美侍

ワイルド&カジュアル!今流行の「グランジファッション」を極めよう

パンクとストリートの雰囲気をミックスしたワイルド系の装いだけど、普段キレイ目の格好をしている人にもチャレンジしやすい「グランジファッション」。今特に流行していると言われていますが、一体どのような服を買えばグランジファッションっぽくなるのでしょうか?今回は「流行ってるならやってみたいけど、正直よく分からない!」というあなたのために、グランジファッションの傾向やおすすめコーデなどをまとめました!ぜひご参考ください。

伝説のアーティストをイメージ!「グランジファッション」ってどんなファッション?

出典:http://spaz.blog120.fc2.com/blog-date-201101.html

グランジファッションの「グランジ」は「grungy=汚らしい・薄汚れた」が語源で、1990年代に一世を風靡したグランジ・ロックという音楽が元になっています。
グランジ・ロックの代表的なバンド「ニルヴァーナ」のボーカルであり、伝説的なアーティストとして知られるカート・コバーンが始祖と言われていて、彼のスタイルをこぞってファンが真似したことから流行が始まったそう。

グランジファッションはその名の通り着古して薄汚れた雰囲気のネルシャツやカーディガン、擦り切れたジーンズなどを気だるげに着るのが特徴的で、パンクの要素とストリートカジュアルの要素を併せ持つスタイル。
ちなみにカート・コバーン自体はファッションをグランジ、と称されるのは良くても、自分たちの音楽を「グランジロック」と言われるのは嫌っていたのだとか。
元々グランジファッションは貧しさを理由に生まれた(けど、彼の雰囲気とセンスが相まってカッコよく見えた)ものだそうですし、音楽性まで貧困のように捉えられるのは確かに屈辱的だったのかもしれませんね。

元々は1990年代、グランジ・ロックという音楽から生まれたファッション!

グランジファッションとは、1990年代前半に流行したグランジ・ロックから派生したファッション。もともとグランジー(grungy:汚い)という俗語が語源で、アメリカのファッション誌が命名しました。

代表的なものは、着古して擦り切れたネルシャツ(棉でできたフランネル地のシャツ)やカーディガン、穴の開いたジーンズやスニーカーです。その他、着くずしや重ね着などが特徴です。

出典:http://history.fashion-press.net/grungefashion.htm

ファッションの流行は繰り返すといわれてますが、また新たに注目されているグランジファッション。クラッシュデニムに着古したネルシャツ、組み合わせミックスの重ね着。もとは、1990年代に活躍した伝説の人物カートコバーンがしていたファッションがはじまりです。

出典:http://beatandone.com/grungefashion

グランジの語源は「grungy=汚らしい」!?粗雑だけど雰囲気があってオシャレ

1990年代を代表するグランジファッションは、当時お金の無かったグランジロックのミュージシャンやファンがしていたファッションのこと。グランジというのは、もとはグランジー(grungy=汚らしい)という意味の俗語。名前の通り、汚さやだらしない格好をしたファッションを指します。例えば、穴の空いた擦り切れたデニム、ダメージのあるネルシャツ、使い古したスニーカー。古着を組み合わせて着崩す。

出典:http://beatandone.com/grungefashion

中心的な人物は、伝説的ロックバンド「ニルヴァーナ」のボーカルだったカート・コバーン!

ニルヴァーナというグランジロックのフロントマンであったカートは、ボロボロのデニムやネルシャツ、カーディガン、スニーカーを着用し、若者達がこぞってお手本にしたのがはじまりです。その後ファッションとして確立し、現在ではパリコレのデザイナー(エディスリマンなど)たちにも影響を与えるほどのスタイルになりました。

出典:http://beatandone.com/grungefashion

カート・ドナルド・コバーン(Kurt Donald Cobain、1967年2月20日 - 1994年4月5日)は、アメリカのミュージシャン、ソングライター。ロックバンド・ニルヴァーナのボーカリスト兼ギタリストとして知られる。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%B3

グランジファッションのアイテムの中でも、特に始祖となるカート・コバーンが愛したアイテムについて紹介されています。

ハイファッションとしては80年代後半「マルタン・マルジェラ」が打ち出したスタイルが先駆!

