美侍

こんなに魅力がいっぱい!熊本での一人暮らしを楽しむポイント3つ

九州の中でも、福岡に次ぐ大きな都市として知られる熊本。美しい自然や文化に囲まれ、4月の震災から早くも立ち直り始める様子が窺えるほど、人々の活気に溢れる場所ですよね。今回は「熊本で一人暮らしをすることになったんだけど、どこか楽しめるところはあるかな?」あるいは「熊本での一人暮らしをもっと有意義にしたい!」と考えている方のために、日々の暮らしや遊びを豊かにするポイントを3つご紹介します!熊本での一人暮らしを目いっぱい満喫しちゃいましょう💛

その① 毎日でも行きたい!歴史的な観光地「熊本城」に通える

出典:https://sp.jorudan.co.jp/hanami/spot_481.html

最初にご紹介する一人暮らしのポイントは「熊本城から近く、休日のたびに通える!」というもの。
熊本城といえば、加藤清正が築城した広大なお城で、隅々まで見学するのが大変なほど立派な場所ですよね。
周辺には熊本県立美術館や伝統工芸館などもあるため、歴史や美術に興味がある方にとってはたまらないスポットだと言えるでしょう。

「そうは言っても城だし、一度見たらもういいかな……」という方もいるかもしれませんが、ぜひ注目したいのが「おもてなし武将隊」。
彼らは歴史上の人物に扮して城内を歩いており、話しかければ役になりきって受け答えしてくれたり、写真撮影に応じてくれたりして非常に面白いのです。
メンバーの入れ替わりもあるので、今日は誰が来てるのかな?と探してみると楽しいですよ。

また、ついつい帰りに立ち寄ってしまうのが和菓子店「いきなりやわたなべ」の「いきなり団子」。
いきなり団子はもっちりとした生地に丸ごとのサツマイモと餡子が入った熊本銘菓で、特にこちらは種類が豊富かつ、別格とも言える美味しさです!
現在は熊本震災により一部不具合が生じている部分もありますが、見学は可能ですから、ぜひ足を運びつつ完全復活を見守りましょう。

加藤清正によって築城された、要塞とも言える雄大なお城!

日本三名城のひとつといわれる熊本城は、加藤清正(かとうきよまさ)が慶長6年(1601年)から7年の歳月をかけ築城した天下の名城です。その構えは豪壮雄大で、城域は98ha、周囲5.3Kmにも及びます。当時は大小天守閣はじめ、櫓(やぐら)49、櫓門18、その他の城門29を数え、実戦を想定した巨大要塞でした。自然の地形を利用した石垣は、敵に対する備えでもあり、その美しい曲線から「清正流石垣」とも呼ばれます。

出典:http://www.manyou-kumamoto.jp/contents.cfm?type=A&id=122

見どころたくさん!隅々まで見学すれば1日遊べる

<コース順路>
熊本県立美術館~旧細川刑部邸(きゅうほそかわぎょうぶてい)~加藤神社~西大手門~南大手門~頬当御門(ほほあてごもん)~首掛け石~宇土櫓(うとやぐら)〜闇り御門(くらがりごもん)〜本丸御殿~熊本城天守閣~地図石~二様の石垣(にようのいしがき)~梅園~櫓群(源之進櫓など)~不開門~熊本県伝統工芸館~熊本県立美術館分館~横井小楠と維新群像~長塀通り~行幸坂(みゆきざか)

出典:http://www.manyou-kumamoto.jp/contents.cfm?id=57

ファンクラブも存在!歴史上の人物を演じる「おもてなし武将隊」が常駐

ヒーローたちは、毎日熊本城にいます。

加藤清正率いる、熊本おもてなし武将隊です!

春は桜、秋はイチョウが見事に咲き乱れる熊本城。春と秋はくまもとお城まつりも開催されます。
熊本城PRのため各地をまわっているとのことでした。

出典:http://yupop.chu.jp/torendo/2015/08/17/post-724/

つい買って帰っちゃう!「いきなりやわたなべ」のいきなり団子

出典:http://ikinariya-watanabe.com/items.html

生地はほんのり塩気が効いたムチムチとした食感。
大福のようなもっとモチモチでビヨーンと伸びる生地なのかと思ったら、
そうではないのですね。
ムチムチとした粉密度の高いうどん生地のような食感で、
ほんのり塩気もあり予想以上に美味しい。

出典:http://tabelog.com/kumamoto/A4301/A430101/43008803/dtlrvwlst/6555102/?lid=tabelog_pickup_review

現在は一部改修中……完全復活を見守ろう!

