美侍

冬でも汗臭い!?クリーンな体臭になるための対策4つ

冬は寒いし、汗もかかないから体臭は心配ないはず!と思っていませんか?実は、夏よりも冬の方が体臭が気になる……という意見は意外と多いのです。今まで気にしたことがなかったけど、もしかして汗臭いと思われてたの……?と頭を抱えてしまったあなたのために、今回は冬の汗の臭いに効果的な改善方法や、自宅で簡単にできるケアなどをご紹介します!自覚しにくい臭いの悩みから解き放たれて、ぜひ爽やかな香りを身に纏ってください。

対策① 服装に気を付け、匂いがこもらないようにする!

出典:https://www.pakutaso.com/20120119018post-1109.html

一つ目の改善法は「蒸れにくい服装をし、匂いがこもらないように気を付ける」というもの。
冬の体臭はどこから出てくるのか?というと、汗や皮脂を栄養にして発生した雑菌が原因です。
冬場は上着を重ね着したり、革靴を履いたり、その状態で高温多湿な環境(満員電車や暖房の利いた室内など)で過ごしたりするため、雑菌が繁殖して臭いが発生しやすいのです。

ですから、なるべく通気性の良い服を着て、汗を衣類に染み込ませないようにすることが大事のよう。
洋服の通気性が良すぎると寒いので、下着や肌着に気を付けるだけでも効果があるとのこと。
職場やお店に入る前など、上着を脱げる環境では脱いで、定期的に空気を通すのも効果的ですよ。

冬の体の臭いの原因は、雑菌が繁殖しやすい環境が多いから!

冬が体臭に気をつけなければならない季節である理由は、雑菌が繁殖しやすい環境が多くなると言う点です。具体的には、衣類を重ねて着るようになり、暖房が効いた空間、さらに窓は閉められている環境が増えることから、ジメジメあたたかな環境が増える点にあります。

出典:http://10fuhutaisyu.55japan.info/

冬とはいえ、暖房の効いた満員電車の中ではちょっと時間が経過すると汗がにじんできますね!このように以外と雑菌の繁殖環境が整うのが冬という季節なのです。

もう少し身近な例をあげてみると・・・・ブーツや革靴による足の臭い。ブーツをはいて10分もするとブーツの中の湿度は100%となりまるで熱帯雨林のようになります。

出典:http://10fuhutaisyu.55japan.info/

下着や肌着を通気性の良い素材に!

下着や肌着を通気性の良い綿やコットンにするのがお勧めです。
あとカーディガンとか羽織る物でもコットン素材の物ありますよね。

あと編み目の荒い物の方が風を通すので通気性は良くなり蒸れも軽減できます。

出典:http://kaminokenopro.com/winter-taisyuu

私は肌着は通気性が良く汗も吸い取りやすい綿素材の物を着て上着やジャケットなどは特に気にせず今まで通りの物を着てます。
それだけでもずいぶん臭いが改善されますよ。

出典:http://kaminokenopro.com/winter-taisyuu

オフィスやお店に入る前には上着を脱いでパタパタする!

やはり通気性の良い肌着を着ていても、その上に着ている洋服で密封されていたら、上着を脱いだ瞬間にモワッと臭います。

なので、人混みの中では暑くても洋服をパタパタしない!

オフィスやお店に入る前には上着を脱いでパタパタして汗臭さを拡散させるようにしてます。

出典:http://kaminokenopro.com/winter-taisyuu

対策② 制汗スプレーやクリームで消臭する!

出典:http://www.jpackworld.com/newsflash/2015/02/post-2462.html

続いては「制汗スプレーやクリームを使う」というもの。
これが臭い退治の一番シンプルかつ確実な方法と言えますね。
夏場は必需品なのに、冬になるとどうしてもスプレーやクリームを持ち歩かなくなってしまいがちですが、冬もしっかりとカバンに常備しておきましょう。

しかし、制汗スプレーの場合は周囲にも香りが舞うので、職場では使いづらいもの。
そういう方はクリームタイプの制汗剤を購入し、トイレで脇や首筋などに塗るのがおすすめです。
また、スティックやロールオンタイプの制汗剤なら、クリームよりもさらにさり気なくサッとケアすることができますよ。

冬場も消臭アイテムは必需品!

