美侍

「もう帰る」って言われるかも?絶対モテない!ダサい服5選

気になる彼女との初デートは、やはりとっておきのお気に入りファッションでキメていきたいもの。しかし、中には自分がおかしいと感じていなくても、女性ウケ最悪のアイテムが潜んでいるのです!今回は「俺の服、もしかしてヤバい?」と悩むあなたのために、デートには絶対NG!なダサい服を5つご紹介します。これを身に付けて行ったら、大好きな彼女から「もう今日は帰る!」と言われてしまうかも?ぜひご参考ください!

考えるのが面倒だったのかな?【上下デニム】

出典:http://wear.jp/kenjihimeno/3240553/

最初にご紹介するのは、デニムパンツにデニムジャケット、という驚異のデニム率を誇るコーディネート。
オシャレ上級者ならば着こなせることもありますが、基本的には「おじさんっぽい」「ス○ちゃんのモノマネ?」と辛らつな評価。

これでデートに出かけたら「服を考えるの面倒だったの?」と彼女に思われてしまうかもしれませんから、絶対にやめましょう。
デニムを着たいなら、上下どちらかはシンプルな素材の者を合わせて。

上下デニムは、相当ハードルが高い組み合わせ!

・上下ともにデニム素材のものを着ること。おじさんっぽいし、時代遅れの人かセンス0の人がやるファッション(女性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・上下デニムは日常着る組み合わせじゃない(女性/26歳/金属・鉄鋼・化学)
・相当おしゃれな人しか着こなせないし、大体の人が古臭い感じになるから(女性/33歳/その他)

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/9862607/

・Gジャン&ジーンズで現れた元彼がいます。一般常識からしてデニムの組合せは非常に難しいと思います。サイズがうまく合ってなかったり、またお顔に合ってないとさらに最悪!! 待ち合わせ場所で見かけたとき、即帰りたくなりました。

出典:http://news.ameba.jp/20140130-76/

「もしかしてス○ちゃんのモノマネ?」という声も……

・デニムonデニムの人を見ると、どうにもこうにもやりきれません(笑)。ダブルデニムは日本人にはあわないと思います。光GENJIのものまね? それともスギちゃん?

出典:http://news.ameba.jp/20140130-76/

テレビ局にお勤めなんですか?【プロデューサー巻き】

出典:http://glovej.blog.fc2.com/blog-entry-910.html

続いては、一時期大流行した「プロデューサー巻き」。
女性の間でよく着られていたイメージですが、男性の中にも取り入れている方がいますよね。
しかし、あまりに流行りすぎたからか、今ではとっくに時代遅れ、という声が多く聞かれました。

膝より上のショートパンツなんかと合わせると、いよいよ人によってはドン引き!なスタイルになってしまいますから、注意しましょう。
「そもそも男がやるといかにもテレビ局のエライ人?って感じでダサい」という意見もありますので、カーディガンはきちんと羽織ってくださいね。

一時期流行しすぎて、一気に「時代遅れ」ファッションに!

「めちゃくちゃ流行ったからこそ、今やるともうダサい域!」
「自分もやっていたけど今はもうやらないです。一昔前の格好って感じ」

約2年前にギャルの間でも一世風靡した「プロデューサー巻き」ではありますが、既に彼女達の中ではダサファッションの位置付けに。アクセントになるアクセサリー感覚として着こなす男性も多いようですが、ごめんなさい...もうそのファッション、ダサいです。

出典:http://www.j-cast.com/trend/2015/09/25246011.html

昨年大流行したプロデューサー巻き、今年も巻くものはカーディガンがメインとなって引き続きファッションの中ではスタイルの定番となりつつあるこの格好だが、髪型と一緒で誰でも似合うものではないので、とりあえずプロデューサー巻きはダサいスタイルになってしまうと私は思う。

出典:http://www.imsowired.com/entry8.html

闇夜から解き放たれて……?【V系ファッション】

出典:http://girlschannel.net/show_image/181863/108/0/

続いては、全身黒一色のいわゆる「V系ルック」。
自分を出している感じはあるのですが、一般的な女性には近寄りがたいイメージを持たれてしまうよう。
ドクロ柄、翼モチーフのシャツやらジャラジャラのチェーンやら、となると、もう何だか「いい加減に解き放たれて!」と言いたくなるような厨二病感満載ですね。

それらがレザーパンツやダメージジーンズなどと合わさると、もう近寄りがたいというか近寄りたくない、という雰囲気になってしまいますので、できる限りアイテムをそぎ落として行きましょう。

黒一色、V系ルックは「厨二病っぽい」と女子ウケ悪し!

