美侍

手頃でコンパクトな定番車種!トヨタ「新型アクア」の魅力と最新情報に迫る

プリウスと並び、今やトヨタの看板車種のひとつとして名を連ねている「アクア」。比較的手ごろな価格帯ながら、使い勝手の良いサイズ感とトヨタ車らしい高性能で人気の車ですよね。そんなアクアが、2018年内を目標として、フルモデルチェンジが予定されているそうです!今回は「一体どんな車になるんだろう?」と気になっているあなたのために、従来のアクアの魅力をおさらいしつつ、新型アクアの特徴や最新情報などをまとめてみました!ぜひご参考ください。

手軽でエコな5ナンバー!トヨタ「アクア」の従来からの魅力って?

出典:http://b-cles.jp/car/nebiki/aqua_nebiki.html

トヨタ・アクアは、2011年から販売されているコンパクトハイブリッドカー。
ハイブリッドが生まれてからの車種なので歴史は短いですが、既に街中に浸透している非常に人気の高い車です。
その秘密は、やはり圧倒的な低燃費と安定した運転性能にあるでしょう。
トヨタの代表的なハイブリッドカー、プリウスをも上回る燃費は当時革新的で、普通車ながら恐ろしく経済的な車種として支持されました。

コンパクトカー(5ナンバー)なので、普通車の中では小回りが利くのも魅力。
狭い駐車場でも楽に動けるため、運転が苦手な方や免許取り立ての不慣れな方でも安心して乗ることができます。
しかし、意外と中は広く、ラゲッジスペースも充分な大きさ。
身体が大きな男性でも乗り心地が良いということで、男女を問わず購入者は多いようです。

発売されて5年ほど!小型ハイブリッド乗用車として販売されているアクア

アクア(AQUA)は、トヨタ自動車が2011年より製造・販売を開始している量産の小型ハイブリッド乗用車である。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2

ハイブリッドということもあり、圧倒的な低燃費と安定した走行性能が魅力!

・圧倒的な燃費性能
アクアの最大の魅力は、高い燃費性能です。
アクア販売前、トヨタのハイブリッドカーと言えばプリウスでした。プリウスの燃費は30.4~32.6km/L(グレードにより異なる)ですが、アクアは37.0km/L。
アクア販売以前、国内乗用車車名別販売台数で上位を誇っていたホンダの「フィット ハイブリッド」は36.4km/Lですから、アクアの圧倒的な性能の高さが光ります。

出典:http://www.goo-net.com/magazine/editors/554.html

・走行性
ハイブリッドエンジンを低い場所に搭載することで重心を低く保ち、空気抵抗の少ない車体デザインによって安定性の高い走行を楽しむことができます。
最小回転半径4.8mで小回りが効くのもコンパクトカーならでは。

出典:http://www.goo-net.com/magazine/editors/554.html

小型車なので駐車がカンタン!運転に不慣れな人でも安心

車が大きいと小回りや駐車も大変ですが、トヨタ アクアであれば駐車が苦手という人でも
安心して走らせることができるのではないでしょうか。

出典:http://xn--w8j7ia5c4d8b3nj38uud2a.biz/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF_%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%BE%B4.html

コンパクトだけど意外と広く、乗り心地もゆったり!男性でも運転しやすい

・広いラゲッジスペース
車体後部のラゲッジスペースは、Gグレードで305リットルの荷室容量を誇ります。
後部座席を倒すことが可能ですので、更に広いスペースを確保することもできます。

出典:http://www.goo-net.com/magazine/editors/554.html

身体が大きい人の場合、自分でも問題なく乗ることができるのかと不安に思ってしまうかもしれません。
ですが、トヨタ アクアは外から見た時と実際に乗ってみた時の
印象が違う車だと言われることも多いです。

というのも、実際に乗ってみると想像以上に空間が広く、
小柄な女性でなくても十分に乗りやすい車だからです。

出典:http://xn--w8j7ia5c4d8b3nj38uud2a.biz/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF_%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%BE%B4.html

更にカッコよく、更に先進的に!「新型アクア」は一体どうなる?

出典:https://carbikenews.xyz/aqua/

そんな魅力いっぱいのアクアですが、来年2018年に新型アクアとしてフルモデルチェンジされることが分かりました!
残念ながら詳細は分かっていませんので、「予想」の範囲内ではありますが、今のところの最新情報をお知らせします。
まず、デザインは未定です。
しかし、もしかしたら以前発表されたコンセプトモデル「プレミアクア」に近いのでは?と言われています。

思いきり抉ったようなフロントが非常に個性的で、カッコいいデザインですね!
燃費に関してはおそらく現行(新型)プリウスと同じ改良が加えられ、その数値を上回るのでは?とのことで、もしかしたらリッター45キロ程度になるかも!なんて期待もされています。
安全装備に関しては、現行アクアに搭載されている「トヨタ セーフティセンス C」をグレードアップし、新型プリウスに搭載されている「セーフティセンス P」が採用されるのでは?という声が。
発売は今年末(12月ごろ?)ということで、今から待ち遠しいですね。

デザインは残念ながら未定!もしかしたら以前発表されたコンセプトモデルに近くなるかも?

残念ながら現時点ではコンセプトモデルも含めて新型アクアのデザインの方向性を示す情報はありません。

ですがプラットフォームのTNGA(Toyota New Global Architecture)を採用したことで大きく変わることは間違いないことです。

出典:http://xn--o9jy06g0wf78i643dpwj.biz/?p=1810

皆さんは”プレミアクア:Premi AQUA”って知ってますか?