制汗・消臭スプレーって汗のかきやすい夏だったら、体臭予防策として当たり前にやってますよね?
だけど冬になると何故かしない。

出典:http://kaminokenopro.com/winter-taisyuu

でも逆で、冬だからこそ制汗スプレーや体臭クリームを使ってください。
だって冬の方が体臭がきつくなることが多いんですから。

出典:http://kaminokenopro.com/winter-taisyuu

携帯しやすいのは「クリームタイプ」!

私は夏に持ち歩いている着替えの予備は寒いのでさすがに持ち歩いていませんが、体臭対策のクリームとかは持ち歩いています。

これだったら外出先のトイレとかでサッと塗れるんで便利です。

出典:http://kaminokenopro.com/winter-taisyuu

スティックやロールオンタイプならさらに使いやすい!

冬の汗は臭いやすいので、冬でも制汗剤を使うことをおすすめします。とくにおすすめなのが、スティックやロールオンタイプの制汗剤です。スプレータイプも手軽なのですが、正直あのヒンヤリ感が冬にはツライですよね。スティックやロールオンなど肌に直接塗りこむタイプのほうが効き目が長時間持続するので、何度も塗り直しにくい厚手の冬に向いています。

出典:http://magazine.voicenote.jp/20141953/

汗拭きシートも用意しておくと安心!

重ね着や暖房、通勤中の満員電車のこもった空気などで、脇のベタつきが気になる時は、汗拭き用シートであらかじめ汗を拭き取ってから、ロールオンを使うとさっぱりと気持ち良くケアができます。

出典:https://lidea.today/articles/641

対策③ 食生活や生活習慣を見直し、身体を清潔に保つ

出典:https://www.pakutaso.com/20140556140post-4187.html

続いては、汗の臭いを根源から改善する対応策です。
最初にご紹介するのは「食生活や生活習慣を見直し、身体を清潔に保つ」というもの。
当たり前といえば当たり前のことですが、身体の健康と体臭は意外と密接に関係しているのです。

肉食中心の生活だと体臭がきつくなりやすいため、なるべく魚と野菜中心の食事を心がけましょう。
また、生活リズムが狂っていると代謝が悪くなるので、睡眠不足に気を付け、規則正しい生活を送ることも大切です。
お風呂に入る時や朝シャンをする時は、全身をくまなく洗えているか意識してみてください。

食生活を野菜中心に!

偏った食生活、特に肉中心の食生活の人は、ニオイがきつくなるといわれている。野菜を取り入れたバランスのいい食生活に転換を。

出典:http://xbrand.yahoo.co.jp/category/bodycare/12562/4.html

お風呂では隅々まで洗い、ボディソープも工夫してみよう

1番は、清潔を保つことです。毎日の入浴では、身体の隅々までしっかり洗いましょう。皮膚の殺菌・消毒作用があり体臭に効果的なボディーソープも市販されています。体毛が濃いという方は、脇の下など特に臭いの気になる部分は思い切って毛を処理してしまうのも、通気性が良くなり雑菌の繁殖を抑えるため効果的です。

出典:http://www.skincare-univ.com/daily/tips/002217/

朝シャンで汗を流すのもおすすめ!

就寝中に大量の汗や皮脂を分泌しているため、朝のシャワーはオススメです。浴びるだけでなく、できれば全身隈なく洗いましょう。また、下着や衣類など抗菌・消臭加工を施してあるものが市販されています。特に臭いが蓄積されやすい足は、替えの靴下を持ち歩いていると安心です。

出典:http://www.skincare-univ.com/daily/tips/002217/

汗腺の機能を高める入浴法にトライ!