・31歳の彼氏が、ビジュアル系かぶれのような変な服ばっかり着てる。
黒のレザー(もどきの安っぽい生地)に、鎖?チェーン?がついたアウターとかorz
中学生男子がラルクを意識してるような痛々しさが何とも言えない。

出典:http://www.men-joy.jp/archives/32513

黒は確かに使い回しがきくファッションですが、黒統一ばかりはダサいですね。
無難な色ですが、いまいちパッとしないファッションになりますよね。

出典:http://magazine.campus-web.jp/archives/71557

レザーパンツやダメージデニムと合わせると更に最悪……

「レザーパンツ履かれた日には別れを決意するかもしれない」
「上下レザーで来られて絶句した。しかも全身ピチピチで目が点になった...」

出典:http://www.j-cast.com/trend/2015/09/25246011.html?p=2

清潔感ゼロ!足が短く見える【ダボダボのパンツ】

出典:http://osare-channel.blog.jp/archives/56521819.html

続いては、ひと昔前に流行した腰パンやストリート系に見られる「ダボダボのパンツ」。
昨今ではピッタリしたサイズ感が流行しているため、まず時代遅れ、という意見が多いです。
また、作業服やヤンキーのようなイメージも相まって「清潔感がない!」という声も挙がっていました。

ストリートカジュアル自体も悪くはないのですが、レストランをはじめちょっとフォーマルな場所に入りづらいため、記念日までそれで来られると幻滅してしまうとか。
例え高級ブランドの服だったとしても、やはり外見的には若々しすぎる雰囲気になりますので、TPOを考えて活用しましょう。

古いストリート系もNG!ダボパンも腰パンもウケ悪し

・「昔のストリート系のファッションをいまの時代にしている人。お前は小学生か、と突っ込みたい」(33歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「ダボダボなパンツを腰履きする」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「腰パン。今の時代にそれ……? と思うので」(32歳/不動産/専門職)

・「シルエットがだぼっとしてる」(33歳/医療・福祉/事務系専門職)

出典:http://woman.mynavi.jp/article/151019-16/

清潔感がなく、ヤンキーみたい……

・「とにかくだらしない」(30歳/建築・土木/事務系専門職)
・「汚らしい。ヤンキーかっつーの」(30歳/学校・教育/事務系専門職)
・「仕事やる気なさそう」(27歳/情報・IT/営業職)

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/10077976/

はい、痛いですね。いい歳して腰パンがかっこいいと勘ちがいしている輩はやはり痛いです。「あたしガテン系が好きなの」という方、せめて職場へははいていかないように注意すべきです。彼がまわりの女性から非難の目で見られてしまう可能性大です。

出典:http://news.livedoor.com/article/detail/10077976/

一歩間違えるとアキバスタイルに!【チェックのネルシャツ】

出典:http://item.rakuten.co.jp/super-rag/73225a/

最後にご紹介するのは、ひと昔前は「オタク御用達」のように思われていたチェックのネルシャツ。
特に「ダボダボパンツにブカブカのチェックシャツ」や「パンツにイン」スタイルが嫌!という声が多く挙がっていました。

昨今では既にオタク=ダサいではありませんが、「いかにもオタク」な風貌はやはり避けたいもの。
これも着こなしがかなり難しいアイテムですので、オシャレに自信がない方はやめておきましょう。

チェックシャツはオタクのイメージ?着こなすのが難しい!

・チェックのネルシャツ。まずおしゃれに着こなせないだろうし、やめてほしい(女性/28歳/アパレル・繊維)
・チェックのネルシャツをパンツにインしているのが最高にダサい(女性/28歳/小売店)
・ネルシャツはオタクっぽい感じが出るし、お世辞にもかっこいいとは言えない(女性/28歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

出典:http://news.ameba.jp/20150307-387/

避けた方が良いと思われるアイテムは、「チェックシャツ」。理由として、“オタクなイメージを与えやすい”からです。いまでこそ秋葉原では少なくなってきたかもしれませんが、数年前までは「チェックシャツ」+「ジーンズ」+「よくわからないメーカーのスポーツ用スニーカー」の組み合わせが溢れかえっていました。しかしこの組み合わせ=オタクのイメージはまだまだ根強いと思われます。

出典:http://www.cedric-raclot.com/entry34.html

サイズ感と合わせ方が大事!自分らしいファッションを見つけよう

いかがでしょうか?自分ではこだわりを見せているつもりでも、デートには相応しくない!というファッションは意外と多いのですね。
この他にも「白Tシャツはイケメンにしか許されない」「ムートンブーツは無理!」など、厳しい意見が多々……。

初デートではひとつ自分の趣味を押し出さず、シンプルでキレイめな「モテファッション」を心がけてみてはいかがでしょうか?
最初の掴みを間違えなければ、付き合っていくうちに徐々に自分を出せるようになるかもしれませんよ。