美侍

新潟を代表するガッツリ系グルメ!燕三条ラーメンのおすすめ店3選

新潟県を訪れて街中を歩いてみると、ラーメン屋がたくさんあることに驚く人も多いと思います。ガッツリ系ラーメンをご所望の方には、背脂がたっぷり入った燕三条ラーメンがおすすめです。今回は、燕三条ラーメンの中でも特に人気のあるお店をご紹介します。

杭州飯店

出典:http://mkobayas.cocolog-nifty.com/gourmet/2008/10/post-cdd5.html

新潟県の燕三条地域で食べられるラーメンの特徴は、背脂がたっぷりとスープに浮いている点です。
この地方は昔から金属加工が伝統産業として根付いており、その職人たちが日本海側の冷たい風が吹き付ける寒い時期に身体を暖めるため、ラーメンのスープに背脂を入れたことが始まりといわれています。
現在では新潟県のみならず全国から燕三条ラーメンを食べにくる人たちがいるほど有名なラーメンになりました。
そんな燕三条ラーメンを食べてみたいという方にご紹介する最初のお店が「杭州飯店」です。

中華そば

出典:http://www.excite.co.jp/News/bit/E1442477528320.html

新潟県燕市燕にあるこちらのお店は、伝統的な燕三条ラーメンを提供する名店です。
海の幸の美味しい新潟ですから、魚介ベースの醤油スープは絶品です。
上の画像を見ていただいても分かるように、中華そばの麺は平打ち麺なので食べごたえ抜群なのも嬉しいですよね。

燕三条ラーメンの売りである背脂もたっぷり入っているのでご安心ください。
背脂というとしつこい味に仕上がることを予想する人もいるでしょうが、燕三条ラーメンについてはその認識が間違いであるといえます。
意外にもさっぱり風味に仕上がっており、つい飲み干したくなるほどのあっさり具合です。
毎日でも食べたいと思えるほど燕三条の人たちの心を掴んで離さない杭州飯店の中華そばをぜひ一度ご賞味ください。

中華そば(¥700)。スープ表面には細かい背脂がびっしり浮きますが見た目ほど脂っぽさは感じない。そしてスープをすすると煮干独特の甘ったるい風味がドカンと来ます。結構獣系ダシも強め。麺は佐野ラーメンを思わせる太さばらばらの手打ち。

出典:http://vice2000.fc2web.com/cultra7/koshhan1.htm

モチロンスープは
新潟だもん、海の味!魚介系です。醤油系魚介が余り癖がなく
(においが強すぎだと東京の今の魚介系で臭くなってうまくない)
ちょうど良い味です。背油は乗っているけど、全然クドくないよ!

また、太麺が適度に味を吸ってこれがまたうまいんだなあ・・・。
ラーメンというよりもうどん系?

麺で言えば、沖縄そばとか、二郎系の太さで太さも均一じゃない。
チャーシューもスープと絡んで絶妙!また、シャキシャキ感の
たまねぎがサッパリ感をかもし出している!

出典:http://www.yashiofactory.co.jp/oka_bb/log/19_060319_kou/

龍華亭

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/spashinya/65362874.html

続いてご紹介する燕三条ラーメンのお店はJR燕三条駅から徒歩5分ほどのところにある「龍華亭」です。
こちらは杭州飯店のご主人が修行していた「福来亭」というお店がリニューアルしたラーメン店となっています。
もともと燕三条ラーメンは福来亭が発祥です。
昔ながらの美味しさを守りながら、お客を飽きさせないような工夫を続けるからこそ現在まで龍華亭として市民に愛されているのです。

中華そば

出典:http://echigooyaji.niiblo.jp/e378651.html

龍華亭の看板メニューも中華そばです。
燕三条ラーメンのトレードマークである背脂と平打ち太麺はこちらのお店から始まりました。
麺の舌触りと喉越しが気持ちよく、箸が止まらなくなること請け合いです。
背脂のおかげでスープが麺とよく絡みますし、冷めにくいので最後まで美味しくいただけます。
中華そばのスープに浮いている玉ねぎも独特の食感を生み出しているため、よく味わってみてください。

こちらがそのラーメンで、やや濃い目の醤油ダレにあっさり鶏がらスープを合わせて
あり、見た目よりはさっぱりした味付けです☆全部飲み干せる感じの美味しさでした!
麺は平打ち麺でつるみがあって弾力のある麺でとっても美味しかったですよ(^o^)
でも、他の人を見てるとタマネギが大盛りになった麺を食べていたので次回はそっちに
するかなぁ?ちなみにこのラーメンは一杯700円でした!