ちなみに、ハイファッションの世界では80年代後半に有名デザイナーのマルタン・マルジェラが打ち出したものが先駆だと言われています。
マルジェラは古着を素材に衣服を再構築した「シャビールック」で業界に衝撃を与えたそうで、それまでの保守的でゴージャスな流れを変えたのだとか。

ハイファッションでは80年代後半にマルタン・マルジェラが打ち出しスタイルがグランジファッションの先駆と言われています。背景には消費社会を象徴するファッションのシステムへの疑問があり、そこからリサイクルなどの動きがでてきます。これをファッションの中で打ち出したのがマルジェラでした。

マルジェラは80年代前半のヨウジ・ヤマモト、 コム・デ・ギャルソンの影響を受け、古着を素材に、衣服を再構築した「シャビールック」で、ファッション界に衝撃を与えました。 この動きにより、80年代の保守的かつ、ゴージャスな流れが変わったと言われています。

出典:http://history.fashion-press.net/grungefashion.htm

とりあえずこれはマストバイ!グランジファッションを始めるためのアイテム3つ

では、グランジファッションを始めるためには一体何を購入すれば良いのでしょうか?
突然ちょっとくたびれた格好をしろって言われても、最近流行ってたキレイめを意識して服買ってたんだけどな……という方は、まず「ダメージジーンズ」を用意しましょう。
ダメージジーンズは全体の雰囲気を一気にロックに変えてくれる効果があるので、上は今まで通りシャツにカーディガンといったキレイめスタイルでも、グランジファッションの空気を醸し出してくれます。

その① 上はキレイめでもOK!一気に装いがロックに変わる「ダメージジーンズ」

出典:http://minamimitsuhiro.info/archives/4614469.html

出典:http://www.mag2.com/p/news/11942

その② ちょっとそこまで……な雰囲気がカギ!くたびれたネルシャツやカーディガン

続いては、いつものネルシャツやカーディガンの傾向をちょっと変え「ゆるく、くたびれた感じ」のものを購入してみましょう。
ネルシャツは赤を基調としたチェックがおすすめで、サイズは少し大きめ、ピタっとしすぎないものが良いでしょう。

カーディガンは下の画像(カート・コバーンをイメージして作られたものだそう)のように、素材が柔らかくくたっとしたデザインのものを選ぶとチャーミングに見えます。
上のネルシャツに下のカーディガンを合わせるだけで、気分はもうグランジファッションです!

出典:http://udemakuri.com/style/grungestyle.html

出典:http://whiteberry45.rssing.com/chan-21382151/all_p4.html

その③ ドクターマーチンが人気!ヴィンテージなブーツやスニーカー

最後にご紹介するグランジファッションアイテムは、ヴィンテージな雰囲気のブーツやスニーカー。
特にドクターマーチンが人気で、下記の画像のように中古あるいはヴィンテージ加工されたものだと、雰囲気が更にアップしますね。

ただし、注意したいのは「全身薄汚れたファッションにすると、ただのお金がない人に見えてしまう」ということ。
ダメージジーンズにネルシャツ、カーディガンという完璧なグランジファッションなら靴は新品で清潔感のあるものにするとか、逆に靴がヴィンテージ感満載なら上はちょっとキレイめにしてみるとか、その人なりの工夫が重要です。

出典:http://jamtrading.jp/horie/ladys/2015/09/23/6912/

出典:https://pixabay.com/ja/%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%91%A9%E8%80%97-%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8-1441119/

余裕があればロックTシャツや、フォックス型サングラスも買ってみて!