2013年の東京モーターショーに出典されたアクアをベースにしたコンセプトモデルの1台です。

アクアをベースにプレミアム性を高めて高級感を追求してボディーサイズも全長4030㎜×全幅1695㎜×全高1445㎜と拡大されています。

ここまでではなくても、新型アクアはこのプレミアクアに少し近いものかもしれませんね。

出典:http://xn--o9jy06g0wf78i643dpwj.biz/?p=1810

新型プリウスと同じ改良が加えられ、更なる低燃費を実現する可能性が!

現行アクアの1.5Lエンジン+モーターのハイブリッドシステムTHS-IIの基本設計は変わらないものの、新型プリウスと同じく

・エンジンの低フリクション最適化
・熱効率の向上
・モーターの効率アップ
・電気的な損失の低減

などの改良が加えられる予定で、トータルでの燃費性能を向上させる狙いになります。

出典:http://carbikenews.xyz/aqua/

フルモデル後の燃費はリッター45キロ!?少なくとも新型プリウス以上との期待

フルモデルチェンジされるて燃費は、42km/l~45km/lになりそうだ!!

最低でも新型プリウスの燃費40.8km/l越えは間違いない♪

またトヨタが新開発したプラットフォーム「TNGA」の採用によってコスト削減・剛性向上・軽量化などによって燃費だけではなく、走りの質も格段にアップされる見込みです!

出典:http://carbikenews.xyz/aqua/

安全装備も抜かりナシ!「トヨタ・セーフティセンス P」が採用される?

現在アクアにはトヨタセーフティセンスCが搭載されていますが、更に性能を向上させたトヨタセーフティセンス Pが採用される可能性があります。

新型プリウスにはトヨタセーフティセンス Pが搭載されていますね!

簡単にCとPの違いを説明すると

⒈全速度追随クルーズコントロール
⒉歩行者対応プリクラッシュセーフティシステム
⒊レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)

が一番の違いとなっていますね!

出典:http://carbikenews.xyz/aqua/

現行は?新型は?気になる「アクア」の価格とカラーバリエーションをチェック!

出典:http://toyota.jp/aqua/performance/operation/?padid=ag341_from_aqua_top_performance_operation01#

新型アクアの価格に関しても未だ明言はできませんが、現行アクアの値段から予想は既に出ています。
現行アクアは、標準モデルが180万円弱~200万円ちょっと、特別仕様車&スポーツカー仕様の「G's」は200万円弱~250万円弱とのこと。
しかし、新型アクアは性能面を鑑みるに、これより少し高くなるのでは?と考えられているようです。

予想では「190万円程度から」になるのではないかと言われています。
カラーバリエーションに関しても、現行アクアは全14色と非常に豊富ですから、新型アクアもきっと同じように(あるいはもっと)魅力的なカラーが出てくるだろうと期待されますね。
いずれにしろ、続報を楽しみにしたいところです。

現行アクアの価格(標準モデル)は、180万円弱~200万ちょっと!

グレード/メーカー希望小売価格(税込み)
AQUA L / 1,785,240円
AQUA S / 1,886,760円
AQUA Crossover / 2,062,800円
AQUA G / 2,062,800円
AQUA G ソフトレザーセレクション / 2,089,800円

出典:http://toyota-aqua-price.hatenablog.com/entry/2015/08/07/073117#kakaku

カラーは全14色!定番から個性派まで、必ずお気に入りが見つかる

スーパーホワイトⅡ、ライムホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、グレーメタリック、ブラックマイカ、ディープアメジストマイカメタリック、スーパーレッドⅤ、オレンジパールクリスタルシャイン、イエロー、フレッシュグリーンマイカメタリック。

左下からブルーメタリック、クールソーダメタリック、チェリーパールクリスタルシャイン、パープルメタリックになります。

出典:http://carinfosp.com/aqua-color/

気になる新型アクアの価格は「190万円程度」?続報を待て!

新型アクアでは、価格の抑えるためにリチウムイオンバッテリーではなく、コストを考えニッケル水素バッテリーの搭載が予想されます!

このニッケル水素を採用することで、価格は190万円程度になる予想で、発売日だが、2017年12月の発売が噂されています。

出典:http://carbikenews.xyz/aqua/#i-3

車買い替えるの待っとこうかなあ……新型アクアに早くも注目の声!

今年にも一部改良したため、現行アクアを「新型アクア」と称す人もいるようですが、いずれにしろ快適さや低燃費で評判が良いよう。

来年フルモデルチェンジされる方の新型アクアに関しても、早くも話題沸騰!「どんなデザインになるのかな?」「アクアが気になってたけど、来年新型が出るのか……」など、購入を検討している方の声が多く見られました。

低燃費&高性能!「新型アクア」を楽しみに待とう

いかがでしょうか?アクアはコンパクトカーならではの小回りとハイブリッドらしい低燃費、安定した走行性能などで人気を集めた、非常に魅力的な車なのですね。
新型アクアに関しては現在未知数ではありますが、今年末発売かも?ということは近々コンセプトカーが発表されるでしょうから、楽しみに待ちたいところです。

購入を検討している方は、今後もネットで続報や最新情報をこまめにチェックしてみてくださいね!

手頃でコンパクトな定番車種!トヨタ「新型アクア」の魅力と最新情報に迫る