美侍

実はこんなにオトク!結婚前に同棲をするメリット3つ

カップルで一緒に生活をする「同棲」は、法的な制約なく夫婦気分が味わえるため、結婚のタイミングを見失いやすいと言われていますよね。しかし、昨今では「共に暮らしてみないと分からないこともあるから、あらかじめ同棲はしておいた方がいい」という意見も増えているよう。今回は、彼女との同棲を検討中のあなたのために、結婚前に同棲をするメリットを3つまとめてみました!2人の今後のために、ぜひご参考ください。

メリットその① お互いの価値観が分かりやすい!

出典:https://www.pakutaso.com/20151040274post-6137.html

最初にご紹介するのは「お互いの価値観が分かりやすい」というもの。
これまで外でデートしたり、お互いの家で過ごしたりしてある程度の好みや生活スタイルは分かってる!というカップルは多いでしょうが、実際に一緒に生活してみると、その時には分からなかった意外な価値観が現れがちです。

1日2日だけなら、と今まで我慢していたけれど、実はこういう習慣があるんだとか、掃除はこうしなきゃダメなんだとか、洗濯はこうして欲しいとか、些細なことから大きなことまで、良い意味でも悪い意味でも驚かされることは多いでしょう。
しかし、それを結婚前にさらけ出し合い、妥協点を見つけることができれば、今後も穏やかに過ごして行けることでしょう。

哀しいことですが、どうしても無理!という一面が判明した場合は、戸籍を傷付ける前にお別れすることも可能です。

結婚後のギャップを減らせる!

結婚後、恋人同士には気づかなかった様々な違いが判明し、「こんなはずではなかった!」と悩むカップルは珍しくないようです。

多くは、そのギャップを克服するべく2人の生活を築いていくものですが、もし同棲していたならば、そのような苦労はしないで済んだのかもしれません。

出典:http://www.mwed.jp/jyuku/categ2/lecture706/

同棲の一番のメリットは、結婚前に寝食を共にすることで、実際の結婚生活をリアルで体験できることでしょう。

シビアな見方をすれば、結婚してしまうと簡単に離婚できない様々な「しがらみ」が生じますが、同棲中に越えがたいギャップが判明した場合には別れてしまえば済みます。

出典:http://www.mwed.jp/jyuku/categ2/lecture706/

こんなにある!価値観の違い

「夜寝る時に明かりをつけるかつけないか」(28歳/女性/情報・IT)
「洗濯物のたたみ方が違うこと。私がたたんだ洗濯物を、後で、全部自分のやり方になおしているのを見てしまった」(50歳以上/男性/電機)
「私は夜お風呂に入りますが、彼は朝お風呂に入る。内心、出勤前に急ぎながら入浴しても疲れが取れないのに……と思いました」(28歳/女性/アパレル・繊維)
「彼がご飯は出来たてじゃないと嫌がること。帰ってくる時間がわからないときは本当に困った」(32歳/女性/医療・福祉)
「洗い物をするときの、水を出す勢いに違いがあった」(28歳/男性/学校・教育関連)
「掃除にとても細かい人だった。少しでもやり方がよくないと指導が入る」(31歳/女性/その他)

出典:http://woman.excite.co.jp/News/column/Escala_20140709_3046066.html

メリットその② 結婚準備を協力してできる!

出典:https://www.pakutaso.com/20130406108post-2650.html

続いては「結婚の準備を協力できる」というもの。
お互いの職場に報告するタイミングや、結婚式はどうするか、その打ち合わせや招待状、メッセージなどの準備、新婚旅行の手配など、結婚をする際に話し合うべきことは様々にあります。
しかし別々に暮らしていると、仕事の状況や今何をしているかなどが分からず、結果的に負担がどちらかに偏って不満が生じてしまいがちですよね。

その点、一緒に住めば今お互いにどうしているのかが分かりやすく、話し合いのタイミングも掴みやすいので、協力して結婚準備を行いやすいのです。
また、世帯が一つになると生活費を節約できるため、結婚資金を更に増やせる可能性もあります。

結婚のための話し合いがしやすい!

