美侍

一人暮らしを百倍楽しめる!鹿児島ライフを充実させるポイント3つ

鹿児島といえば、歴史に温泉、グルメなど、興味を惹かれるものがたくさんのスポット。せっかく鹿児島で暮らすなら、ぜひ面白い所をくまなくチェックして充実ライフを送りたいですよね。今回は「鹿児島で一人暮らしをすることになったけど、楽しいことあるかな?」と悩むあなたのために、一人暮らしを充実させられるおすすめスポットや、知っておくと便利なお店などを3つのポイントでまとめてみました!今後のため、ぜひご参考ください。

デートにもレジャーにも最適!鹿児島市には魅力的なスポットが盛り沢山

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/jujumyu/diary/200808190000/

鹿児島といえば霧島、指宿などの温泉地も有名ですが、鹿児島市内にも一人暮らしを充実させてくれるスポットが多数存在します。
今回は代表的&おすすめの場所を3つまとめてみましたので、ぜひご参考ください。

敷地内から桜島の絶景が拝める!「長島美術館」

まず、地元作家はもちろんやシャガールをはじめとした有名芸術家の作品も観賞できる「長嶋美術館」。
美術館としての魅力だけでなく、敷地内から桜島の絶景が眺められるということで、景勝地としても知られています。

 当美術館は平成元年10月、鹿児島市制施行100周年に合わせて開館致しました。
錦江湾にそびえ立つ雄大な桜島や鹿児島市街地を一望できる海抜110mの高台に位置し、亜熱帯樹に
包まれた自然景観の中にあります。

 収蔵美術品は、長島企業グループ創立者長島公佑が永年にわたり蒐集したもので、黒田清輝などの
地元作家の絵画・彫刻をはじめ、ロダン、シャガールなど、海外作家の絵画・彫刻、新大陸先史美術品、
薩摩焼など、約1000点にわたります。

出典:http://www.ngp.jp/nagashima-museum/

< 長 島 美 術 館 >
〒890-0045 鹿児島市武3-42-18
Tel:099-250-5400  
Fax:099-250-5478
開館時間 / 9:00~17:00(入館は16:30)
休館日   / 毎週火曜日 (祝日の場合は翌平日)

出典:http://www.ngp.jp/nagashima-museum/

館内イベントも充実!圧巻のアクアリウムを堪能できる「かごしま水族館」

出典:https://www.pref.kagoshima.jp/ac06/pr/kinkowan/spot/pl_suizokukan.html

次に、広々とした館内で壮観なアクアリウムが楽しめる「かごしま水族館」。
およそ3万点の生きものたちが優雅に泳ぐ姿が見られる他、館内イベントも充実しているため、休日は1日中充実した時間を過ごせますよ。

 鹿児島の海を中心に500種3万点の生きものを展示。世界最大の魚ジンベエザメやマグロ、カツオ、大型のエイが群泳する黒潮大水槽は圧巻です。
 色彩豊かな熱帯魚と生きたサンゴ類を展示する南西諸島のコーナーや世界初のサツマハオリムシ水槽、世界最大の淡水魚ピラルクー水槽のほか、生きものを探す体験型コーナー 「ワクワクはっけんひろば」なども見どころです。
 イルカの生態や能力を紹介する観客参加型の「いるかの時間」やジンベエザメやラッコ、デンキウナギの食事解説やガイドツアーなど毎日の館内イベントもとても充実しています。

出典:http://www.kagoshima-yokanavi.jp/data?page-id=2396

住所
鹿児島市本港新町3番地1

アクセス
シティビューウォーターフロントコースで16分「かごしま水族館前」下車徒歩3分
シティビュー城山・磯コースで37分「かごしま水族館前」下車徒歩3分
JR鹿児島中央駅から市電鹿児島駅前行き15分,水族館口電停下車徒歩8分

営業時間
午前9時30分~午後6時(入館は午後5時まで)

休日
12月の第1月曜日から連続する4日間

料金
大人1500円(1200円),小人750円(600円),幼児(4歳以上)350円(280円)
注)カッコ内は20名以上

出典:https://www.pref.kagoshima.jp/ac06/pr/kinkowan/spot/pl_suizokukan.html

晴れた日は桜島まで足を伸ばして!「桜島溶岩なぎさ公園&足湯」

出典:http://www.sakurajima.gr.jp/tourism/000677.html

晴れた日はフェリーで桜島に足を運ぶのも気持ち良いもの。
「桜島溶岩なぎさ公園&足湯」では、足湯でリラックスしつつゆったりとした休日を過ごすことができます。
売店も併設されているそうなので、ぜひ覗いてみてくださいね。

