美侍

他にはない世界を見せてくれる!根強く人気なシボレー「アストロ」の魅力

既に生産終了されてはいるものの、その堂々とした風情と他にはない乗り心地から、未だ中古車市場で根強い人気を誇るシボレーの「アストロ」。アメリカ車ならではの存在感で、一度アストロに乗ったら他の車種には乗れない!とすら言われていますよね。今回は「アストロって人気あるみたいだけど、結構昔の車だよな……?」と気になっているあなたのために、シボレー・アストロの特徴や魅力、中古相場などについてまとめてみました!

一体どんなクルマ?シボレー「アストロ」の特徴とは

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD

アストロは、アメリカの自動車メーカー「ゼネラルモーターズ」の一ブランドであるシボレーから1985年より販売されていたミニバンです。
2005年までの長きに渡り人気を博していましたが、残念ながら現在では生産が終了されています。
しかし、未だ中古相場での支持が根強く、車好きの間では知る人ぞ知る車種と言えるでしょう。

特徴はまず見上げてしまうほどの高い屋根に力強いエンジン、そして存在感バツグンのボディ。
がっしりした体格のイメージを裏切らない丈夫さもあり、中古で購入してもほとんど修理いらずなのだとか。
初代から基本構成が大きく変わらないため、かなり昔の型でも人気が衰えないのも特筆すべきところです。

シボレー「アストロ」は、1985年から2005年にかけて販売されていたミニバン!

シボレー・アストロ(Chevrolet Astro)は、アメリカ合衆国の自動車メーカーゼネラルモーターズがシボレーブランドで販売したミニバンである。1985年から2005年にかけて生産された。姉妹車にGMC・サファリがある。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%9C%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD

ミニバンですので、乗車店員も8名、居住空間も広々とした車です。
よく、その容姿から、日産のエルグランドと見間違われることがあるようです。

出典:http://sikou-edamame.blog.so-net.ne.jp/2015-03-07

特徴は高い屋根に力強いエンジン、存在感バツグンの巨体!

シボレーアストロの特徴としては、高い屋根と、それに伴う巨体を全くストレスなく動かしてくれるハイトルクのエンジンにあります。シボレーアストロの内装は高級車独特のウッドパネルがちりばめられていて、とても大胆なのですが、上質でかなり好ましいですね・∀・

出典:http://tuginoshuuin.soragoto.net/

シボレーアストロの何よりの特徴としては、大きな巨体の持つ存在感ですね。その巨体は国産のミニバンをもはるかにしのぐでしょう

出典:http://tuginoshuuin.soragoto.net/

がっしりしたボディを裏切らない丈夫さ!修理費用も意外とかからない

スタークラフトのシボレーアストロの私は乗っていたのですが、「アメ車は壊れる」という定説をくつがえすほどの出来です。私はシボレーアストロの中古車を8年落ちで購入しそれでも2年くらい乗っているのですが、故障はオイルネーターが一度駄目になったくらいでその修理費用は5万程度だったので、全く問題ないです。

出典:http://tuginoshuuin.soragoto.net/

初代から基本構成が大きく変わらないのも特徴!

 初代モデルのアストロがデビューしてからすでに27年という月日が流れているが、アストロは2005年にすでに生産終了をしている。実質20年というご長寿モデルとなったわけだが、実はこのアストロというクルマ、初代モデルのデビュー当時から基本構成が大きく変わっていないのが特徴である。
 つまり、デビュー当時のアストロもモデル末期のアストロも、ほとんど変わらないシルエットを持っており、ボディサイズもほとんど変わっていないのである。

出典:http://amesha-world.com/regulararticles/detail.php?id=786

「操縦」感がたまらない!シボレー・アストロの魅力とは?