結婚式準備など打ち合わせに時間がかかるので、一緒に住んでるほうが毎日話し合える。また、パスポートやクレジットカード戸籍など変更しなければいけない手続が手っ取り早い(ぎゃくせさん)

出典:http://www.ozmall.co.jp/wedding/honne/vol5/

結婚式の準備のために便利だった。彼はずっと実家暮らしだったので、実家から出てみたいという彼の希望もあって。私と彼の家が遠かったので、同棲したほうが合理的だった(macaronさん)

出典:http://www.ozmall.co.jp/wedding/honne/vol5/

生活費が節約できるので、2人で結婚資金を貯める人も

明確に結婚を意識した同棲である場合には、同棲直後から結婚資金の貯金を始めるカップルが多いようです。

特に、別々に一人暮らしをしていたカップルの場合は、家賃や光熱水費が半分になることは貯金をする際には大きなメリットです。

出典:http://www.mwed.jp/jyuku/categ2/lecture706/

メリットその③ 安心感が大きくなり、結婚への意識が高まる!

出典:https://www.pakutaso.com/20141243359post-4995.html

最後にご紹介するのは「結婚への意識が高まる」というもの。
帰ったら彼女が家にいる、という状況に、大きな安心感を覚える男性は多いようです。
何だか幸せな気持ちになって、この人と結婚するんだ、という意識も高まるとのこと。

また、お互いに何をしているのかが分かりやすいので「ああ、仕事が忙しいんだな」「友達との付き合いもあるだろうな」と想像しやすく、自然と気遣いが増えて仲が深まった、という声も。
女性側からすると、彼がずっと家にいてくれるだけで「女の一人暮らし」特有の不安がなくなる、というメリットもあるようです。

「この安らぎを失いたくない」と思える!

「家に帰ると彼女がいるという、独特の安心感が嬉しかったですね。嫌なことや不安なことがあっても、同じ屋根の下に住んでいるだけで、またすこし話を聞いてもらうだけで、心が安らいだのを覚えています。その安らぎを失いたくないと思い、結婚への踏ん切りもつきました」(32歳/男性)

出典:http://ure.pia.co.jp/articles/-/16977

安心感が強まると、ケンカが減ることも

常に一緒にいられることの安心感が強く、お互い穏やかになってケンカが減った。ケンカをしても仲直りが早い。(30代前半女性)(20代後半女性)

出典:http://www.mwed.jp/jyuku/categ2/lecture706/

彼女の安全にも一役買える!

私の場合、彼が私の宅配便を代理で受け取ったり、玄関に男性物の靴、男性の洗濯物等男性の気配を醸し出すことで、防犯上「女性の一人暮らし」ということで目をつけられる可能性が減るというのが一番のメリットでした。(30代前半女性)

出典:http://www.mwed.jp/jyuku/categ2/lecture706/

最近では「結婚前に同棲を経験すべき」という意見も多い?

同棲というと「男性の結婚への意識が低くなる」「結婚前に夢がなくなる」との理由で、やめた方がいいという声も多いですよね。

しかし、最近では上記のように結婚生活とのギャップがなくなったり、お互いが本当に同じ人生を歩んでよい相手なのか?を見極めるため、同棲した方が良いという意見も増えてきているようです。

2人の生活が想像しやすい!結婚の話が出たら、同棲も検討してみては?

いかがでしょうか?結婚生活の不安を少なくするためには、事前に同棲するのがおすすめのようですね。
同棲することでお互いの家事能力や考え方、お金の使い方など様々なことが分かりますし、改めて存在の大きさを実感できるというメリットもあります。

もし結婚を意識できる相手に出会えたなら、まず同棲を通してお互いをよく知ることから始めてみましょう。