美侍

簡単なコツでスムーズに!?職場の人間関係が一気にラクになる秘訣教えます

新しい職場に入って暫く経つと、気になり始めるのが「人間関係」。周囲からの評価はどうなんだろう、陰で悪く言われてないかな、何となく馴染めてない気がする……など内容は様々ですが、何かしらの悩みを抱える方は多いですよね。今回はそんなあなたのために、これを押さえれば職場の人間関係の悩みを解消&回避できる!というポイントについて詳しくまとめました!ぜひご参考ください。

どうしてこうなった!?職場の人間関係トラブルは何から起こる?

出典:https://www.pakutaso.com/20141035293post-4716.html

そもそも職場の人間関係トラブルとはどのようにして起こるのか?これから回避したい方にとっては特に気になりますよね。

例えば「皆体育会系のノリで、何となく付いて行けない」「周囲が明るすぎて、自分が浮いている気がする……」「逆に職場が皆無口すぎて息が詰まりそう」といった全体的な環境の問題から「上司とソリが合わない」「同僚にどうしても嫌いな人がいる」など特定の人物に対する不満まで、理由は様々だと思います。

しかし、それらの理由を突き詰めれば、大抵は「上司や同僚との相性が悪い」という言葉に尽きるのではないでしょうか?
性格や考え方、仕事の仕方などが噛みあわないから悪口を言われたり、ぶつかり合ったりするのですよね。

ただし、性格や考え方は基本的に生来のものですから、周りが自分に合わせてくれ!という我が儘は通りません。
仕事内容や待遇に関しても違和感があるのであれば転職を考えるのも手ですが、そうもいかないという場合は自分からその場に馴染めるよう努力する必要があります。

当てはまってない?嫌われやすい特徴4つ

また、単純に相性が悪いというだけでなく「職場で嫌われやすい人の特徴」というものがあります。
まずは自分がそれに当てはまっていないかを確認し、万が一覚えがある場合には改善を試みましょう。

嫌われやすい特徴その① 「自己中心的な人」

最初にご紹介するのは「自己中心的な人」。
これは我が強いだけでなく「他人に対して厳しすぎる」というものも含まれます。
仕事において人の意見を聞かなかったり、自分の都合通りに進めようとしたり、自分と同じようにできない人に「何でできないんだ?」と詰め寄ったり……いずれも他者への思いやりに欠けた行動ですから、注意しましょう。

誰しも思う事ではありますが「他人を思いやれない(自己中心的)人間」は、
どうしても嫌われてしまう可能性が高くなります。

それでも圧倒的な才能を持っている人などは、
何かと頼りにされる(利用される)事も多い為、
表面的には自覚しづらいかもしれませんが、裏で陰口を言われると言った事態に陥りやすいと言えます。

出典:https://ikejo.net/shokuba-ningenkankei-555

嫌われやすい特徴その② 「挨拶やマナーができていない、非常識な人」

職場の人間関係の第一歩は「挨拶」や「基本的なマナー」から始まります。
ここで「挨拶できない人」「常識がない人」のレッテルを貼られてしまうと一気に印象が悪くなりますから、仕事だけしていれば大丈夫だと思って油断しないようにしましょう。

「常識」の捉え方自体は個人差のあるものですが、
例えば挨拶をする・お礼を述べる・人の話は目で聞くと言った極当たり前の礼節に疎い人は嫌われやすくなります。

出典:https://ikejo.net/shokuba-ningenkankei-555

嫌われやすい特徴その③ 「ミスをしても言い訳ばかりで謝らない人」

また、ミスは誰にでもあることですが「自分が悪いんじゃありません!」という態度で言い訳ばかり言ってしまう人は、同僚だけでなく上司からも嫌われます。
まずは誠心誠意謝罪して、何か言い分がある場合は「周囲への文句」や「自分の落ち度を誤魔化す言い訳」にならないよう注意しましょう。

自分がミスをしたとき、素直にそれを認め、迷惑や影響を与えた人に詫びて、反省したのちに善処するのが、あるべき対応の仕方でしょう。

ところが、中には正反対の対応をする人もいます。

ミスをしても素直に認め、詫びるということをしません。

表面上は「すいません」と口にしていても、心の中では全く反省をせず、その代わりにすぐに言い訳をします。

出典:https://mstkr.jp/shokuba-kirawareru-219#1

嫌われやすい特徴その④ 「上司に媚びを売るばかりで、同僚への気遣いがない人」

最後に「上司に媚びるばかりで、同僚への気遣いがない人」も職場では嫌われがちです。
自分だけが上司に気に入られようとする態度が分かりやすいと、上司からの評価もダウンしてしまいますから、身勝手な行動はやめましょう。

上司に気に入られることに心血を注ぎ、その顔色を窺ってばかり。

上司に対して平気で歯の浮くようなお世辞を言ったり、ご機嫌取りをしようとする人が、周囲からよく思われるはずがありません。

上司のタイプにもよりますが、できる上司であれば、上司自身もこういう人を評価しません。

出典:https://mstkr.jp/shokuba-kirawareru-219#1

同僚や先輩との関係を良好に!職場の人間関係を楽にする「基本」のポイントは?