このたびの「平成28年熊本地震」に伴い、熊本城に関する事務全般において支障が発生している状況です。つきましては、「一口城主」制度に伴う芳名板、城主証、城主手形等の事務を通常どおり行うことが困難な状況でございますので、受付を一時休止いたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、「熊本城災害復旧支援金」へのご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

出典:https://higomaru-call.jp/faq/CCFaqDetail.asp?id=3162

市内以外にも観光地が豊富!連休は「黒川温泉」や「阿蘇」へ

出典:http://travel.rakuten.co.jp/onsen/kumamoto/OK00859.html

ここのためだけに熊本に来ることになろうとは…と自分たちで驚いたのが、この黒川温泉です。最初は由布院の隣にあるなーくらいの軽い気持ちだったのですが、これがどうして、「温泉街らしい温泉街」「通行手形制度による立ち寄り湯制度の充実」に衝撃をうけ、なにより「泉質・温泉の雰囲気が高レベルでバリエーションに富んでいる」という充実ぶり。

出典:http://airoplane.net/2013/06/06/kyusyu-kumamoto.html

なぜ我が家が熊本にはまってしまったかといえば…うーん、なんだろう、やっぱりバランスなのかなあ。ご飯もおいしいし、観光地も充実。車で移動してもそこまで大変なわけでもないし、電車だって充実している。でもやっぱり、阿蘇の山にあまりにも大きなインパクトを与えられてしまったから、それが大きい気がします。

出典:http://airoplane.net/2013/06/06/kyusyu-kumamoto.html

熊本は情緒溢れる街なので、熊本城周辺にも見事な庭園「水前寺成趣園」や、趣のある「植木温泉」など魅力的な観光スポットがたくさん。
1日ではとても周りきれませんが、一人暮らしをすれば休日のたびに1つ1つ制覇できますね。

その② たまには贅沢にランチ&ディナー!美味しいものがたくさんある

熊本といえば、美味しいものがたくさんあるということでも評判。
前述したいきなり団子もそうですが、熊本ラーメンや馬刺し、赤牛なども有名ですよね。

今回は熊本市内を中心に、特にまた行きたい!と思えるおすすめのお店を3つ厳選してまとめてみました。
もちろんこの他にも市内や観光地を歩けばたくさんの魅力的な飲食店が存在しますから、仕事の休憩時間や休日は近所を散歩したり、ちょっと足を伸ばしてみたりして、秘密の穴場スポットを探してみてはいかがでしょうか?
一人暮らしの食生活が充実しますよ☆

分厚いトンカツをリーズナブルに!【勝烈亭】

出典:http://hayashi-sangyo.jp/menu-1

最初にご紹介するのは、新市街を本店として、南熊本にも支店をもつトンカツ屋さん「勝烈亭」。
分厚いジューシーなお肉がさっくりとした衣に包まれ、一度食べたら感動!するほどの美味しさです。
しかもお値段相場は1500円~3000円程度(画像の特選指定農場豚トンカツは、180gで1,944円)と、非常にリーズナブル。
食べログ評価4.0以上という驚異的な数字を誇り、リピーター率も高いよう。

「勝烈亭」の公式サイトです。
 
 

パンチの効いたラーメンと、馬刺しも味わえる!【黒龍紅(こくりゅうこう)】

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/oceans31313/14237286.html

続いては、熊本駅前店と新市街店の2つの店舗を持つラーメン屋さん「黒龍紅」。
これぞ熊本ラーメン!と言わんばかりのマー油がきいた濃厚スープと、細麺が絡み合う絶品ラーメンが味わえるお店です。
鉄板焼きの棒ギョウザも魅力的ですが、特筆したいサイドメニューは熊本名物「馬刺し」。
2つの熊本名物を一度に食べられる上、アルコールも豊富なので、夜に行っても充分満足することができますよ。

「黒龍紅」の公式サイトです。
 
 

レアな赤牛から肉汁がジュワー!【いまきん食堂】

出典:http://xxar2.blog.so-net.ne.jp/2012-05-10

最後にご紹介するのは、阿蘇市にある「いまきん食堂」。
阿蘇で育った「赤牛(あかうし)」を使った、絶品どんぶりが食べられるお店です。
赤牛は赤身部分が多いため、しっかりと肉の味を噛み締めたい方や、熟成牛が好き!という方には特におすすめ。
朝早くから長蛇の列ができるそうなので、ぜひ早起きして足を運んでみてください。

