美侍

ゆったりシートで楽ちんツーリング!スズキ「スカイウェイブ」の魅力に迫る

長年愛され続ける、スズキのビッグスクーター「スカイウェイブ」。250㏄でも大迫力の存在感と、ゆったりしたシートが魅力的なバイクですよね。今回は「ビッグスクーターが欲しいなあ……スカイウェイブってどんなんだろう?」「スカイウェイブカッコいい!乗り心地はどうかな?」と気になっているあなたのために、中でも使い勝手の良い250㏄を中心として、スカイウェイブの特徴や魅力、価格などをご紹介します!ぜひご参考ください。

どっしり座れる広々シート!「スカイウェイブ」の特徴とは?

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/an250sul2/style_price

スカイウェイブは、スズキから販売されているスクータータイプのオートバイです。
250㏄、400㏄、650㏄の3種類の排気量がラインナップされていますが、最も歴史が長いのは250㏄で、初代は1998年に発売しています。
当時はスズキ初のビッグスクーターとして注目を集め、瞬く間に大ヒットを記録しました。
今回は特に人気&歴史が古い「スカイウェイブ250」を中心にその魅力をご紹介致しましょう!

スカイウェイブの魅力は、何といっても「スクーター」という名を冠しているのが不思議なくらいのゆったりとした車体と迫力。
快適性とスポーツ性を両立した走行性能は、街乗りでも高速でも乗り手を気持ちよく運んでくれるほか、タンデムも楽ちんです。
制動力が抜群で操縦安定性も高いですが、フィーリングは自然なのだとか。
スズキ独自のセキュリティシステム「S.A.I.S」も標準装備されているため、防犯性も高く安心して乗ることができますよ。

スカイウェイブは、幅広い排気量から選べるスズキのスクータータイプのオートバイ!

スカイウェイブ(SKYWAVE)とは、スズキが製造しているスクータータイプのオートバイであり、排気量別にシリーズとして販売されている。排気量は250cc、400cc、650ccの3種類がラインナップされている。通称は“スカブ”、“空波”。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%96

特に人気の250㏄は1998年発売!スズキ初のビッグスクーターだった

スカイウェイブ250は1998年に発売された。スズキ初のビッグスクーターとして発売されたが、折からのスクーターブームに乗って予想外のヒット車種となり、後に設計を共通にしてある上位モデルのスカイウェイブ400も同年に追加発売された。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%96

快適性とスポーツ性を両立した走行性能で、街乗りも高速も楽ちん!

大容量のダンパーを採用したリンク式リヤサスペンションを装備し、1人乗りでも2人乗りでも、街乗りから高速道路まで幅広く、快適性とスポーツ性を両立した走行性能を発揮します。サスペンションユニットは車体下部の中央にレイアウトされ、安定した走りに役立つ低重心化にも貢献しています。

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/an250sul2/top

操縦安定性も高いけど、素直で自然なライディングフィールを味わえる!

フロントブレーキには直径260mmの大径ディスクを、リヤには直径210mmのディスクを採用し、高い制動力を発揮。また、フロントタイヤには120/80-14M/C 58S、リヤタイヤには150/70-13M/C 64Sの大径タイヤを採用。高い操縦安定性と素直なライディングフィールを両立しています。

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/an250sul2/top

スズキ独自のセキュリティシステム「S.A.I.S」を標準装備!盗難防止も徹底

S.A.I.S※トランスポンダー式イモビライザー

セキュリティシステムとして、スズキ独自のイモビライザーシステム「S.A.I.S」を標準装備。オーナーの所有するマスコットキーに内蔵されたICチップによってIDコード照合を瞬時に行うこのシステムは、キーシリンダーの破壊やキー複製などによる不正操作時には燃料噴射・点火をカットし、エンジン始動を不能とし車両盗難を抑止します。

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/an250sul2/top

現行のスカイウェイブ250には、電子制御式で走行モードが選べる「スカイウェイブM」と、ストリート仕様の「スカイウェイブSS」というモデルも用意されています。
いずれもスタンダードモデルよりはちょっとお高めですが、非常に魅力的ですね。

電子制御式で走行モードが選べる「スカイウェイブM」にも注目!

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/an250ml2/style_price

ストリート仕様の「スカイウェイブSS」もカッコいい!

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/an250ssl2/style_price

乗り心地はどう?「スカイウェイブ」の詳しい魅力に迫る!

出典:http://www.bikebros.co.jp/vb/bigscooter/bimpre/bimpre-20110120/

では、スカイウェイブの乗り心地や購入者の声を見てみましょう。
まず、変速モードが付いていないスタンダードモデル「スカイウェイブ タイプS」でも走りは良好で、高速でも力強く乗り手を引っ張ってくれます。
パワーにも余裕があり、しっかりとした足回りも非常に頼もしいとのこと。

購入者の声を見ると、とにかくデザインがカッコ良くてツリ目もクール!
オイル交換やオイルフィルターの交換もカンタンで、維持しやすいと高評価。
タンデムしても楽々2人乗れるシートで、収納面も充実しており、長時間乗っても疲れにくいとのことなので、カップルや夫婦で旅行に出かけるのも良いかもしれませんね。
その他にも足つきがよい、走りが滑らかなど、全体的に満足している方が多いようです。

スタンダードな「タイプS」でも走りは良好!力強く車体を引っ張ってくれる

 今回試乗したタイプSベーシックは、手元での変速モードなどもついていない一番スタンダードなモデルだが、街乗りやタンデムなどでのエンジンの力強さはさすがといったところ。高速道路でのタンデムでも、車体をラクラクと100km/hオーバーのスピードまでグイグイと引っ張ってくれる。

出典:http://www.goobike.com/learn/report/3/1030424/1030424.html

余裕のあるパワーと、しっかりとした足回りも頼もしい!