では、まず職場での人間関係を解消&トラブルを回避するための基本的なポイントを見てみましょう。

その① 悪い印象を持たれにくい!「笑顔でハキハキと挨拶する」

最初にご紹介するのは「笑顔でハキハキ挨拶をする」というもの。
前述したように、挨拶ができない人、相手に聞こえない人は悪い印象を与えがちです。
誰にでも聞こえるように、挨拶はしっかり笑顔でハキハキ行いましょう。

人間は挨拶を交わす人間に対してはネガティブな感情を抱きにくいです。少しでも会話を交わすことで『仲間』と認識するのですね。人は会話でコミュニケーションを取る生き物。当然と言えば当然です。

しかし、人間関係が上手く言っていない方はこれができていない方が多いです。

出典:https://motivation-upgrade.com/ningenkanke/

その② 自己中になると避けられがちに!「人の意見に耳を傾ける」

次に「人の意見に耳を傾ける」というもの。
自分にとって都合が悪いからと人の意見を無視したり、何でも否定したりすれば当然周囲の評判は悪化します。
職場の人間関係を良好にするためには、常に同僚や上司の意見を耳に入れ、噛みくだいて理解することが重要です。

すぐに否定する人と一緒にいて楽しいですか?楽しくありませんね。それに仕事ではミスもします。その様な時に注意を素直に聞ける姿勢が無ければ必ず浮きます。

その内、誰も注意してくれなくなり、誰も話しかけても来なくなります。職場の人間関係改善のため、人の意見に耳を傾ける姿勢は必ず必要ですよ。

出典:https://motivation-upgrade.com/ningenkanke/

その③ 信頼関係を築きやすい!「飲み会や社内行事などに積極的に参加する」

次にご紹介する職場の人間関係におけるポイントは「飲み会や社内行事などに積極的に参加する」というもの。
飲み会なんて仕事の延長みたいで楽しくない、社員旅行なんて面倒臭い……そんな気持ちも分かりますが、こういった機会を大事にすれば上司や同僚のプライベートな部分が見え、信頼関係が築きやすいので、誘いがあったらぜひ参加しましょう。

自分が困った時、苦しい時、辛い時、このような時に助けになってくれるのは、関係性を築けている同僚や先輩、上司だけです。ですので、普段から関係性を築いておくことを推奨致します。

そのために会社の行事には積極的に参加した方が得なのですよ。それに、参加してみれば案外楽しいものですよ。

出典:https://motivation-upgrade.com/ningenkanke/

その④ オドオドしていると虐められがち!?「自分の意見はハッキリ言う」

また「自分の意見をハッキリ言う」ことも重要です。
他者の意見に耳を傾けることも大事ですが、何でも人任せ、人優先では侮られる恐れもあります。
職場イジメのターゲットにならないためにも、いざという時はしっかり発言をしましょう。

重要なのが意見をはっきり言うことです。いつもおどおどして自分の意見をはっきり言わない人は、いじめの対象になりやすいです。逆に抵抗する姿勢を見せる人はいじめの対象にはなりにくいです。

また、意見をはっきり言う人は仕事の評価も上がりやすいので一石二鳥ですね。

出典:https://motivation-upgrade.com/ningenkanke/

その⑤ そもそも職場は仕事をするところ!「友達を作る場ではないと割り切る」

職場の人間関係で悩まないためには、そもそも「ある程度は割り切る」ことも必要です。
職場は仕事をする場であり、友達を作る場ではないと心得ましょう。
むしろ仲が深まりすぎると逆に面倒なことも増えるものですから、特に元々人とのコミュニケーションが得意でない方は、上司や同僚と適度な距離感を保つのがおすすめです。

とにかく仕事に集中すれば、そんな悩みなんて抱えている暇はない!とスッキリすることもあるので、程ほどにマイペースに頑張るのが良いのかもしれません。

どうしてもソリが合わない!職場の「上司」との人間関係をスムーズにするコツは?