「いまきん食堂」の公式サイトです。
 
 

その③ 自然もイベントも満載!四季折々の風景が楽しめる

出典:http://rakkouwagi.exblog.jp/13063305

最後にご紹介するのは「四季折々で違った魅力が楽しめる」というところ。
熊本は市内をはじめ阿蘇や天草など、自然に溢れる景観が美しい場所ですよね。
阿蘇の恵みによってもたらされた水や豊かな土は、食物もぐんぐんと育ててくれるため、農産品の美味しさにも定評があります。

春は熊本城をはじめ、各地でお花見を楽しみ、夏は夜景をバックに花火を眺め、秋は紅葉とともに古情豊かな雰囲気を感じ、冬は幻想的なイルミネーションに心躍らせる……。
休日の予定にもデートスポットにも困らない一人暮らしエリアです。
日本ならではの四季を感じながら暮らすことができる、それが熊本において最たるポイントなのかもしれませんね。

とにかく自然豊か!で水も食べ物も美味しい

熊本は、九州の中央に位置し、歴史・文化と清らかな地下水・豊かな自然に恵まれたところです。
 中心都市の熊本市は、1607年の戦国武将・加藤清正による熊本城の築城以降、城下町として栄え、現在は、人口74万人、広域都市圏人口100万人を誇る、九州中央の行政、経済、文化、医療、教育の拠点として発展を続けています。

出典:http://mice-kumamoto.jp/appeal

 阿蘇の恵みによって、熊本市の水道水源は100%地下水です。清らかな地下水の湧水地が市内から阿蘇にかけて点在しています。また、清らかな水に育まれ、良質な果物や野菜等の農産品が多く産出されています。

出典:http://mice-kumamoto.jp/appeal

【春】 熊本城で800本以上の桜に囲まれお花見

熊本城を擁する熊本城公園では、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヒゴザクラなど約800本の桜が観賞できる。桜の季節は夜間も開園し、ライトアップされた熊本城の幻想的な姿が見られる。

出典:http://sp.jorudan.co.jp/hanami/spot_481.html

【夏】 各地で花火大会が!熊本の夜景をバックに充実した夜を

熊本県熊本市の花火大会。植木温泉街にほど近い合志川河川敷から7000発が打ち上げられ、夜空をカラフルな光で埋め尽くす。また、花火大会にあわせて露店も登場し、温泉街を祭りで盛り上げる。

出典:http://hanabi.walkerplus.com/detail/ar1043e00320/

【秋】 「秋のくまもとお城まつり」!紅葉の中優雅な時を

2015年の「秋のくまもとお城まつり」では、期間中に国指定重要文化財「北十八間櫓」の特別公開が行われます。毎年恒例のステージイベントでは、二の丸広場に特設ステージが設けられ、お城をバックに、9日はオープニングとして「日韓友情コンサート」、10日は「熊本城薪能」、11日は「太鼓響演会」、12日は「熊本の伝統芸能」などが公演される予定です。

出典:http://www.jalan.net/event/evt_171768/

【冬】「大江冬まつり」をはじめ、各地でロマンチックなイルミネーションが!

名称:大江冬まつり

場所:天草市天草町大江1782
期間:12月上旬~1月上旬



約2万5千個のイルミネーションが天草ロザリオ館、周辺を彩ります。

まるで夜のお城にきたようなロマンチックは雰囲気はカップルや家族のデートスポットにおすすめです。

出典:http://kumamoto-yokatoko.com/fuyuevent/

今すぐにでも行きたい!?熊本で、充実した日々を過ごそう

いかがでしょうか?程よく都会で、熊本城をはじめ歴史好きにはたまらない場所……というイメージの熊本ですが、こんなにたくさんの魅力を備えているのですね。
今から引っ越す方も、既に一人暮らしをしている方も、行ったことがないスポットやイベントがあれば、ぜひ積極的に足を運んでみてください。

既に熊本には旅行で出かけたことがある、という方も多いでしょうが、実際に住んであちこち歩いてみると、「地元民だけが知る」素敵な場所を見つけることができるかもしれませんよ。

こんなに魅力がいっぱい!熊本での一人暮らしを楽しむポイント3つ