美侍

よりクールに!より個性的に!発売後の「新型インプレッサ」の魅力を再検証

スバルの中でも長い歴史と親しみやすさを持ち、それでいてスタイリッシュ感も忘れないハッチバック&セダン「インプレッサ」。いよいよ2016年秋には新型が登場しました!今回は「インプレッサってカッコいいよなあ」「新型って、一体どこが変わったんだろう?」と気になっているあなたのために、新型インプレッサの特徴や魅力、価格など最新情報をお届け致します!これを読めば、早速新型インプレッサを予約したくなってしまうかも?

発売前から話題だった!新型スバル「インプレッサ」の変更点は?

出典:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

スポーティーな走りと高い居住性で、長年人気を集めてきたスバルの車種「インプレッサ」。
2016年10月、満を持して新型が発売されましたね!

新型はインテリアの質感が向上し、スバルの最新デザインテーマ「ダイナミック×ソリッド」を採用。
躍動的なラインや力強いフォルムなどが早くも注目を集めています。
従来通り4ドアセダンと、5ドアハッチバック「インプレッサ スポーツ」の2つのモデルに分かれているため、用途に合わせて選ぶことができますね。

最も注目されているのは、大注目のパワートレイン「FB型 水平対向4気筒DOHC 直噴エンジン」。
この新エンジンはより一層の力強さはもちろん、燃費の向上も期待できるということで、発売前から非常に話題になっていました。
4輪駆動システム、スマホ連動機能など、装備も充実しており、歩行者保護エアバッグや最新版のアイサイトといった安全装置も全車に標準装備されています。

インテリアの質感向上!スバルの最新デザインテーマ「ダイナミック×ソリッド」を初採用

出典:http://carmuse.jp/impreza-fullmodelchange

スバルの今後のデザインテーマである「ダイナミック×ソリッド」が新型インプレッサで初めて採用されますが、塊感なフォルムや躍動的なライン使いから新デザイン・フィロソフィーを感じ取ることができます。

フロントマスクは現行モデルから大きな変化はありませんが、リアビューはリアコンビランプが倍以上大きくなりスポーティーでスタイリッシュなデザインとなっています。少し釣り目気味で現行のクラウンと少し似ていますね。

ヘッドライトは、レヴォーグやBRZと同じく「ホークアイLEDイルミネーションランプ」が採用されています。

出典:http://carmuse.jp/impreza-fullmodelchange

出典:http://carmuse.jp/impreza-fullmodelchange

それぞれに魅力アリ!4ドアセダンと5ドアハッチバックの2種モデル

出典:http://car-topic.com/new-impreza

■4ドアセダン「G4」

全長4,625mm×全幅1,775mm×全高1,455mm

※北米仕様よりも全幅が2mmだけ短い

■5ドアハッチバック「スポーツ」

全長4,460mm×全幅1,775mm×1,480mm

※北米仕様よりも全幅が2mm短く、全高が25mm高い

出典:http://carmuse.jp/impreza-fullmodelchange

最新の安全装置や4輪駆動システム、スマホ連動機能など、装備も充実!

⒈FB20型の改良エンジン(部品80%刷新)
⒉改良型リニアトロニックトランスミッション
⒊シンメトリカルAWD駆動システム
⒋アクティブトルクペダリング標準
⒌静粛性 旋回性 軽量高剛性 衝突安全性に長けたプラットフォーム
⒍アイサイト+バックソナー自動ブレーキ
⒎デザインコンセプト DYNAMIC × SOLID 採用
⒏Apple CarPlay / Android Auto 対応マルチインフォメーションシステム

出典:http://sport-car.akakagemaru.info/new-car/post-11563/

大注目のパワートレイン「FB型 水平対向4気筒DOHC 直噴エンジン」にも注目!

次期インプレッサには新開発された「FB型 水平対向4気筒DOHC 直噴エンジン」が搭載されます。

この新エンジンは、従来の自然吸気エンジンから約90%もの部品を刷新して軽量化を実現。出力を高めるとともに燃費性能も向上しています。

北米モデルでは2.0リッターが設定されていますが、国内向けに1.6リッターエンジンも追加されるとみられています。

出典:http://carmuse.jp/impreza-fullmodelchange

歩行者保護エアバッグ&アイサイトを全車標準装備!

歩行者にも思いやり「スバル初の歩行者保護エアバッグ&アイサイトver.3」を全車標準装備。

歩行者エアバッグは20-30/1000秒で衝撃を検知し、エアバッグが開くまでの時間はわずか30-40/1000秒。

エアバッグ動作範囲はAピラールーフトップから少しした側から、地面から2200mm程度までをカバー。小さな子供さんを保護にはエンジンフードが柔らかく設計されており頭部を保護。

出典:http://sport-car.akakagemaru.info/new-car/post-11563/

乗ってみた感じはどう?新型インプレッサの試乗記やレビューをチェック!

