美侍

忍びの如く颯爽と駆け抜ける!カワサキ「Ninja250」の人気に迫る

2012年から販売されている、カワサキのオートバイ「Ninja250」。その名の通り、まるで忍びが身をかがめて颯爽と駆け抜けるようなデザインが魅力的ですよね。今回は「Ninja250ってかなり人気があるけど、どんなバイクなんだろう?」「250㏄のバイクで、カッコいいモデルを探してるんだけど……」というあなたのために、Ninja250の特徴や魅力、価格などに迫りながら、その人気の秘密を探ってみました!ぜひご参考ください。

他にはない個性派デザイン!「Ninja250」ってどんなバイク?

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250/

Ninja250は、以前販売されていたカワサキの人気オートバイ「Ninja250R」をフルモデルチェンジしたもので、2012年に発表されました。
現行は2014年モデルで、操作をサポートしてくれる最新機能アシスト&スリッパークラッチが装備されたほか、最上級モデルの「Special Edition/ABS Special Edition」にはタンクパックも追加されています。

Ninja250の最大の魅力は、何といってもその絶妙に個性的なスタイリング!まさに忍者が駆けてゆくようなフォルムは、街角でも目を奪われることでしょう。
耐久性の高いボディや、快適なドライブを実現する充実した装備も評判なので、コンパクトだけど大型バイクに負けないくらい存在感のある車種ってないかな?とお探しの方にはピッタリですよ。

先代はNinja250R!装いも新たに2012に発売されたカワサキのオートバイ!

2012年8月1日にNinja250としてフルモデルチェンジされた2013年モデルが川崎重工業より発表された。車名の末尾の“R”はなくなり、車体デザインはZX-10Rをモチーフとした形状に刷新されのちのZX-6Rとともにイメージをそろえるモデルとなった、エンジンも内部構造を全面的に見直し、足回りはホイールが変更されABS仕様も追加された。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3250R

最大の魅力は、カワサキこだわりの「“Ninja”スタイリング」!

“Ninja”スタイリング
“Ninja”イメージを強烈に主張するフロントフェイスには、迫力あるマルチリフレクタータイプのデュアルヘッドライトを採用。 フェアリングとの間にスペースを設けたフローティングタイプのウインドスクリーンは、ミラーステーと共締めとすることで、フロント周りのすっきりとした外観を形成しています。

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250/

操作をサポートしてくれる最新機能!「アシスト&スリッパ―クラッチシステム」

Assist&Slipper Clutch
レース活動からのフィードバックを元に開発された“F.C.C社製アシスト&スリッパークラッチシステムを250クラスで初めて搭載。上級スーパースポーツモデルやツアラーの中でもハイグレードモデルにのみ採用されているこのテクノロジーは従来型クラッチユニットでは不可能だった様々な機能を実現しています。アシストカムによるセルフサーボ効果はクラッチレバーの操作感を軽くスムーズにするとともに高負荷時の駆動力を確実に伝達。急激なシフトダウンやミスシフトなどで過度のエンジンブレーキが発生した際にクラッチプレートにかかる圧着力を減少させ、バックトルクを逃がしてリヤタイヤのホッピングやスリップを抑制します。

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250/

耐久性の高いエンジンや、快適性をアップさせる装備にも注目!

水冷248cm³パラレルツインエンジン
低回転域ではトルクフルでスムーズ、高回転域ではパワフルに吹け上がる248cm³パラレルツインエンジンは市街地走行やツーリング時などの扱いやすさと同時に、 スポーツライディングを楽しむことのできるエキサイティングなパワーフィールを実現。 アルミダイキャスト製のスリーブレスメッキシリンダー、硬質アルマイトコーティングを施した軽量ピストンを採用することで高い耐久性を確保しています。

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250/

ヒートマネージメント
ラジエターを通過した熱気をエンジン下部に逃がすファンカバーを採用。サイドカウルに設けた開口部とともに優れた排熱効果を実現し、ライダーの快適性を大幅に向上しています。 また、サイレンサーには大型のサイレンサーガードを装着し、タンデムライダーの快適性にも配慮しています。

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250/

購入者の声はどう?Ninja250の人気の秘密に迫る!

出典:http://www.m-bike.sakura.ne.jp/?p=75530

では、実際の購入者の声からNinja250の魅力を探ってみましょう!まず、特筆すべきは良い意味で近寄りがたい外見に反した「運転・性能の親しみやすさ」。
腰や手首が痛くなりにくい安定したボディと、走りはスムーズながら静粛性の高い乗り心地が、男女を問わず支持される所以です。
日常の通勤でも、休日の高速でも使いやすいので、非常に実用性が高いと言えるでしょう。

走りはとにかく楽しい!と評判で、どっしりとした安定感ながらスポーティーな加速力を見せてくれます。
デザイン・走り・乗り心地と、3拍子揃ったバランスの良いバイクなのですね。
燃費も非常に良いとのことなので、維持費を気にする方や、これが初めてのバイクという方にもおすすめですよ。

通勤でも高速でも楽ちん!外見のカッコ良さに反した親しみやすさ

前傾しすぎないフォームで、腰や手首が痛くなりにくい。カウルもあるため高速でも楽。通勤に使っているが取り回しが軽く、ちょっとそこまでレベルでも乗って行きたくなる。ハンドルの切れ角も十分でUターンもしやすい。峠に行くと、バイクが「もっと寝かせろ」「もっとアクセルを開けろ」と言っている気がするほどに楽しい。上手い人が乗ると低速コーナーの連続なら大型にもついていけるだろう。エンジンのふけ上がりは10000回転まであっという間。その割に夜中にエンジンかけても大丈夫なくらい静か。燃費良くて助かる。低速でもふらつかない。