汗腺の働きが弱まるときついニオイになることが多いため、機能を高める入浴法にトライ。約43℃のお湯にへそ下の半身浴で約10 分、約36℃のお湯で約10 分浸かると効果的。

出典:http://xbrand.yahoo.co.jp/category/bodycare/12562/4.html

規則正しい生活を心がけよう

乱れた生活のリズムは、代謝機能などを低下させることにつながりやすく、きついニオイになりやすい。不摂生をせず規則正しい生活習慣を心がけよう。

出典:http://xbrand.yahoo.co.jp/category/bodycare/12562/4.html

対策④ 消臭対策後は、香水を使うと完璧!

出典:https://www.andgino.jp/products/storia.html

最後に、消臭対策後にぜひ取り入れたいのが「香水を使う」というもの。
無臭な人も魅力的ですが、さらにすれ違いざまにふわりと良い香りが漂えば、女性の視線も惹きつけることができます。

ただし、香水は汗の臭いがキツイ状態で付けると、逆に混ざり合って異臭がする恐れもありますので、あくまでも体臭対策後にご使用ください。

「香水」は男性の色気を引き立たせるアイテム!

清潔第一……とはいえ、やはり香水のもたらす色気はあなどれません。今時のメンズフレグランスは昔のような強い香りだけではありません。ユニセックスに近い爽やかなものや、『オーガニック』『自然派』といったナチュラル指向のもの多いので、職場などにも取り入れやすいのでは。

出典:http://woman.mynavi.jp/article/141019-96/

ただし香水は「消臭対策した後」に付けるもの!

香水はあくまで強い香りによって体臭をごまかすものでしかありません。香水をつけたからといって、体臭自体が改善されるというわけではないのです。そのため、体臭を改善するなら、体内のケアをするなどして根本から改善をしていくことが必要不可欠となります。

出典:http://xn--u9jy34g5hes8rx07a.com/kousui.html

香水はハッキリ言ってしまうと単純に「香りが付いたお水」なので、体を不潔にしておいたり汗によって雑菌が繁殖してしまい「体臭がある状態」で使用すると、その体臭と香水の香りとで「新しい不快なニオイ」が発生してしまう危険性があります。

出典:http://nioicare.blogspot.jp/2014/12/blog-post_16.html

そのような点に気を付けた上で、冬の臭い対策におすすめできるのはたとえば、「プレミアムパヒューム ストーリア」という香水。
上の画像でもご紹介している商品で、メンズケア製品に定評のあるアンドジーノから発売されているものです。
爽やかな香りから甘い香りへさり気なく変わるのが魅力で、汗の臭い対策だけでなく、女性ウケをも最大限に追求できる、“一挙両得”の香水と言えるでしょう。

アンドジーノ公式の製品紹介ページです。

ストーリアは、“女性に好まれる香り”をコンセプトに開発した、メンズフレグランスです。繰り返し実施した女性へのモニター調査で見つけた「爽やかさ」と「色気」というキーワードをもとに、女性が支持する香りを選び抜きました。

出典:https://www.andgino.jp/products/storia.html

つけた瞬間から続く清々しい柑橘系&グリーンの香り。次第に優しい印象のフローラルが香り、そして深みのある印象を与えるウッディ、アンバー、ムスクの香りへと変化します。時間とともに変化する香りが、女性たちの心を惹きつけてやまない、オリジナルフレグランスです。

出典:https://www.andgino.jp/products/storia.html

冬だからこそ体臭ケア!汗臭い身体にサヨナラしよう

いかがでしょうか?体臭といえば夏場に注意すべきイメージですが、冬場にもケアが必須なのですね。
現在では優れた消臭ケア用品がたくさん出ていますから、お店で色々と吟味して最適なものを購入し、常に携帯しておきましょう。

しかし、汗の臭い対策として最も大事なのは、匂いの根本から断つ努力をすること。
栄養豊富な食事や規則正しい生活を心がけ、身体を清潔に保てるように気を付ければ、いずれケア用品を購入しなくても良くなるかもしれません。

冬でも汗臭い!?クリーンな体臭になるための対策4つ

アクセスランキング
昨日人気のあったまとめランキング