまうという噂です。
ここではかつて殺人事件の現場だったらしいという噂もあり、その霊が写真を通して現世の私たちに訴えかけてくるというのです。
その真偽を確かめたいという人もいるかもしれませんが、面白半分で撮影することだけはやめておきましょう。
もし心霊写真を撮影してしまったら神社やお寺などで、きちんと供養してもらうことをおすすめします。

そして最も目撃情報が多いのが、貯水池の端にたつ奇妙な形の塔だ。赤い三角形の屋根に、白い壁の小さな家が、水中からつきでたレンガの塔の上にたっているこの建物は、かつて陸軍が設置した取水小屋といわれるものである。
国の登録有形文化財にも指定されているこの建物の周囲では、かつて殺人事件があったといわれており、その霊がこの塔の中に閉じ込められていて、ここで写真を撮影すると塔の中に居る筈の無い人影が写り込むというのだ。

出典:http://kowabana.jp/haunted_places/225

西岡水源地に関する神霊の噂をまとめているサイト。

札幌市内で確かに息づく心霊スポット

今回ご紹介した心霊スポットは、都市伝説のように札幌市民の中で語り継がれてきたものばかりです。
もし実際に訪れてみたいという人は、充分に準備をしたうえで心霊スポットへ出掛けるようにしてください。

北海道最大の都市が生んだ幽霊譚!札幌の心霊スポット5選