桜島港から徒歩約5分の桜島溶岩なぎさ公園。
日本最大級の足湯が自慢です。
全長約100mの長〜い足湯には、レインボー桜島や桜島ユースホステル同様、地下1,000mより湧出する天然温泉を利用。赤褐色の足湯に入れば、身体がポカポカ温まります。

眼前に広がる錦江湾、または後ろにそびえる桜島を眺めながら一休み。
広い芝生もある公園なので、家族とレクレーションをしたり、お弁当を食べたり、一日ゆっくり過ごせます。

出典:http://www.sakurajima.gr.jp/tourism/000677.html

住所     〒891-1419 鹿児島市桜島横山町1722-3
お問い合わせ 099-298-5111(観光交流センター)
時間     入園自由、足湯は9:00〜日没
駐車場     有 (近くの観光用駐車場をご利用ください。)
その他    設備:東屋2棟、ベンチ、バリアフリー
       桜島港からの距離・時間:700m・徒歩9分、車1分
       バス停:ビジターセンターより徒歩1分

出典:http://www.sakurajima.gr.jp/tourism/000677.html

鹿児島ならではのグルメを満喫できる!足を運びたい飲食店3選

鹿児島の魅力の一つには、「新鮮な地元食材を使った絶品グルメ」もあります。
せっかく一人暮らしを始めたなら、観光では制覇しきれない地元の有名店に出かけてみなければ損というもの。

中には高級なお店もありますので、お給料日後や彼女との記念日など、特別な機会に予約してみてはいかがでしょうか?

給料日後のご褒美におすすめ!「鮨匠(すししょう)のむら」

出典:http://www.con-quest.tv/002/17.php

最初にご紹介するのは、鹿児島市松原町にある「鮨匠(すししょう)のむら」。
新鮮な魚介類や食材を使った絶品お寿司が食べられるお店で、一品料理も含めそのバリエーションの豊富さに驚く人が少なくないようです。
「ここのお寿司を食べたら世界が変わる」という声も多く、東京や大阪からもわざわざ足を運ぶ方がたくさんいるのだとか。
その上こういったお寿司屋さんにしてはリーズナブルで、思いきり食べても2万円~2万5000円程度で楽しめるそうです。

住所
鹿児島県鹿児島市松原町6-2 松原ハイツ 1F

交通手段
JR鹿児島駅からタクシーで6分ほど
天文館通駅から479m

営業時間
応相談 予約すれば昼も夜も可

出典:http://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46000087/

鹿児島といえば黒豚!手ごろなメニューがあるのも嬉しい「とんかつ川久」

出典:http://sakatake.exblog.jp/22355962/

続いては、鹿児島といえば黒豚!のとんかつが食べられる「川久」。
写真の通り分厚くジューシーなとんかつが人気の秘密で、観光客にも地元民にも愛されているお店です。
とんかつは3000円クラスの高級なものもあれば、1000円前後で味わえる比較的リーズナブルなメニューもあるので、コスパも最高。
気軽な一人暮らしの夕食はもちろん、気合いを入れたい日のランチとしても活用できそうですね。

住所
鹿児島県鹿児島市中央町21-13

交通手段
JR鹿児島本線「鹿児島中央」駅東口から徒歩3分
鹿児島中央駅から179m

営業時間
11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~22:00(L.O.21:30)
ランチ営業、日曜営業

出典:http://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46000246/

絶品郷土料理と豊富な焼酎に舌鼓!「小料理 石蕗(つわぶき)」

出典:http://sakatake.exblog.jp/22350595/

最後にご紹介するのは、郷土料理のお店「小料理 石蕗(つわぶき)」。
鹿児島の新鮮な食材を使った絶品料理が楽しめるお店で、リピーター客が非常に多いようです。
料理が美味しいのはもちろん、そのサービス精神旺盛な接客も評判で、リーズナブルなお値段でお腹がいっぱいになってしまうのだとか。
お酒も豊富なので、誰かを誘っての飲み会はもちろん、仕事帰りの食事にもピッタリですね。

住所
鹿児島県鹿児島市千日町14-5 銀座ビル B1F

交通手段
市電・天文館前から、徒歩3分
天文館通駅から113m

営業時間
17:00~23:00
夜10時以降入店可

出典:http://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46003840/

鹿児島で買い物するならココ!目的別おすすめショッピングスポット3選

鹿児島市内には様々なショッピングスポットがありますが、一人暮らしとなると目的に合わせて使い分けたいもの。
友達や彼女との休日なら良いですが、一人で買い出し、あるいはふらっと散歩がてら外出……なんて時には、なるべく一か所で済ませたいですよね。

