美侍

パラブーツはシャンボードから始める!足下から美男子に☆

特別な魅力で価値のわかる男性を惹き付けてやまないパラブーツ。ごろっとした芯の太い精神性や繊細なディテール、そして履き心地。一度魅力を知ると虜になってしまうのも無理はありません。そろそろ、足下の美を目覚めさせていきましょう。なかでもシャンボードは永遠の憧れ。もっともポピュラーでもっともマニアックなパラブーツ、そしてシャンボードの魅力、着こなしにせまります!

由緒正しくジェントルなパラブーツ

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%8F%96%E6%89%B1%E5%BA%97%E3%80%91-Paraboot-%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%84-CHAMBORD-%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89/dp/B00D3XXQTI

パラブーツには創始者レミー・リシャールポンヴェールの美学と情熱がつめこまれています。
時代を越えて愛される秘密は、彼の情熱と美学が呼び覚ますすべての男性たち自身の、美意識こそにあるのかもしれません。

そろそろ「本物」を身に付けたい。
そんな思いを男性に抱かせ、虜にしてしまうブーツなのです。

パラブーツはオリジナルレザー、ノルヴェイジャン製法という150もの製造工程、そしてラバーソールが特徴とされます。

旅行好きで研究熱心なレミーは、ロンドンやアムステルダム、そして英語も話せないまま、情熱だけを頼りにをアメリカへ旅をしました。
アメリカ人の履くラバーブーツに魅入られたレミーは、ラテックスという新素材を持ち帰り長靴とブーツを製造し始めたのです。

自分の足で歩き、考え、防水性などの機能性を追求したところがポイントだったのですね。

ソールをも自社生産するという世界唯一のブランドとして着実にファンを獲得してきました。

気品、由緒正しさ、紳士的ながらどっしりした男らしさがにおいたつパラブーツの秘密は、こういったこだわりにあるのかもしれません。

ソールのフォルムはなんと変わらず今のモデルにも引き継がれているとか。
それほどの完成度をもってこその説得力、魅力なのですねー。

Paraboot パラブーツ CHAMBORD シャンボード NOIRの紹介ページです。

履きこむほどに深い味わいが出るパラブーツ

とことん機能性にこだわっているからこそ出せる魅力があります。
それが、20年、30年、もっと履きこめば出せる、レザーの深い艶の魅力。

パラブーツのほとんどのコレクションにはリスレザーが使用されています。
たっぷりとオイルを染み込ませたカーフの傷みにくさこそがその艶を担保するのです。

今選んだブーツが、20年、30年を経てあなたに上質の色気を演出すると思うと、ゾクゾクしちゃいますね。

間違いない美を手に入れる!シャンボードに注目

パラブーツには美しいコレクションがそろっており、その名も…オスカー、ハーモニー、ビバルディ、ブラームス、シューベルトなど。

魅力的ですよね。
どれもそっと個性を引き立たせてくれるフォルム、本物の素材、なめらかで艶のある色味、粋なアクセントが特徴です。

カジュアルなもの、スポーティーなもの、エレガントなもの、どれをとっても一級品です。

なかでも、間違いない美を手に入れるなら、シャンボードに注目!
フランスはロワール渓谷、シャンボール城がその名の由来なのですが、狩猟を目的として開発されたブーツなので、かなり機能性に優れているのです。

防水性に優れ、たくさん歩いても疲れにくく、しかもシック!

出張や旅行にがんがん連れて行ける、履きこむほどに味わいの出るブーツとして、シャンボードをまずはおすすめします。

パラブーツの選び方、履き方

パラブーツは全体的にやや大き目サイズ。
必ず試着して、最初はややきついかな?と感じるくらいのものを選びましょう。

革のおもしろいところは、長く履きこむと革がやわらかく伸びて、サイズ感が変化するところ。
履き心地にもこだわったパラブーツ。
思ったよりもブーツの中が広いので、甲の高さや足幅の広さが大丈夫そうならふだんより小さいサイズでもOKです。

シャンボードと一緒に成長しよう!

男性のファッションって、ほぼほぼ足下で決まっちゃいます。
信頼のおけるブーツを一足手に入れて、履き倒すこと。
これが確実で効果的な、いい男への成長の方法かもしれません。

さあ、パラブーツ、シャンボードと一緒に成長しちゃいましょう!

パラブーツはシャンボードから始める!足下から美男子に☆