美侍

デキる男が選ぶビジネスバッグのブランド4選!

何かと迷いがちなビジネスバッグ選び。どんなスーツスタイルにも合わせられ、スマートさを演出できるビジネスバッグとは一体どのようなものでしょうか?人気の傾向やトレンドスタイルから見た、“デキる男”が選びたいビジネスバッグを4つのブランドに注目して紹介します。お気に入りのビジネスバッグを賢く選ぶヒントにしてくださいね。

ベーシックより一歩進んだバッグブランドを!

一言で「ビジネスバッグ」と括っても、その種類はさまざまで、定番のブリーフケースやトートタイプ、リュックにもなる2WAY・3WAYタイプ、アタッシュケースなどが挙げられます。

形のほかにも、素材や色が多数あり、いつものスーツスタイルとの相性の良さ、バッグに入れる書類の量、演出したい雰囲気などさまざまなポイントを踏まえて選びたいものです。

スーツスタイルに無難に合うベーシックなビジネスバッグよりも、少しは個性を演出したデザイン性、そして、荷物をすっきりと収納できる鞄本来の役割を果たす実用性、どちらも手に入るおさえておきたいブランドを紹介いたします!

orobianco (オロビアンコ)

出典:http://store.ponparemall.com/1147-store/goods/orb-denver-blu2/

Orobianco(オロビアンコ)鞄・バッグで一番良いと思えるポイントは、品質・価格・デザイン性のバランスの良さ☆

出典:http://winner-mensfashion.net/orobiancobag/

素材には、高級感のある光沢と独特の肌触りが魅力的なリモンタナイロンを使用。さりげないレザートリムがアクセントになっており、オールレザーよりも軽い仕上がりながらも品の良さを演出してくれる。収納スペースもしっかりと確保されているので小物などの整理・収納もスムーズ。

出典:http://mens.tasclap.jp/k00057-%83r%83W%83l%83X%83o%83b%83O/a756-1%82%c2%82%c53%96%f0%82%b1%82%c8%82%b7%81I+%95%d6%97%98%82%b7%82%ac%82%e93WAY%83r%83W%83l%83X%83o%83b%83O10%91I

20代男性のビジネスバッグとして圧倒的人気が高いブランドですね。
ブリーフケースやトートタイプが多く、どれもシンプルで使い勝手が良いデザインです。
ブランド定番のナイロン素材はほどよくカジュアル、オールレザーはより洗練された大人の雰囲気を演出できそうです。
若者にぴったりのカジュアル感と高級感が共存するデザインで、初心者にもおすすめです。

COACH  (コーチ)

出典:http://japan.coach.com/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=35347&DISP_NO=005003002004

出典:http://japan.coach.com/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=35347&DISP_NO=005003002004

女性向けのブランドと思っていた方も多いかもしれませんが、実は男性向けのビジネスバッグを狙うなら、案外穴場のブランドでもあります。
革が大変丈夫で、使い込むほどにいい味を出してくれるため、長く愛用するのに最適です。
女性に馴染みのあるブランドのため、女性からの好感度も高くなりそう。
高価なため、えてして躊躇してしまうかもしれませんが、長く、大切に使うのであればその価値は大いにあるはずです。
スリムな見た目とは裏腹に収納はしっかりとできるため、デキる男には欠かせない、“スマートさ”も難なく演出できますね。

JACK SPADE  (ジャック・スペード)

出典:http://zozo.jp/shop/jackspade/goods/3651596/?did=12934109

ジャック・スペードの歴史は、「実用的なアイテムは、スタイリッシュにも機能的にもなりうる」というアイデアをもとに、1996年ウォーレンストリートにあった工場から始まった。

出典:http://www.jackspade.jp/contents/about/story.php

ワックスウェア生地と地厚なキャンバス地を使い、いくつかのバッグを作っては友人達に試してもらい、何度も試行錯誤を重ね、改良に改良を加えながら、シンプルな形のラインを開発