最後に、お金に余裕があればロックTシャツや、フォックス型のサングラスを購入するのも良いでしょう。
ロックTシャツはあまりにもプリントが派手だと浮く恐れもありますが、シンプルなものならチェックのネルシャツやカーディガンと合わせても違和感がありませんし、1枚で全体の雰囲気をカジュアルダウンさせてくれます。

フォックス型サングラスは若干上級者向けですが、カート・コバーンの愛用アイテムとしても知られているため、グランジファッションを極めたい!という方はぜひどうぞ。

出典:http://www.rockcrime.jp/product/2957

出典:http://www.standardbookstore.com/archives/66100079.html

これは真似したい!グランジファッションのおすすめコーディネート3選

最後に、ぜひ真似したい!グランジファッションのお手本コーデを3つご紹介致しましょう。

一口にグランジファッションといっても、いかにもカジュアルなものからスタイリッシュなもの、レトロな雰囲気があるものなど、傾向は様々なのだなと思わされますね。

これぞスタンダード!マッシュヘアによくマッチしたグランジファッション

最初にご紹介するのは、マッシュヘアによくマッチした定番グランジスタイル。
爽やかな白のロックTシャツにカーキのジャケットを羽織り、下はダメージジーンズ、腰にチェックのネルシャツを巻くという、これぞお手本という雰囲気のコーディネートですね。
全体的に生活感もあり、キレイめファッションが好きな女性にもウケそうな感じです。

出典:http://www.mensfashion.jp/coordinate/harajyuku/005523.php

今、身に着けている服・アクセサリーのブランドは:
ジャケット: USED/zondag/¥5,000
Tシャツ: USED/zondag/¥4,000
ボトムス: USED/zondag/¥7,000
スニーカー: コンバース/もらい物
ブレスレット: USED/zondag/¥10,000
ネルシャツ: もらい物

出典:http://www.mensfashion.jp/coordinate/harajyuku/005523.php

こんなにスタイリッシュでもグランジファッション!スカートも取り入れてワンランク上のオシャレに

続いては、モノトーンを基調としたスタイリッシュなグランジコーデ。
これもそうなの!?と驚く方もいるでしょうが、ダメージジーンズにチェックのネルシャツ、下はTシャツ……と、よく見ると意外とグランジファッション的な要素があることが分かります。
上下セットだから……と適当に合わせたようで、実は計算され尽くしたスカート使いがニクイですね。

出典:http://wear.jp/monomaniaof/3497350/

着用アイテム

チェーン付グランジチェックシャツ
トップス (ブラック系)

出典:http://wear.jp/monomaniaof/3497350/

パンツ (ブラック系)

出典:http://wear.jp/monomaniaof/3497350/

グランジチェックボトムパーツ
スカート (ブラック系)

出典:http://wear.jp/monomaniaof/3497350/

アクセサリー (ブラック系)

出典:http://wear.jp/monomaniaof/3497350/

90年代の雰囲気出てる!上級者向けのデニムonデニムスタイル

最後にご紹介するのは、90年代のレトロなグランジファッションの雰囲気を再現したスタイル。
デニムonデニムという上級者向けのコーディネートですが、よく見ると下はケミカルウォッシュのブラックデニムで、スタイリッシュ感もプラスされています。
オシャレにとことんこだわりたい方、バッチリロックに染まりたい方はぜひチャレンジしてみてください。

出典:http://jamtrading.jp/fs/jamtrading/c/grunge

こちらもデニムonデニムスタイルにネルシャツだけれどケミカルウォッシュのブラックデニムを合わせる事により少し80年代のニューウェーブ感もMIXしてみた。しかも足下にはエアジョーダンで特別感をプラス。こちらもロールアップがポイントでソックスは主張しすぎずさらりとアピールするのがオシャレ。ストリート感も強いけれどこれを自然に着こなすフィーリングがすごくカッコイイ

出典:http://jamtrading.jp/fs/jamtrading/c/grunge

ゆるくてオシャレで超カッコいい!グランジファッションで流行の最先端を目指そう

いかがでしょうか?グランジファッションは90年代に流行したスタイルの再燃で、今見てもオシャレなアイテムがたくさん使われているのですね。
オシャレだけど飾らない気だるげな雰囲気は、女性から見ても「独特の感じでカッコいい!」と思われそうです。

ファッションに興味がある方は、ぜひ手持ちの服に新しいアイテムを合わせて、グランジファッションに挑戦してみてくださいね。

ワイルド&カジュアル!今流行の「グランジファッション」を極めよう