出典:https://www.pakutaso.com/20170455093post-10887.html

最後に、職場の「上司」と良好な人間関係を築くポイントを5つご紹介しましょう。

その① 泥沼化させないのが一番!「上司に対して感情的にならない」

上司とどうしてもソリが合わない、接していてもムカつくことばかり……という方もいるでしょうが、まずは上司に「感情的にならない」のが重要です。
感情的になってしまえば上司も意地になる恐れがありますし、自分にとっては理不尽だと思っても、実は真っ当なアドバイスである可能性も。

まず大事なのは、上司に対して感情的にならないことが大切です。仕事上、上司には報告や相談などを数多くすることになるでしょう。その時にどのような対応をされても、感情的にならず、事実を捉えることに集中しましょう。

出典:https://life.pintoru.com/workplace-human-relations/boss/

その② 適当にスルーして!「叱責の内容が理不尽でも、無暗に反抗しない」

上司の言葉に耳を傾け、もしかして有益な言葉なのではないか?と一旦考えてみましょう。
それでもどう考えても理不尽であった場合には「そういう人なんだ」「あんな人より早く出世しよう」くらいに思って、頭が冷えるのを待つのが得策ですよ。

叱責されたのならば、何がいけなかったのか、どうすれば良かったのかを考えます。あまりにも理不尽なことを言われたのならば理不尽なことを言うような人だという事実に目を向けましょう。人間の特徴というのは、一日二日では変わることはありません。

つまりそこで上司にむやみにかみついたところで、明日から何かが変わるわけではないのです。極端に言えば、「この人はこういうことを言うアホ」なんだと思っておけばいいということです。

出典:https://life.pintoru.com/workplace-human-relations/boss/

その③ タイプによって「積極的に親交を深めるか、距離感を保つべきか」見極める

また、上司のタイプによって上手くいくコツが異なることもあります。

まず、親しみやすくて「楽しく仕事したい」と考えている上司の場合は、積極的に親交を深めるのが可愛がられるコツです。
しかし、逆に上下関係を重んじるタイプなのであれば失礼がないように注意するのが一番重要なことですから、適度に距離を置いた方が良いでしょう。

学生時代から体育会系の部活で、そういう先輩には慣れている!という人は良いですが、不慣れな人が無理に頑張っても疲れるだけかもしれません。

例えば上下関係に厳しくなく、楽しく仕事ができれば良いという相手であれば積極的
に親交を深めようとするのが効果的ですし、
何より上下関係を大事にするタイプであれば、
言うことにはしたがって距離を置いておいたほうが上手くいく傾向にあると思います。

出典:http://www.utu-kaiketu.jp/category34/jyousi.html

体育会系で上下関係にうるさいというタイプであれば、自分がそのような環境に居たことがない場合、
非常に人間関係を築きあげるのが面倒ですから、仕事以外で極力関わりを持たないようにするのが、
結果的に良好な人間関係を作るためのコツですね。

出典:http://www.utu-kaiketu.jp/category34/jyousi.html

その④ 女性上司は上手くおだてろ!「絶対意見を否定しない」

最後に上司が女性の場合ですが、よく言われているのが「絶対に意見を否定しない」ということ。
男性上司であっても勿論当てはまる部分はあるものの、女性だと特に「共感力」を重視する傾向にあります。
不自然にならない程度に上手におだてつつ、女性上司ともしこりがないようにお付き合いしましょう。

女性上司の意見を否定することはNGです。女性は意見を否定されることを、極端に嫌がる傾向があります。
他の部下の前で、女性上司の意見を否定して不安にさせたり、ミスを指摘したりなどして、恥をかかせるようなことは絶対にしてはいけません。

出典:http://www.lohasde.net/business/jyousi/jyousi5.html

全員と上手くやれる人はいない!職場と割り切って、適度な人間関係を築こう

いかがでしょうか?職場での人間関係に関する悩みは大抵「相性の違い」によって起こるため、周囲と上手く付き合うための努力が必要なのですね。
もちろん苦手な人は1人もいない!皆仲良くて相性抜群!という職場もあるでしょうが、全ての人と上手くやれる人は基本的にいませんから、まずは改善する努力をしてみてください。

いざという時は別にそんなに仲良くしなくても、仕事がスムーズに進めばいいや!くらいの割り切った気持ちで、職場の人間関係を乗り切りましょう。

簡単なコツでスムーズに!?職場の人間関係が一気にラクになる秘訣教えます