出典:http://www.bikebros.co.jp/community/IMP_bikeData.php?m=4&s=99&b=6

スポーティーな走りは文句なし!スムーズでとにかく楽しい

 実際に乗って、その恩恵を体感できた。大きく加速して、すぐにクラッチレバーを握り意地悪なシフトダウンをしても、後ろから引っ張られるような動きが少なくスムーズ。流石に1速にまで落とすと、一瞬タイヤが「キュッ!」とスリップして鳴くけれど、グリップを失って、左右におしりをふるようなことはなかった。

出典:http://www.m-bike.sakura.ne.jp/?p=75530

 これによって、もっと走りがスポーティーに変わった。コーナーへ進入しながら立ち上がりを考えて2速落としたい時など、躊躇せずポンポンと間髪入れずシフトダウンして入っていける。エンジン回転を合わせる方法より確実に楽で早く操作が出来て、ライディングに集中できるのだ。スポーツ走りを楽しみたいライダーには嬉しい。そういう走りをあまりやらない、街乗りが多い、という使いかたのライダーにもメリットがある。クラッチレバー操作が以前より軽くなった。渋滞時はもちろん、握力がそれほど強くない女性ライダーには重要な違いだ。

出典:http://www.m-bike.sakura.ne.jp/?p=75530

軽くて取り回し簡単!燃費も良いので、バイク初心者にもおすすめ

満足している点

1、軽い車体
2、カッコイイ
3、とりまわしが楽

出典:http://www.bikebros.co.jp/community/IMP_bikeData.php?m=4&s=99&b=6

スタイリングは好き。燃費も良し。コーナーもよく曲がるので、自分のテクニックが上手くなったのかと錯覚すると思います。初めてバイクに乗る人には、お勧めだと思います。

出典:http://www.bikebros.co.jp/community/IMP_bikeData.php?m=4&s=99&b=6

デザイン・性能・走り、いずれも安定していてバランス◎!

デザイン:ほかのフルカウルタイプと競合して、自分はNinjaが一番好みでした。カラーリングも含めて。
     なので、ここには5以外付けようがないです

エンジン性能:前車がYBR125ということで、格段に性能は上がっています。
       加速も十分(まだ慣らしのため6000回転前後までしか上げていませんが、それでも十分です)

走行性能:安定していますね。80kmでもエンジンの振動が小さいため、安心感あります。渋滞のノロノロも特に問題なく     安定して走れています

出典:http://review.kakaku.com/review/K0000445677/

今すぐ欲しい!Ninja250の新車価格・先代Ninja250Rの中古相場をまとめました

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250/

最後に、Ninja250の新車価格と、未だ人気が根強い先代Ninja250Rの中古相場をまとめてみました。
まず新車価格ですが、スタンダードな「Ninja250」は55万3,500円、ABS(アンチロックブレーキシステム)が搭載された「Ninja 250 ABS KRT Edition」は、62万460円と、同サイズのバイクの中では標準的なお値段。

また、よりスタイリッシュなデザインの「Ninja 250 ABS Special Edition」も62万460円と、スタンダードなものと値段が変わらないので、好みで選べるのが嬉しいですね。
さらに、600台限定のNinja 250 ABS KRT Winter Test Editionは641,520円で、11月1日発売ですので、要チェックです!

今でも魅力的なNinja250Rは、中古なら17万3000円前後から購入できるよう。
高額なものは40万円以上するようですが、それでも新車のNinja250よりは安価なので、ぜひご検討ください。

スタンダードな「Ninja250」は、55万3,500円!

メーカー希望小売価格 553,500円
(本体価格512,500円、消費税41,000円)

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250/

ABS機能が付いた「Ninja 250 ABS KRT Edition」は、62万460円!

メーカー希望小売価格 620,460円
(本体価格574,500円、消費税45,960円)

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250/

600台限定♥Ninja 250 ABS KRT Winter Test Editionは、641,520円!

メーカー希望小売価格 641,520円
(本体価格594,000円、消費税47,520円)

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250/

ABS付きの上級モデル「Ninja 250 ABS Special Edition」は、62万460円!

メーカー希望小売価格 620,460円
(本体価格574,500円、消費税45,960円)

出典:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja250/

先代「Ninja250R」の中古相場もチェック!

出典:http://www.kawasaki1ban.com/news_topics/1730

中古車の価格相場
18万9000円~43万2000円(記事公開時)

出典:http://www.bikebros.co.jp/catalog/4/99_1/dist-map/

全国平均:36.66万円(前月比-1.56万円)
最安:22.48万円, 最高:48.22万円(記事公開時)

出典:http://moto.webike.net/KAWASAKI/NINJA250R/summary/

若者にも大人気!Ninja250を求める声多数

Ninja250は、250㏄というサイズながらこれぞ求めていたカッコいいバイク!と思わせるフルカウルのデザインが評判で、若者の間でも話題になっているよう。

手に入れたらぜひ通勤や通学、休日のツーリングにちょっとそこのコンビニまでなど、とことん活用してあげたいですね。

スタイリッシュで機能的!Ninja250に乗れば、女性からも注目されちゃうかも?

出典:http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sphoto/spt-20130128/

写真/土山 亮様

いかがでしょうか?Ninja250はイメージ通りのスポーティーな走りを実現しつつ、良い意味で外見を裏切る扱いやすさが魅力なのですね。
とにかく目立つ外見のバイクですから、街中や通勤などで乗っていたら注目を集めてしまいそうです。

男女を問わず支持されているNinja250なら、気になる女性からも「カッコいい!」と見とれられてしまうかも?

忍びの如く颯爽と駆け抜ける!カワサキ「Ninja250」の人気に迫る