美侍

新社会人男性におすすめ!京都の一人暮らし人気エリア6選

男性は、女性ほど物件探しに慎重になる必要はありません。しかし、不安と期待に満ちた社会人としての新生活を少しでも快適に暮らすためにも、なるべく地域の特性や周辺地域のこと・交通の便なども踏まえて選びたいものです。今回は京都市内で、一人暮らしにおすすめのエリアを紹介しています。

①烏丸御池エリア

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%83%8F%E4%B8%B8%E5%BE%A1%E6%B1%A0%E9%A7%85

四条川原町から近く、駅の周囲には広い住宅地もある烏丸御池(からすま おいけ)。
社会人やファミリー層まで、幅広い層から人気を集めているエリアです。
御池通は、ビジネスの中心ともなっています。

最寄りの地下鉄である「烏丸御池」駅は、地下鉄東西線と烏丸線の交わる駅で、
市内の各方面へのアクセスも良好です。
JR京都駅へは烏丸線で約5分、阪急「烏丸」駅へも烏丸線で約2分、
京阪「三条」駅へは東西線で約3分と、市内で最も都会的でアクセス便利なエリアです。

出典:http://京都一人暮らしおすすめ.com/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%81%AE%E4%B8%80%E4%BA%BA%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%80%81%E5%BE%A1%E6%B1%A0%E3%81%A8%E5%94%90%E6%A9%8B/

②二条エリア

出典:http://www2.e-bivi.com/nijyo/shop/pop-eventnews.jsp?id=264&ref=top

地下鉄東西線が開通してから大きな賑わいを見せ、どんどん便利になっている中京区・二条城エリア。
アクセスの利便性が高いのはもちろん、映画館(シネマコンプレックス)やフィットネスクラブ、BIVi二条などがあります。
エンターテイメント施設を中心にさまざまなお店が充実しており、仕事帰りや休日のリフレッシュも可能です。

地下鉄東西線1本で烏丸御池へ出られるほか、JR嵯峨野線を使えば、わずか2駅でJR京都。このほか阪急「大宮」駅や京福「四条大宮」駅も利用しやすく、どこへ出るにも大変便利な場所になっています。

出典:http://ol.kyoto-life.jp/area/nijojo/index.html

③西院駅エリア

出典:http://www.2532622.com/room/town/hankyu/post_55.html

西院駅周辺エリアはワンルーム物件の家賃相場が4万8千円くらいで、京都市内でもなかなかお手ごろな物件を探しやすい地域です。

飲食店などは比較的夜遅くまで営業しているところが多く、忙しい社会人にとって便利です。
またレンタルショップ・ネカフェ・ドラッグストア・コンビニなど生活に便利なお店も集中しています。

西大路通と四条通の交差点南西角に位置しているのが西院(さいいん)駅です。 朝夕には通勤特急が走り、40分で大阪梅田にアクセスできるので、交差点には通勤、通学客で賑わう場所です。 東には京福電車の西院(さい)駅が立地。飲食店も多く、バスの交通も便利なところです。

出典:http://www.2532622.com/room/town/hankyu/post_55.html

④北山駅エリア

出典:http://www.pref.kyoto.jp/plant/11900026.html

陶板名画の庭、京都府立植物公園、コンサートホールなど文化的な施設が集まっています。
自然に囲まれ比較的静かなので、休日はのんびり過ごしたい人向きのエリアです。

京都の中でもおしゃれできれいな街なので、若者にも人気です。
またカフェや雑貨店などは、個性的でおしゃれなお店が集まっています。

高級住宅街が多い地域なので、平均家賃はやや高めですが、家賃が気にならない人にとっては特に暮らしやすいエリアであるといえるでしょう。

閑静な住宅街でありながら、行動範囲の中でスーパーやコンビニなどがあり、普段の生活に不自由なく暮らせる。

出典:http://sumaity.com/town/kyoto/kyoto/kita_ku/kyotokarasuma-sen-kitayama-eki/review/?sort=1&score=5

⑤丹波橋エリア

出典:http://commonclub.jp/s-fushimi/17

伏見区の丹波橋(たんばばし)周辺は、特急が停車する通勤エリアとして知られています。
通勤エリアというだけあってアクセスのよさが自慢。
また、京都の有名商店街の一つでもある伏見大手筋商店街などで、買い物をすることができます。

近鉄京都線、京阪本線が乗り入れるターミナル。
伏見城の外堀だった濠川が流れる丹波橋周辺には、
学校施設や呉竹文化センターなどがあり、
緑ゆたかな御陵を望む。

出典:http://kanko.city.kyoto.lg.jp/area/gyouseiku/fushimi_map1.html

商人の町として栄えた名残か、商店街は充実。酒所としても有名で、昔ながらの酒蔵が美しい景観を残しています。最寄り駅は京阪と近鉄の「丹波橋」。二つの駅は直結していて、どちらも特急が停車するアクセスの良さです。

出典:http://family.kyoto-life.jp/area/tanbabashi/

⑥西京極エリア

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82%E8%A5%BF%E4%BA%AC%E6%A5%B5%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%81%8B%E5%8B%95%E5%85%AC%E5%9C%92%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E5%A0%B4%E5%85%BC%E7%90%83%E6%8A%80%E5%A0%B4

右京区の西京極駅周辺エリアは、京都サンガF.C.のホームでもある「西京極スタジアム」が有名です。
年中さまざまなスポーツを行っているので、スポーツ観戦などが趣味の人にはおすすめです。
また、西京極総合運動公園には野球場・体育館などもあります。

買い物や食事は、遅くまで営業している「イオンモール京都五条」がおすすめです。

イオンモール五条がすぐ近くにあり、非常に便利です。食料品をはじめ、衣料品や生活雑貨、なんでも揃います。

出典:http://sumaity.com/town/kyoto/kyoto/ukyo_ku/nishikyogoku-eki/review/

京都のエリア・物件探しにおすすめのサイト

嵐山・清水・河原町など一人暮らし向きのおすすめエリアや、物件選びのコツが紹介されています。

ライフスタイルに合わせて物件を探そう

古都や観光都市として有名な京都市。
過去に何度か遊びに来たことはあるけど、住んだことはないという人も、多いのではないでしょうか。
比較的安全なのはもちろん、世界的に有名な文化遺産なども多くある京都は、さまざまな層の人が暮らしています。

今回紹介したエリア以外にも、一人暮らしで人気のエリアはたくさんあるので、選択肢には困らないはずです。
各エリアの口コミなども参考に、自分に合ったエリアと物件を見つけてくださいね。

新社会人男性におすすめ!京都の一人暮らし人気エリア6選