服・本・生活雑貨・食料品!一か所で全て済ませたいなら「イオンモール鹿児島」

出典:http://www.ucom-web.co.jp/top/cn3/pg33.html

まず「服も本も食材も欲しいし、一人暮らしを始めるために家具や雑貨も頼まなきゃ……」という時に便利なのは、東開町にある「イオンモール鹿児島」。
駐車場も広いので、車で出かければ荷物も楽に積めますよね。

イオンモール鹿児島 〒891-0115鹿児島市東開町7
TEL: 099-263-1800 (代表)

出典:http://kagoshima-aeonmall.com/static/detail/access

イオンモール専門店街 10:00~22:00

AEON(イオン) 5/1(日)より営業時間が変更になりました。
【1F】
(食品・化粧品フロア)9:00~23:00
【2F・3F】
9:00〜22:00

《下記の売場は以下の営業時間となります》
【1F】
※銘店・リカー・お花のルポゼ 9:00〜22:00
※ドラッグ・メガネのグラスアップ 10:00〜21:00
【2F】
※デジタルワールド・パンドラハウス 10:00〜22:00

RESTAURANT レストラン街 11:00~22:00  ※一部営業時間の異なる売場・専門店がございます。

カフェ 10:00~22:00

フードコート 10:00~22:00

出典:http://kagoshima-aeonmall.com/static/detail/serviceguide

映画館も併設!買い物&遊びで休日を充実させたいなら「アミュプラザ鹿児島」

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B6%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6

「せっかく買い物に出るなら映画を観たり、外食したりして1日過ごしたいな」という時は、駅に併設されている「アミュプラザ鹿児島」がおすすめ。
お土産物屋さんもあるので、一人暮らし始めの頃は覗いてみるのも面白いでしょう。

アミュプラザ鹿児島
日本, 〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町1−1

出典:http://www.amu-kagoshima.com/general/

10:00 〜 21:00(年中無休)※時期、業種によって営業時間の変更があります。
プレミアム館1F スターバックスコーヒー 7:00 〜 22:30
プレミアム館1F サブウェイ 7:00 〜 22:00
プレミアム館1F ケンタッキーフライドチキン 9:00 〜 22:00
プレミアム館1F ファミリーマート 6:00 〜 23:00
本館6F 観覧車「アミュラン」 10:00 〜 22:45(最終乗車時間)
本館6F 鹿児島ミッテ10(シネマ) 9:00 〜 25:00
※早朝上映・レイトショー等により、変更する場合がございます
本館5・6F AMUダイニング(レストラン) 11:00 〜 23:00
本館5・6F タイトーステーション
(アミューズメント) 10:00 〜 24:00

出典:http://www.amu-kagoshima.com/general/

物産展やオリジナル商品も!手土産・進物を買うなら百貨店「山形屋」

出典:http://www.kaki-cha.co.jp/blog/?p=3104

最後に「新しい上司や取引先に挨拶しなきゃ……手土産が要るよな」という時は、伝統ある百貨店「山形屋」が良いでしょう。
こちらは物産展にも力が入っているようなので、お暇な時に足を運んでみるのも楽しいかもしれませんね。

鹿児島中央駅東口から 所要約10分
鹿児島駅から 所要約5分
※天文館方面行きの市電・バスにご乗車ください。
※交通渋滞緩和のため、公共交通機関利用にご協力
いただきますようお願いいたします。
市電
朝日通 (あさひどおり) ・いづろ通 (いづろどおり)
バス・空港バス
金生町 (きんせいちょう)
高速バス
天文館 (てんもんかん)

出典:http://www.yamakataya.co.jp/shop/kagoshima/access

営業日・営業時間
午前10時-午後8時

出典:http://www.yamakataya.co.jp/shop/kagoshima/access

温泉やパワースポットも近い!鹿児島での一人暮らしを満喫しよう

いかがでしょうか?鹿児島にも一人暮らしが有意義になるスポットや美味しいグルメ、便利なショッピングモールなどがたくさんあるのですね。
電車や車などで少し足を伸ばせば有名な温泉地やパワースポットなども近いので、休みの日の予定が目白押しになってしまうかも?

せっかく鹿児島で一人暮らしをするなら、ぜひあちこち歩いて自分お気に入りの場所を見つけてみてくださいね。

一人暮らしを百倍楽しめる!鹿児島ライフを充実させるポイント3つ