美侍

ネルシャツの着こなしがポイント!きれいめ×カジュアルでモテる

モテる男子のファッションポイントは、「きれいめ」と「カジュアル」のバランス。「きれいめ」に偏りすぎてもだめ、「カジュアル」過ぎてもだめ。そんなアンバランスさを中和してくれ、いい感じに仕上げてくれる最強のアイテムがネルシャツです!地味だけどどこか親しみがもてる、ラフなのに1枚はおっているだけでいい人そう…そんなうらはらな魅力がつまったネルシャツというアイテムを、最大限に生かし、モテるコーディネートをご紹介します!

きれいめ派もカジュアル派も覚えたい「外し」テクニック

出典:http://wear.jp/fankycom104/7980112/

ついつい1つのスタイルを追求したくなる男性にこそぜひ気をつけてみてほしいのが、「外し方」。
ちょっと今回は、外し方について考えてみましょう。

最近のファッションは、「きれいめ」男子と「カジュアル」男子に分けられます。
そして、そのどちらともいえない男性が多いのも事実。
そんな、どちらともいえない人のほうが魅力的でモテる、ということも事実といっていいでしょう。

人気の「きれいめ」派とは

「きれいめ」とは、控えめ、シック、ドレッシーなスーツスタイルをいいます。
おもに、白いシャツやスラックス、革靴を好み、ジャケットをはおる人は「きれいめ」。
細身でモノトーンなアイテムが多いのも特長です。

こういうタイプの男性が、女性にうけているのもたしか。
特に、白シャツは鉄板アイテムですね。

「カジュアル」派の人気も高い

一方、一定のカジュアル派もいますよね。オーソドックスにモテてきたタイプです。
きれいめ派の逆を行くスタイルともいえるでしょう。
キーワードは、ラフ、カラフル、リラックス。
パーカー、デニム、プリントTシャツをゆるく着こなし、スニーカーで決めるスタイルが典型的なカジュアル派です。

出典:http://wear.jp/zipkon/7776203/

ほんとうにモテるのは「きれいめ」×「カジュアル」のかけ合わせ

最初に述べたように、きれいめファッションが女性に受けているといっても、どうもはっきりそうとは言いきれないところがあります。
きれいめ一筋、あるいはカジュアル一筋ではなく、そこに自分らしさがどこか透けて見えるような着こなしが好まれるよう。
具体的には「きれいめ7、カジュアル3」、「カジュアル7、きれいめ3」などのスタイル。

この「外し」が重要なんですね。
でも、なかなか「外し」は難しい技。

そして、こういうときに便利なアイテムが、ネルシャツなのです。

ネルシャツって失敗しやすいよね…

きれいめ派にとって、ネルシャツは一気に雰囲気を変えてくれる最強のアイテム。
カジュアル派にとっても、ネルシャツは王道のスタイルであり、これまた最強のアイテム。

しかし、誰にとっても、ネルシャツは効果が大きいだけに失敗する可能性が高いこともまたたしか。

見せる柄のボリュームを考える

出典:http://item.rakuten.co.jp/greenlabelrelaxing/f72718/

さらっとはおる、肩にかける、腰に巻きつける着こなしで、柄を見せすぎないようにしましょう。

柄が目に見える量によって、幼く見えがちなのです。
きれいめ派が決めたモノトーンの世界観を一瞬でくずしてしまうほどの威力を持ち合わせるネルシャツ。
どんな柄を選ぶかということと、着こなしによる柄の見せ方に気をつけましょう。

ネルシャツの上に無地のベストやジャケット、Pコートを合わせるコーディネートもおすすめ。

ネルシャツと同一色、同系色、同じトーンのボトムを選ぶ

出典:http://wear.jp/mitsuru5443/5800721/

ネルシャツをアイテムに加えるときは、全体の統一感に気をつけましょう。
手っ取り早いのはボトムをネルシャツと同一色、同系色、または同じトーンにすること。
上の写真の場合、同じトーンの着こなしですね。
洗練された大人の着こなし、それでいて親しみのこもった雰囲気が醸し出されること、間違いなしです!

シルエットはややタイトを目指す

出典:https://jp.pinterest.com/pin/478718635365423019/

ネルシャツの特長として、ゆるやかでふわっとしたシルエットが上げられます。
そこをあえてタイトに締まってゆくシルエットに。

もともとややタイトなネルシャツを選んだり、腰に巻きつけてきゅっと結ぶこと。

シルエットの印象って実はかなり大きいので、効果抜群の着こなしポイントなんです。

【BAYFLOW/オンブレチェック長袖シャツ】くたっとした色気でちょいカジ

出典:http://wear.jp/item/16309521/

では、今買って定番としても長く使えそうなネルシャツをご紹介しましょう!

まずはBAYFLOW、オンブレチェック長袖シャツ。
くたっとした質感がこなれた印象で、渋みを醸し出します。
タイトにして大人の雰囲気を魅せる方法もあるけれど、こんなふうにゆったりしたシルエットで大人カジュアルをたのしむのも◎。

ホリスターHollister Co.

出典:http://item.rakuten.co.jp/ntrl/10012693/

バリバリのアメリカ由来、アメカジスタイルのHollister Co.ですが、タイトなシルエットがきれいめ。
さらっとはおれば、たちまち隣の優しいお兄さん的なかっこよさを手に入れられる!

DELUXE WARE【ヘビーネルシャツ ブルーバッファロー】

出典:http://avenuewebstore.com/deluxeware/?page_id=140

本物の1枚ともいうべきネルシャツを持っておくのもいいのでは?
デラックスのこだわりは、古き良き1950年代のヴィンテージスタイル。
特長的なバッファローチェックの色の交わり具合が目に楽しく、ヴィンテージ感を高めます。
ずっと身につけたくなるための機能的なこだわり、男性の心をくすぐる細かいディテールに向けられた遊び心が魅力的。

ネルシャツは春夏秋冬使える!かも

いかがでしたか?
定番の1枚を持っていさえすれば、春夏秋冬、1年中いろんなシーンで使えるネルシャツ。
今年こそ魅力的な相棒、見つけてくださいね。

ネルシャツの着こなしがポイント!きれいめ×カジュアルでモテる