美侍

思わず食べに行きたくなる個性たっぷりな岡山県のラーメンをご紹介!

岡山県のラーメンは岡山ラーメンだけではないようです。聞いたことのない、見たことのないラーメンが岡山県には多くあるようなのです。どれも、インパクトのあるラーメンで、知れば知るほど食べたくなるはず!早速、その岡山県のラーメンを紹介しましょう。

岡山ラーメン

出典:http://moe-dora.at.webry.info/201302/article_13.html

岡山ラーメンは岡山市のラーメン店を中心に昔から作られ、親しまれている醤油ベースのラーメンです。
戦後岡山市内にあった屋台の味を引き継ぎ、改良しながら、今のご当地ラーメンとなったそうです。
出汁は店舗によって異なり、鶏ガラや豚骨、魚介類からなどさまざま。麺は中〜細目のストレート麺で、
シンプルでさらりと食べられる懐かしい中華麺のような味が特徴です。

トンカツラーメン

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/jin_k_615/60905076.html

岡山県の隠れたご当地グルメとして、知る人ぞ知るメニューがトンカツラーメンです。
老舗ラーメン店では、「カツそば」という名で当たり前のようにあるメニューなのだとか。
醤油ベースのラーメンに大きなトンカツが盛られた、名前だけでなく見た目にもインパクト大のトンカツラーメン。
サクサクのイメージのトンカツですが、ラーメンのスープに浸り、ほどよく衣にスープの味が馴染むラーメンとトンカツを一度で楽しめる美味しい一品です。
ボリューミーな見た目ですが、食べ始めると案外ペロリと食べられる人が多いようです。

新見ラーメン

出典:http://d.hatena.ne.jp/pokefuku2/20140329/p2

岡山県北西部の新見市で発祥した新見ラーメンは、出汁にイノシシの肉を使用し、さらにイノシシ肉から作るチャーシューがトッピングされたメニューです。
新見市はイノシシが多く生息するため、ぼたん鍋や猪料理が郷土料理の地域であることから、ラーメンにもイノシシ肉を用いたことがきっかけで、好評となりご当地ラーメンとして有名になりました。
出汁はイノシシの肉だけを使うのではなく、豚骨や醤油、味噌など他のスープと合わせるため、食べやすく、案外あっさりしているようです。イノシシ肉のチャーシューもしっかりと火が通りトロトロですが、豚肉よりも脂っこくないと評判です。

鏡野ラーメン

出典:https://www.okayama-kanko.jp/modules/kankouinfo/pub_kihon_detail.php?sel_id=6093&sel_data_kbn=0

鏡野ラーメンとは岡山県北部の苫田郡鏡野町で収穫される特産品のフルーツトマトを使用したラーメンです。
塩ベースのスープに甘いフルーツトマトを盛り付けたあっさり味のラーメンです。
フルーツトマトの他に、チャーシューやモヤシ、煮卵もトッピングされており、あっさりでも大満足の食べ応えがあります。
こってりラーメンも美味しいですが、たまにはあっさりと野菜の美味しさを感じるラーメンはいかがでしょうか?
女性ウケも良さそうですね。

ままかりラーメン

出典:http://photozou.jp/photo/show/1417091/235661272

ままかりとは岡山名物のひとつで、酢漬けや寿司のネタとして親しまれています。
そのままかりの煮干しから出る出汁を使ったラーメンがままかりラーメンです。
出汁にのみ使用しているものが多いため、ままかりがそのまま乗っているわけではありませんが、
他のラーメンに比べ、魚介の旨味がたっぷりと堪能できるラーメンです。
ラーメン店のほか、居酒屋などのメニューで多く見かけるため、飲んだ後のシメにも良いのかもしれません。

岡山県のラーメンを食べ尽くそう!

出典:https://www.heisei-car.jp/topics/?p=2662

岡山県には岡山ラーメンの他に、ユニークなご当地ラーメンがたくさんあります。
ただユニークなだけではなく、それぞれの土地の魅力がたっぷりと詰められていることも特徴です。
新しい味に出会えると、なんだか嬉しい気持ちになりますよね。
今までに見たことも、食べたこともないような岡山県のラーメンを味わいにぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

思わず食べに行きたくなる個性たっぷりな岡山県のラーメンをご紹介!