出典:http://www.lcsoundfactory.jp/works/astro/

では、シボレー・アストロの具体的な魅力とは何なのでしょうか?まず挙げられるのが「運転しやすく、高速でも安定した速度で走れる」というもの。
力強いエンジンと巨体の威圧感は、何だか運転が難しそう……という印象を抱かせますが、実際に乗ってみると逆に扱いやすく、どんな状況でもパワフルな走りを見せてくれるのだとか。

運転席に乗った時の視界の広さや重厚な走行感は「運転というよりも操縦」という評価も得ており、その童心に戻れるかのような楽しさが窺えますね。
中はとにかく広く、長旅でも疲れを感じさせないゆったり空間。
小回りが利くため100円パーキングにも停められますし、燃費も良いと評判です。
中古の外車ですから国産車に比べれば税金は高いですが、本体価格が比較的リーズナブル&カスタムしやすく丈夫なため、メンテナンス費用があまりかからないところも嬉しいですね。

運転しやすく、高速でも安定した速度でパワフルな走りを見せてくれる!

とても運転しやすいというのが第一印象。大きなクルマを運転するぞという気負いは、タイヤが転がり出した瞬間から消える。大きさの割に、という注釈は必要ない。短いボンネット、見切りが良いボディ、軽々と回るパワーステアリング、最小回転半径:6.5メートルという数値がウソのように感じられる取り回しの良さ、低回転からトルクフルに反応するエンジンなどなど。運転に自信がない人でも一度ステアリングを握れば、運転のしやすさに驚くはずだ。

出典:http://www.motordays.com/newcar/articles/astro20040319/

今回は高速道路を300kmほど試乗。快適な速度域は80~120km/hくらい。これは米国の郊外の道路に多い制限速度の時速55~75マイル(約90~120km)に匹敵する。彼の地ではスピード取り締まりが厳しいのでこれ以上飛ばすことはまずない。3車線以上が多いので慌てて追い抜く必要もない。つまりクルーズコントロールで一定速度で走る時の快適性が重要で、アストロはその要求にピンポイントで応える。条件としては日本の高速道路に似る部分があるから、こうした点も人気の理由の一つだろう。

出典:http://www.motordays.com/newcar/articles/astro20040319/

運転というより「操縦」!?アメ車ならではの自由で居心地の良い空間

【良い点】
 重厚な走行感。運転というよりは操縦という感覚。また、走行の優越感は得られると思います。
 乗り心地は、運転席・助手席位置よりも2列目での満足感は大きい様子です。

出典:http://www.goo-net.com/php/car_review/detail_list.php?car_cd=55082601

【総合評価】
素晴らしい移動空間です
【良い点】
国産にはない存在感 アメ車ならではの、なぜか自由を手に入れたような所有する歓び

出典:http://www.goo-net.com/php/car_review/detail_list.php?car_cd=55082601

広さ、小回り、燃費など、いずれも年代を感じさせないほど良い!

ハッタリが効くのか、他の車からのいやがらせを受ける事がほとんどない。その為、イライラする事もなくマイペースでゆったり走る事ができる。

室内スペースが広く、定員乗車しても、子供用の自転車2台ぐらいは楽に積載可能。(国産ミニバンだと定員乗車だとほとんど荷物が積めない。)

意外と小回りが利くので100円パーッキングでも駐車可能。

フロントウィンドウやほかの窓も垂直ぎみで、日差しが余り入りにくい為か駐車していても室内の温度が上がりにくい。

この車格の車にしては燃費が良く、最高で10.4km/h走ったこともある。
少なくともエルグランドよりは良い感じがする。

パーツがとても安く、整備する業者によっては国産車よりむしろ安いぐらい
である。

出典:http://www.goo-net.com/php/car_review/detail_list.php?car_cd=55082601&review_id=40642&baitai=iphone

カスタムしやすく、中古外車にしては購入&維持しやすい費用!

編集部:シボレー・アストロはカスタマイズ費も込みで、ぶっちゃけ、いくらかかりましたか?

ゆうみんさん:総額120万円です。車両本体、タイヤ&ホイール変更、ナビ・ETC・バックビューモニター・モニター付ルームミラー装着、内装カスタマイズ、諸費用込みです。いつか自分でクルマを買う日のために…とコツコツ貯めた貯金でまかないました。

編集部:意外にお安いんですね!維持費はどれぐらいかかっていますか?