出典:http://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

では、いよいよ発売された新型インプレッサに実際乗ってみた感想や、実物を目にした方の印象などを探ってみましょう!
まず、デザインは予想以上にスタイリッシュ。
スバルならではのテイストを損なわず、それでいて流行を追い求める流麗かつスタイリッシュなデザインで、以前のインプレッサと比べても個性が際立ちます。

インテリアも更に上質に!欧州のプレミアムカーにも劣らないと言われるほどで、スバル車の中でも比較的リーズナブルな車種とは思えない出来だそう。
試乗記に関しては、どれを見てもとにかく絶賛の嵐!といった感じ。
スムーズで爽やかな走り、静粛性の高さ、疲労を緩和してくれるシートの座り心地の良さ……全てにおいて上質ながら、主張しすぎない奥ゆかしさのある1台です。

デザイン・性能共に現行スバル車の中で最高のクオリティという声もあるほど、新型インプレッサは最新技術とこだわりが詰まっているのですね。

実物は予想以上にスタイリッシュ!美しさとカッコ良さを併せ持つデザイン

ワイド&ローの流行り+スバルテイストが融合した新型は写真もですが、実物はさらにかなりスタリッシュでいかしたアイツです。先行展示会のときは新旧インプレッサが並んで置かれていたのですが横に並べられると別物ってくらい、すっかり御立派になられました。

出典:http://review.kakaku.com/review/K0000319106/

インテリアの質感も向上!ワンランク上の満足感が得られる

質感は確実に上昇しています。2.0i-S EyeSiteの内部に施されたシルバーステッチや、ナノイーエアコン、オプションの本革シートを見ると欧州のプレミアムカーにも劣らない質感で、ワンランク上のEセグメントの満足感が得られました。

300万円に満たない車でこの高級感はスバルのような国産メーカーでしか堪能できません。

出典:http://autoinfopremium.com/inpreza-newmodel/#i-4

試乗レビューは絶賛の嵐!静粛性が高く爽やかな走りだけど、主張しすぎないナチュラルさ

名古屋駅から出てまず感じるのは静粛性の高さで、遠くで高周波系の音がわずかに聞こえる程度。当然、エンジン音などはほとんど聞こえない。

さらに走り出すと、タイヤの転がる感じがとてもまろやかに手のひらに伝わってくる。スッキリと転がる感じは爽やかだ。

出典:http://autoc-one.jp/subaru/impreza_sports/report-2970560/0002.html

しかしながら新型インプレッサは、ことさらそれを強調するような演出や味付けはしていない。あくまでもナチュラルに、あくまでも気持ちよい範疇を抜け出ない、ともすればドライバーは無意識のうちに走り抜けてしまう。そんな絶妙なコーナリングを見せる。

出典:http://autoc-one.jp/subaru/impreza_sports/report-2970560/0002.html

自信を持って薦められる!デザイン最高&性能面も抜群で、ロングドライブも快適

デザイン、エクステリアとも現行スバル車で最高のクオリティ!ボディサイズも全長4,460mm(G4は4,625mm)、全幅1,775mmとちょうどいいサイズ。惜しむらくはエンジンがもう少しだけ元気だといいのですが、世界最高の安全装置Eyesightが作り出す安全性とイージードライビング、静粛性でロングツーリングも快適(シートの座り心地はいいですが、お尻が痛くなるかどうかは長距離乗らなきゃわかりません)だと思います。

少なくともこのクラスでの国産車では、マツダアクセラとともに自信をもってお勧めできるクルマです。

出典:http://ameblo.jp/seki-monodzukuri/entry-12220037424.html

意外とリーズナブル!新型インプレッサの価格やグレードをチェック

新型インプレッサの気になるグレードやお値段ですが、グレードは今のところ1.6リッターの標準グレード、2.0リッターの標準グレード、2.0リッターの上級グレードの3つのモデルが販売されています。
価格はスタンダードな1.6リッターが192万2,400円~213万8,400円、2.0リッターが216万円~237万6,000円、2.0リッターの上級グレードが237万6,000円~259万2,000円。

「インプレッサ G4(セダン)」にも「インプレッサ スポーツ(ハッチバック)」にも同じグレードが用意されており、価格も同じなので、どれにしようか迷ってしまいそうですね。
最低価格は200万円を切っている上、最上級グレードでも260万円弱ですから、意外とリーズナブルなのも嬉しいところです。

現在販売されているグレードは、1.6リッター1種、2.0リッター2種!