出典:http://www.jackspade.jp/contents/about/story.php

無駄を省いたシンプルな作りと、意味を持った機能性、そしてニューヨークという街で生活するためにデザインされたバッグは、流行に左右されることなく、確固たる審美眼を持ち合わせた人々を中心に受け入れられていったのである。

出典:http://www.jackspade.jp/contents/about/story.php

ビジネスシーンにおいてもファッション性を重視する方、また個性をより強調したいという職業の方におすすめするのがこちらのブランドです。
定番のレザーブリーフケースはもちろん、オリジナルカスタム生地を用いたり、3WAYタイプがあったりと幅広い品揃えも特徴です。
ありそうでなかった色使いや素材感は、ファッションブランドならではのもの。
オシャレさ、スタイリッシュさを求める方は要チェック!

Lagasha  (ラガシャ)

出典:http://torin-bag.com/products/detail/261

出典:http://torin-bag.com/products/detail/214

大きなフラップポケットが特徴のエキスパンド機能付き3WAYブリーフ。ラガシャの人気モデルCOVERIIシリーズのデザインを継承しリニューアルしました。現代的な用途に合わせ、スマートフォンやタブレット端末にも対応したクッション性のあるポケットなど機能性も充実しています。

出典:http://torin-bag.com/products/detail/214

老舗の鞄ブランドならではの豊富な品揃えはさすが。
A4サイズの収納はもちろん、B4サイズ対応のデザイン、人気のラボラトリーシリーズのほかにも3WAYブリーフケースやトートタイプなど、好みとシーンに応じて選択肢が多くあるのが嬉しいポイント。
持っているだけで華やかでオシャレな印象を与えるバッグはひとつは持っておきたいですね。

ビジネスバッグを選ぶコツは結局“自分の個性”?

ベーシックだけでは男の魅力は広がらない

職種やファッション、仕事の内容によって、カバンを選ぶ基準は大きく変わる。それぞれにこだわりはあろうが、昼も夜も一目置かれる存在でありたいのなら、「上品かつ少し色気があり、しかも使いやすい」という欲張りなカバンを選びたい。たとえ色味が派手でなくても、男の〝艶〟は魅力的なカバンによって演出される。女性のようにファッションに合わせて頻繁に変えることはできないが、だからこそ、自分らしさを表現できる最高のカバンを見つけたい。

出典:http://www.excite.co.jp/News/product/20141108/Dime_136909.html

ビジネスバッグと言えば、PCや書類、その他様々なビジネスツールなどを納める「ポータブル引き出し」のようなもの。そのバッグに、日々の業務を効率的かつ円滑に行うための味方、頼もしい相棒でいてもらうためには、使い勝手のいい“あなた仕様”にその中身をセッティング(orカスタマイズ)する必要があります。

出典:http://diamond.jp/articles/-/39197

出典:http://www.buyma.com/item/13398052/

また、ビジネスバッグを扱うブランドもたくさんあり、いざ選ぼうと思っても意外と悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか?

デキる男はバッグ選びで差を付ける!

ビジネスシーンで持つバッグは、どれも同じとなんとなくで選んでいたという人も少なくないかもしれません。
しかし、見た目のスタイリッシュさはもちろん、必要なものだけをすっきりと収納するという思考の面でも“デキる”か否かが判断されるものです。
見た目と実用性を兼ね揃え、自分らしく、長く持ち歩けるお気に入りのビジネスバッグを見つけてくださいね。

ビジネスシーンで持つバッグは、どれも同じとなんとなくで選んでいたという人も少なくないかもしれません。
しかし、見た目のスタイリッシュさはもちろん、必要なものだけをすっきりと収納するという思考の面でも“デキる”か否かが判断されるものです。
見た目と実用性を兼ね揃え、自分らしく、長く持ち歩けるお気に入りのビジネスバッグを見つけてくださいね。

デキる男が選ぶビジネスバッグのブランド4選!