ゆうみんさん:駐車場代が20,000円/月、自動車保険料が約55,000円/年、税金が171,900円/年(自動車税・重量税)、ガソリン代が約7,000円/月。いずれも2台分の費用です。あとは県外にサーフトリップへ行くと、1回(週末2日間)につき5,000円ぐらいでしょうか。

出典:http://www.cartime.jp/hiwa/022_astro_02.html

人気ってことは高い?シボレー・アストロの中古相場をチェック!

出典:http://www.goo-net.com/catalog/CHEVROLET/CHEVROLET_ASTRO/9001911/

中古だけど人気……このワードで何となく「新車じゃなくても高いんじゃない?」という嫌な予感がしてきますね。
しかし、シボレー・アストロの中古相場は最低何と14万円程度からと、意外にもリーズナブルです。
ただ、最高価格は400万円程度なので、状態によってかなり開きがあるとは言えますが……。

平均価格が80万円弱ということですから、状態にこだわりがなければ大体100万円前後用意しておけば、ある程度のシボレー・アストロは購入できそうですね。
当然ながらモデルが新しいほど相場は高くなるようで、特に生産終了した年(2005年)のものは出回った数が少ない分高額かもしれません。
中には個性的なカラーや、魅力的にカスタムされたものも。
前述した最高額の400万円クラスも見つけましたが、やはり既にカスタムされた中古車で、非常に華やかな装飾が施されていました。

中古相場は、9万円~400万円強と幅広い!(記事公開時)

9~428万円(182件)
新車時: 329~445万円

出典:http://kakaku.com/kuruma/used/maker/%83V%83%7B%83%8C%81%5B/%83A%83X%83g%83%8D/%91%8A%8F%EA/

シボレー シボレーアストロ(CHEVROLET_ASTRO)LT 4WD(1996年11月)カタログ・スペック情報

新車価格
3,900,000円
中古車価格帯
9~428万円

出典:http://www.goo-net.com/catalog/CHEVROLET/CHEVROLET_ASTRO/9001911/

平均価格は80万円弱!(記事公開時)特にこだわりがなければ、100万円程度用意しよう

平均価格:77.1万円
価格帯:9万円~428 万円

出典:http://www.carsensor.net/usedcar/bCH/s001/

モデルが新しければ新しいほど、中古相場は高くなる!

個人的な意見では、60~80程度が、一番アストロの人気のあった95~97あたりで、100万超えなら00以降かな?
05モデル、最終型は滅多に中古で見ないけど、あれば結構いい値でしょうね

出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1095993750

中には個性派カラーや、魅力的にカスタムされたものも!

出典:http://www.daiban.com/vcsMember/stockdetail/37-1_520805.html

出典:http://kakaku.com/kuruma/used/item/385235/

何と400万円!?華やかにペインティングされたカスタムモデル

非常に個性的なシボレー・アストロのカスタムモデルです。
中古ながら400万円近い値が付いています。

老若男女を問わない!シボレー・アストロに憧れる人々

シボレーのアストロは、シンプルなボディラインながらどっしりとした重圧感があり、一度見たら忘れられないフォルムをしているためか、若者の中にも「欲しい!」と憧れる人は多いよう。
その巨体にも拘わらず女性人気もあるようですから、モテたい男性の皆さんも要チェックですね。

先日は人気アニメにも登場していたようで、その知名度が窺えます。

頼もしくて自慢できる!シボレー・アストロで人々の視線を集めちゃおう

いかがでしょうか?シボレー・アストロは頼もしくてつい人々の注目を集めてしまう、魅力的なミニバンなのですね。
他にはない視界の良さと操縦感で、これに乗ったらもう他の車には乗れない!なんて声もありますから、一度試乗して体感してみたいものです。

少しでも気になった方は、ぜひ中古車サイトを探ってみたり、お近くの中古車販売店を訪ねたりしてみてくださいね。

他にはない世界を見せてくれる!根強く人気なシボレー「アストロ」の魅力