1.6リッター標準グレード 装備内容

・マニュアルモードパドルシフト
・電動パーキングブレーキ
・マルチインフォメーションディスプレイ

・2.0リッター標準グレード 装備内容

・本革巻きステアリングホイール
・セレクトレバー
・インパネ&シート シルバーステッチ

・2.0リッター上級グレード 装備内容

・標準グレード内容含む
・LEDヘッドライトユニット
・エアロサイドスポイラー
・18インチアルミホイール
・アクティブトルクベクタリング
・電動パワーシート
・キーレスエントリー
・プッシュスタート
・イモビライザー

出典:http://sport-car.akakagemaru.info/new-car/post-11563/

グレードによって最低200万円弱~260万円弱!セダンもハッチバックも同じ

1.6i-L EyeSight (FF)・・・192万2400円(税込)
1.6i-L EyeSight(AWD)・・・213万8400円(税込)

2.0i-L EyeSight (FF)・・・216万円(税込)
2.0i-L EyeSight(AWD)・・・237万6000円(税込)

2.0i-S EyeSight (FF)・・・237万6000円(税込)
2.0i-S EyeSight(AWD)・・・259万2000円(税込)

出典:http://karakuchikei.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

スバルを代表する看板車のひとつ!「インプレッサ」の系譜を知ろう

出典:http://response.jp/article/2016/03/23/272033.html

そもそもインプレッサとは、初代発売は何と1992年!という、スバルの歴史あるセダン/スポーツワゴン。
車体が低めで低重心、かつ低振動なのが売りで、快適なドライブを実現できる車として評判が高い車種です。
スバル車は元々他の車メーカーとは一線を画した独自路線を歩んでいることで知られていましたが、最近トヨタと資本提携したことで、燃費が向上され一般向けの仕様を取り入れるようにもなったのだとか。

今回新型となった現行インプレッサは5代目。
なぜインプレッサがそこまで長年愛され続けているかといえば、何より飽きが来ないスタイリッシュなデザインが最大の理由だと言われています。
時代によって流行り廃りがありませんし、アイサイトをはじめとした安全装備もバッチリで、カッコ良さと使いやすさを兼ね備えているのですね。
ハッチバックタイプの「インプレッサ スポーツ」も、更に向上した走りで人気を集めています。

発売は1992年!数十年の歴史を誇るスバルの看板車

インプレッサ(IMPREZA)は、スバルブランドを展開する富士重工業が生産・販売する乗用車である。1992年に発売を開始した。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B5

低重心で低振動!トヨタの資本に入ったことで更に一般向けに

低重心で横風の影響を受けにくく設計してあることで安定感を保ち、水平対向エンジンを採用により運転時の振動を軽減させていますので、快適なドライブが楽しめるのです。

スバル車は他の自動車メーカーとは異なる独自路線を歩んでいましたが、それがトヨタの資本に入ったことで方向を転換、万人受けするタイプの仕様を取り入れるようになったのです。
新型で発売されたインプレッサも旧型より大幅に快適性をアップるため、広めの室内空間を実現し燃費も大幅に向上させたのです。

出典:http://www.goo-net.com/magazine/editors/634.html

飽きが来ないデザイン!「アイサイト」が搭載され、安全性もバツグン

現在は車の買い替えサイクルが長くなっていると言いますので、インプレッサがその需要にマッチした車種と言えるのは、デザインが無難で飽きが来なく、モデルチェンジまでの期間が他社や他車種より長いためです。

出典:http://www.goo-net.com/magazine/editors/634.html

安全性にも優れた機能が多く搭載されており、テレビCMでもおなじみのアイサイトという機能は、ステレオカメラが内蔵されていて前方の状況を監視し、状況に応じて運転をサポートしてくれるのです。

衝突を回避する機能、プリクラッシュブレーキは危険を事前に察知して衝突を避けるように働いてくれるのです。

出典:http://www.goo-net.com/magazine/editors/634.html

つい注目してしまう!新型インプレッサに皆興味津々

5年ぶりのフルモデルチェンジということで、期待も大きかった新型インプレッサ。
発売されて数ヶ月が経つ今も、駐車場や街中で見かけるとつい注目してしまう!という人が多いようです。

近くにスバルのお店がある方は、ぜひ一度実物を見に行ってみてはいかがでしょうか?きっと画像とはまた違った風情が感じられるはずですよ。

高級感&乗り心地アップ!歴史ある「インプレッサ」の新型をチェックしよう

いかがでしょうか?インプレッサは元々スバルの代表的な人気車として歴史を重ねてきましたが、新型は更にラグジュアリー感や走りの楽しさがアップして、非常に魅力的な車となっているのですね。

何より人目を惹く美しさを持ったデザインですから、街中で見かけたら「あ、インプレッサだ!」とつい眼で追ってしまうはず。
少しでも気になる方は、今からでもぜひスバルのお店やサイトなどで情報をチェックしてみてくださいね。

よりクールに!より個性的に!発売後の「新型インプレッサ」の魅力を再検証