 スクーターに限らず、250ccクラスの車両では高速道路でのタンデム時や強風の中での走行時に力不足を感じることもよくある。
 しかしスカイウェイブではそんな状況でも余裕を感じることが出来るのだ。このアドバンテージは本当にありがたい。非力な車両では追い越し車線に入っても後から来る車にヒヤヒヤすることも多いが、これならば安心だ。もちろんそのゆとりによる恩恵は街中でも十分に感じる事が出来る。

出典:http://www.goobike.com/learn/report/3/1030424/1030424.html

 また、足周りに関しても非常にしっかりしており、高速コーナーでも安定して旋回をキープできるし、路面の継ぎ目を通過しても不安がなく、積極的な走りを楽しむ事も可能。とにかく走りの性能が充実している印象なのである。

出典:http://www.goobike.com/learn/report/3/1030424/1030424.html

カッコ良くゆったりした加速で、維持もしやすいと高評価!

尻上がりのスタイル。
ライトがかなりツリ目。
メーター照明がブルー。
ハンドルがメッキ。
ミラーもカスタムミラーみたい。
キーレスがとっても楽ちん。
フロント左右の小物入れを広げて走るとウイングみたい。
メットインが広い。
フロントステップに足乗せやすい。
燃料口がひさしになる。
パーキングブレーキかけやすい便利。
フロントウインカーがポジション化してある。
オイル交換が基本継ぎ足し6000km交換でよい。
ナンバーステーがイイ角度に曲げられる。
四輪車並みのもっさり加速。
オイルフィルター交換が簡単。

出典:http://www.bikebros.co.jp/community/IMP_bikeData.php?m=3&s=103&b=6

タンデムもラクラク!収納スペースが多く、長距離乗っても疲れにくい

かっこいい。
車体が大きい。
パワーがある。
収納多い。
長距離乗っても疲れない。
140㌔出る。
タンデム楽。

出典:http://www.bikebros.co.jp/community/IMP_bikeData.php?m=3&s=103&b=6

・足付きとても良し☆(自分は168cmで足が短いのでとても満足しています)

・シート下トランクがとても広い!(職業柄大きい荷物を運ぶ事が多いのですが、入るのでこれも満足)

・滑らかな走り(だと思っています)

・車重のおかげか安定感抜群

・意外とスリム(2002年式のCJ42タイプSなのでかなりスリムです)

・タンデムシートが広く、反り上がっているのでバックレストが無くてもある程度安心

出典:http://www.bikebros.co.jp/community/IMP_bikeData.php?m=3&s=103&b=6

いくらで買える?「スカイウェイブ」の新車価格と中古車情報をチェック!

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/an250sul2/style_price

では、スカイウェイブの新車価格と中古車情報について見てみましょう。
まず、最もスタンダードな「スカイウェイブ250 タイプS ベーシック」は65万8,800円と、250㏄のバイクの中ではやや高めと言えるでしょう。
しかも、これが電子制御式で走行モードが選べる「スカイウェイブ250 タイプM」となると73万4,400円と途端に8万円近く跳ね上がりますから、どちらにするか迷うところですね。

ちなみにストリート仕様の「スカイウェイブ250 タイプSS」は70万2,000円と、スタンダードよりは高く、タイプMよりは安く……といった丁度よい塩梅。
中古価格は最低7万8,000円~44万9,000円とかなり幅広く選択肢が用意されているようですから、経済的に厳しい……という方はぜひそちらもご検討ください。
乗り出し価格の全国平均は28.82万円とのことで、30万円ほど用意しておけば安心ですね。

安定のスタンダード!「スカイウェイブ250タイプS ベーシック」は65万8,800円

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
658,800円(消費税抜き 610,000円)

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/an250sul2/style_price

様々な走行モードが嬉しい!「スカイウェイブ250タイプM」は73万4,400円!

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
734,400円(消費税抜き 680,000円)

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/an250ml2/style_price

ストリート仕様で走りをもっと楽しく!「スカイウェイブ250タイプSS」は70万2,000円!

メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
702,000円(消費税抜き 650,000円)

出典:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/an250ssl2/style_price

中古価格は何と7万8,000円から!乗り出し価格も28.82万円と、新車に比べて非常に安い

中古車の価格相場
7万8000円~44万9000円

出典:http://www.bikebros.co.jp/catalog/3/103_6/dist-map/

全国平均:28.82万円(前月比-0.57万円)
最安:11.45万円, 最高:56.99万円

出典:http://moto.webike.net/SUZUKI/SKYWAVE250/summary/

ツーリングに!旅行に!スカイウェイブは若者人気も高い

スカイウェイブは250㏄でもゆったりとしたシートでツーリングにピッタリな点、収納スペースが広くて遠出も楽ちんな点などから、バイク好きにも人気のある車種のよう。
「ツーリング用にスカイウェイブが欲しい!」「スカイウェイブなら、旅行とかもいいだろうなあ……」など、皆さん様々に想いを馳せていますね。

通勤や通学に利用するのも良いですが、スカイウェイブを手に入れたらぜひ休日はツーリングや小旅行などに出かけたいものです。

サイズ以上の贅沢感!スカイウェイブで快適なバイク旅に出かけよう

いかがでしょうか?スカイウェイブはビッグスクーターという括りですが、サイズ以上の存在感とゆったりしたシート、贅沢な雰囲気を持つバイクなのですね。
タンデムもしやすいとのことですから、彼女との2人乗りに憧れる男性にとってもおすすめの1台と言えそうです。

少しでも気になった方は、ぜひスカイウェイブの公式サイトや中古車サイトなどを見て、購入を検討してみてくださいね。

ゆったりシートで楽ちんツーリング!スズキ「スカイウェイブ」の魅力に迫る