美侍

クラシカル&ビューティーで女性人気も高し!ホンダ「CB223S」の魅力に迫る

ネイキッドならではの軽やかさ、力強さと、クラシカルで優し気な美しさを兼ね備えたホンダのバイク「CB223S」。その風体から女性人気も高い!とされていますよね。今回は「女の子にも人気って、モテるバイクってこと?」「レトロなバイクが好きなんだよなあ……」と気になっているあなたのために、CB223Sの特徴や魅力、価格などについて詳しくまとめました!これを読めば、CB223Sのカタログを今すぐ取り寄せてしまうかも?

自然の景観にもピッタリ嵌まる!「CB223S」ってどんなバイク?

出典:http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/simpre/simpre-20100304/

CB223Sは、2008年に発売されたホンダのレトロ系ネイキッドバイク。
自然をバックにしても映えるクラシカルなデザインと、扱いやすいシンプルな装備が特徴的な車種で、人気車「FTR223」の姉妹車としても知られています。
兄弟車ではなく「姉妹車」と称されるのは、女性からも支持される美しいボディにあるのかもしれませんね。

しかし、外見のたおやかさとは裏腹に力強いエンジンと、素早く軽快な動きを実現するサスペンションも特徴的で、走りに関しても非常に特化しているのだとか。
CB223Sの軽やかでスムーズな走りは、ストリートでも目を惹きそうですね。

2008年に発売された、ホンダのレトロ系ネイキッドバイク!

型式名JBK-MC40。2007年東京モーターショーで参考出品車(市販予定車)として展示発表された後、2008年4月11日に発売。

車両解説
CBシリーズのレトロ系ネイキッドモデルである。二輪車のある生活をもっと身近に楽しむことを目的に「ベストマッチアイテム」をキーワードとし、軽量・コンパクト・軽快感に重点を置いて開発された。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BBCB223S

扱いやすさ&シンプルさが魅力!自然にも映えるクラシカルなデザインも眼を惹く

ベーシックなスタイリングにこだわり、タンクデザインにはスリムなティアドロップタイプを採用。
ショートタイプのセミアップハンドルや丸みを帯びたサイドカバー、フラットシート、丸形ヘッドライトなどと相まって、シンプルでクラシカルなイメージを追求している。

出典:http://www.honda.co.jp/CB223S/equip/design/index.html

「CB223S」は、前述のカテゴリに含まれる、シンプル志向の1台だ。オーソドックスなスチール製ダブルクレードルフレームに、ホンダの定番とも言える空冷OHC単気筒エンジンを搭載。クラシカルな外観とスタンダードな車体構成を与えられたモデルとなっている。今年はCB223Sのデビュー3年目となり、カラーリングを変更するだけでなく思い切った価格の引き下げも行われた。シンプルで扱い易さを重視したマシンであることから、バイクライフに対する「ベストマッチアイテム」と言うキーワードを与えられているCB223S。

出典:http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/simpre/simpre-20100304/

人気車「FTR223」(画像)の姉妹的な存在でもある!

出典:http://minkara.carview.co.jp/en/car/honda/ftr223/note/

実質的にはFTR223をベースにした姉妹車でホイールなど共通部品であるほか、本来はSL230用に開発されたMD33E型空冷4ストローク2バルブSOHC単気筒エンジンを搭載する。しかしフレーム剛性・サスペンションセッティング・オンロード用タイヤ装着など本モデル向けに設計変更も実施した。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BBCB223S

素早さと軽快さで安定した動きを実現する、エンジン&サスペンション!

エンジンは、軽量・コンパクトな223cm3空冷4ストローク単気筒。穏やかなスロットルレスポンスとトルク特性により、街中での扱いやすさを重視したセッティングとしている。
ミッションは様々なシーンで扱いやすく、伸びのある加速を実現する5速のワイドレシオタイプ。
セルフスターター採用により、素早くスムーズなエンジン始動を可能としている。

出典:http://www.honda.co.jp/CB223S/equip/engine/index.html

フロントサスペンションは、正立タイプのテレスコピック。リアサスペンションには、コントロール性に優れるモノショックユニットと高剛性のスイングアームを採用。135kgの軽量ボディーと相まって、軽快で安定感のあるフットワークを発揮する。

出典:http://www.honda.co.jp/CB223S/equip/suspention/index.html

実際走ってみると?使いやすさは?CB223Sの魅力を徹底解剖!

出典:http://www.honda.co.jp/CB223S/photo/01/index.html

では、CB223Sの具体的な魅力や使い勝手について見てみましょう。
まず、走りに関しては前述した通り力強く、スペック以上に「バイク本来の楽しさ」を伝えてくれるものだと言われています。
過度なパワーや装備がないシンプルな車体だからこそ、バイクとしての素の感覚が味わえて、とにかく楽しいのだとか。

高速でも街乗りでも無理なく動かせる使い勝手の良さで、通勤でも休日の趣味でも万能感を与えてくれます。
車体が軽く低燃費で扱いやすいため、初心者でも楽に運転できるのも利点。
同じくバイク好きの彼女がいる方は、お揃いのCB223Sでロングツーリング……なんていうのもロマンがあって良いですね。

スペック以上に、「バイク本来の楽しさ」を伝えてくれる走り!