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/tomcatknyacki/46561450.html

龍華亭に来たらぜひお試しいただきたいのがチャーハンです。
常連さんが必ずといって良いほど頼むチャーハンは、中華そばのスープ驚くほどよく合います。
お腹いっぱい食べたいという人もチャーハンと中華そばを一緒に食べれば満腹になること間違いなしです。
燕三条ラーメンの元祖を味わいたいという人は、ぜひ龍華亭までお越しください。

隠れた人気メニューというチャーハンがこちら!

一見ふつうのチャーハンだけど…


なにやらうまーーーーい!!!

強めの味付けでカレーマン好み!

何ならちょっとこっちの方が味のインパクトがあるんじゃないかという話も、あるとかないとか。

でも背脂たっぷりのスープは飲みたいしなあ。。

出典:http://curryman.officialblog.jp/archives/1027642726.html

侍ラーメン

出典:http://blog.livedoor.jp/takezou164/archives/51713504.html

最後にご紹介するのは、新潟県三条市大島にある「侍ラーメン」です。
国道8号線にひっそりと佇む店構えとレトロな雰囲気の内装が一度来た人の目に焼き付きます。
お店の規模はそこまで大きくありませんが、遠くからリピーターがやってくるほどの人気店なのです。

店内は、
カウンター5席、
座敷に5卓。

12:00くらいでお客さんは2組。

内装は昭和でレトロな感じを出してます。

ウルトラマンなどの人形がいっぱい。

フィギュアか。

ここのポスターいいですね。

出典:http://www.iiyuyado.com/blog/kazenifukarete/2014/03/03/%E4%BE%8D%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%80%80%EF%BC%A0%E3%80%80%E7%87%95%E4%B8%89%E6%9D%A1/

ラーメンとどろたま

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/takeuchiyou1963/25908339.html

こちらのお店で食べられる燕三条ラーメンは、白と呼ばれる背脂の量を注文時に指定することが出来ます。
麺が見えないくらいたっぷり入れるのも良いですし、スープの旨味をより感じたいときはあえて背脂を少なめにするというのも一つの手段です。
モッチリ系の麺は歯ごたえが強く、この意外な食感がクセになること請け合いです。

ラーメンは燕三条系で、背油入りの醤油味スープに麺は歯応えあるモチモチした中太麺です。
背油は調節可能で白くなるほど入れる「シロラーメン」と頼む事も可能です。
小さく切ったメンマ、ねぎ、チャーシューが入っています。

出典:http://noodles.bbshin.net/kaetu/sanjo/samurai.html

侍ラーメンの隠れた名物として知られているのがどろたまという煮卵です。
ラーメンのスープの中に浮きながらも程よい塩加減を保つどろたまは、黄身のドロドロ食感がやみつきになります。
たっぷりの背脂とモチモチ麺、どろたまという三種の神器が揃った侍ラーメンで、燕三条ラーメンの魅力をご堪能ください。

どろたま。
中までいい塩梅で味がついています。
これは、オススメです。

派手さはないのですが、オススメの美味い一杯です。

美味かったですよ。
ご馳走様でした(^^)

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/tsuto_s/11547639.html

燕三条ラーメンで新潟グルメを堪能

新潟県のグルメといえばお米や魚介に目が行きがちですが、ラーメンも忘れてはいけません。
燕三条ラーメンの名店をチェックして、新潟グルメを満喫しましょう。

新潟を代表するガッツリ系グルメ!燕三条ラーメンのおすすめ店3選