数字で見るスペックは、同クラスの他モデルに比べて抜きん出たものではないが、街中を走っている分には必要にして十分なもの。むしろ、過度なパワーや装備が無い分気軽で、もっと言えばバイクとして“素の感覚”が強く伝わってくるのだ。

出典:http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/simpre/simpre-20100304/

ライダーのアクションに対して、溢れ出る馬力、高性能なサスペンションやブレーキシステムがサポートしてくれない代わりに、「ここまで曲げられる」「こうやれば速度が出る」といったバイクからのインフォメーションが分かり易い。しかもこの情報が過敏に発せられるのではなく、ほど良い密度で届けられるので安心してバイクとの対話に没頭出来るのだ。

特に足回りの味付けは秀逸に感じる部分。こういったクラシカルな出で立ちのモデルに多いツインショックではなく、サスペンションストロークの長いリンク式モノショックを採用しているため、コーナーリングでの安定感が高く、18インチホイールのクイック過ぎない寝かし込みとの組み合わせで、肩の力を抜いて心地の良い旋回を楽しむことが出来る。

出典:http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/simpre/simpre-20100304/

高速でも街乗りでも無理なく動かせる使い勝手の良さ!

XZ400Dのような高速ロングツアラーもよし、SRX250のように軽量軽快な乗り味で上のクラスのバイクをコーナリングでぶっちぎる快感もよし。
でも、街乗りの足としてのんびり走るのもその気になれば峠に乗り出してマイペースでコーナーワークを楽しむのも、バイクとの一体感の中で無理なくこなせるバランスの良さは今まで味わったことのない感覚。きっとこれがバイク本来の楽しさなんだという幸せ感を味あわせてくれる渋いバイクです。

出典:http://www.bikebros.co.jp/community/IMP_bikeData.php?m=1&s=7&b=36

この前1日で500キロ運航してきましたが、何の支障もなく帰ってきました。
走ってるのが楽しくなる、そんなバイクです。
末永く付き合っていきたいと思います。

出典:http://review.kakaku.com/review/76103110891/

車体が軽く、低燃費なのも嬉しい!

・車体が軽くて扱いやすい
・燃費がとてもいい
・スッキリとしてシンプルなスタイル
というところが気に入ってます。

出典:http://www.bikebros.co.jp/community/IMP_bikeData.php?m=1&s=7&b=36

初心者でもラクラク!バイク乗りカップルなら、お揃いでツーリングもおすすめ

これこそまさに「初心者・女性向け」だと思います。

まずやっぱり今でも新車である=メンテも安心です。

次に、非常に軽い!!!
GBも同じようなサイズと重量だと思うんですが、コッチの方が遥かに小ぶりに軽い印象を受けてます。

最後に低スペック、ぶっ飛ばしたりのスポーティなのとは違うのが逆に初心者・女性には優しいんじゃないでしょうか。

出典:http://www.bikebros.co.jp/community/IMP_bikeData.php?m=1&s=7&b=36

カラーや仕様によって異なる!CB223Sの価格と中古相場をチェック

さて、気になるCB223Sの価格ですが、これに関してはモデルによって多少の差が出てきます。
まず、情熱的なレッドが印象的な「CB223S ストライプ」は44万1,720円、清廉なホワイトとシックなブラックが用意されている「CB223S ソリッド」は43万920円と、ストライプの方が若干割高ですね。

両者の違いはカラーバリエーションだけでなく、タンクやシート、フェンダーなどの仕様にもあるようですので、お好みに合わせてお選びください。
また、中古相場に関しては15万5,000円~37万6,900円と、最低価格なら新車の半分以下の値段で購入することができるよう。
新車はちょっと厳しいかな……という方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

情熱的なレッドが印象的!「CB223S ストライプ」は44万1,720円!

出典:http://www.honda.co.jp/CB223S/photo/03/index.html

CB223S・ストライプ
メーカー希望小売価格 ¥441,720
(消費税抜本体価格 ¥409,000)
排気量:223cm3
車体色: キャンディーグレイスフルレッド

出典:http://www.honda.co.jp/CB223S/price/

清廉なホワイトとシックなブラック!「CB223S ソリッド」は43万920円!

出典:http://www.honda.co.jp/CB223S/photo/04/index.html

出典:http://www.honda.co.jp/CB223S/photo/05/index.html

CB223S・ソリッド
メーカー希望小売価格 ¥430,920
(消費税抜本体価格 ¥399,000)
排気量:223cm3
車体色: コルチナホワイト、 グラファイトブラック

出典:http://www.honda.co.jp/CB223S/price/

中古相場は、12万円~38万円ちょっと!(記事公開時)

中古車の価格相場
12万円~38万7700円

出典:http://www.bikebros.co.jp/catalog/1/7_36/dist-map/

タンデムやツーリングデートも夢じゃない!?女子人気も高いCB223S

最初にご紹介した通り、CB223Sはそのオシャレな車体と使いやすさで、男性のみならず多くの女性の心も射止めているよう。

CB223Sに乗っていたら「そのバイクカッコイイね!」と声をかけられたり、彼女とお揃いのバイクでツーリングしたり、後ろに乗せたり……なんて、様々な夢が膨らみますね。

デザイン・走り・使いやすさ全て◎!CB223Sなら、バイクがもっと楽しくなる

いかがでしょうか?CB223Sはクラシカルなデザインと楽しい走り、使いやすさなど様々な魅力溢れるネイキッドバイクなのですね。
女性人気も高いということですから、バイク好きの彼女がいる方も、まだ良い出会いに恵まれていない方も要チェック!ですよ。

少しでも気になった方は、ぜひ取り扱っているバイクショップへ行って、CB223Sの実物をその目で確かめてみてくださいね。

クラシカル&ビューティーで女性人気も高し!ホンダ「CB223S」の魅力に迫る